今日午後のワークスペースは穴水のカフェスポット『フリースタイル』

一つのスペースで集中するのもいいが、ずっと同じ場所での執筆というのは、少し飽きてくるし、捗(はかど)らなくなってくる。

ちょい“違った”場所で仕事をするのもいいもの。

たまには、場所を変えてカフェへ。フリーなワークスタイルの仕事場は自由。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

今日、コナー・ジェサップくんと、バックパッカーのぼくが向かった“仕事先”は穴水町中にあるクラシックなカフェ『フリースタイル』。

ここは“クラシック”なスタイルのカフェ。日本の昭和と、そのときに流行った洋風な雰囲気があるって感じかな。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

創業43年だが、以前は「ポルポラ」という名称で、異なる場所にカフェがあったそうだ。

現在の場所に移転したのは38年前。

“自由気まま”という意味をもつ「フリースタイル」に名称を変えた。

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

内装が木でデザインされていたり、外装の赤レンガづくりも、またいい感じ。

東京など都会のカフェとは違い、混雑していないのも嬉しい。

1時間毎に数人のお客さんが入れ替わりで、「フリースタイル」に入ってくる。

「混雑もせず、この数人がローテーションするぐらいのバランスいいなぁ」とコナーくん。

穴水町 カフェ ランチ

穴水町の“昭和感”溢れる昔ながらの喫茶『フリースタイル』へ ~ コーヒーはサイフォン式 ~

フリースタイルのマスターは船の修復なども手がける。昼どきは、そう滅多に見かけることはないそうだ。

ちょい落ち着きすぎて、仕事をしたくなくなる。それに今日は…早朝5:00起きだったのでね。

その後、結生を保育園でピックアップして、ぼくはテニスへ。

 

フリースタイルの概要

営業時間: 9:00〜23:00
定休日: 毎月第2日曜日
場 所〒927-0026 石川県鳳珠郡穴水町大町は24
電 話: 0768-52-2004
席 数: 27席
駐車場: 2台 (「道の駅 あなみず」の駐車をお薦めする)
アクセス: のと鉄道 穴水駅や「道の駅 あなみず」から徒歩1分

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

コナージェサップ 穴水町 フリースタイル Connor Jessup countryside

穴水町 中居 ポケットパーク Anamizu Nakai Park Quiet Ocean

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す