畑の完全無農薬チンゲン菜を“特製”担々麺に 〜 作り方も“ざっくり” 〜

能登・穴水町岩車 – 田舎バックパッカーの完全無農薬畑の青梗菜(ちんげんさい)が元気だ

能登に移住し、半自給自足分の畑を初めて約4年になるが、チンゲン菜を植えたのは今年が初めて。

そして、何度かフェイスブックインスタグラム、ブログなどに載せているとおり、結花は料理が得意だ。

担々麺 能登 石川県

得意だらけの料理の中でも、特に担々麺(たんたんめん)は美味しい。

今年、畑で育てている野菜の一種がチンゲン菜

石川県 チンゲン菜 青梗菜

チンゲン菜の種は島根県産で、山梨県北杜市の「道の駅 はくしゅう」で入手した。

ちなみに、畑植えた野菜全般の種に関しては言うと、ぼくらは、遺伝子組み換えなど、もろもろ環境面を考慮してアメリカや中国産は避けている。可能な限り、国産や信頼できる国の種に限定している。

ぼくがチンゲン菜を育てたかった目的はただ一つ。

ラーメン用途だ。特にこの担々麺用。学生時代から、ラーメンの具材と言えば、チンゲン菜としているわけだ。(笑)

担々麺 能登 石川県

 

チンゲン菜の栄養素

チンゲン菜は、緑が濃い『緑黄色野菜』の一種。

チンゲン菜には、髪の毛、視力、皮膚などの健康(美肌効果)を維持するための豊富なベータカロテンやビタミンCやE、塩分を排泄する働きを活性化するカリウムも含むとから、高血圧にも効果があるようだ。

また、カルシウムは、魚、牛乳・チーズなどの乳製品だけに含まれていると思われがちだが、チンゲン菜は、骨を生成する栄養素となるカルシウム成分も多く含む野菜。

カルシウムを多く含んだ野菜は、他に、小松菜がある。

うちの畑は、チンゲン菜の調子が良いみたいなので、今後、どんどんチンゲン菜の種を蒔くことになりそうだ。

 

バックパッカーの畑は完全オーガニック

チンゲン菜は意外にもスーパーで高値で売られている。2束で150円~200円前後なので、畑で沢山なれば嬉しい。

だが、野菜を自身の畑で育てることの最重要ポイントは、コスト面だけではない。

やはり、独自で作った野菜を体に取り入れることが、健康上、一番安心できる。ぼくらの野菜の育て方は完全無農薬/オーガニックで、堆肥やちょっとした消毒ですら行っていない

無農薬野菜 青梗菜

“遺伝子組み換え”時代に突入…“自然食”と共存できる田舎/地方 ~ 自身の心で考えて判断・行動することが重要なとき ~

遺伝子組み換え マップ

“遺伝子組み換え”時代だけど…「じゃぁ、どうしたらいいのだろうか…?」

虫に食われた野菜でも全く問題ないと思っている。やはり虫が食べても安心な野菜を食べたい。上の記事のように、例え、科学的に体への影響が証明されていなくても、虫が死んでしまうような野菜は..体に取り入れたくない。

うちの畑では現在、チンゲン菜、トウモロコシ、ほうれん草、トマト、ナスの成育が一番良さそうだ。

サニーレタスの調子が悪かったが、ここ数日で、急成長している。

 

ざっくり、担々麺の作り方は…

以下“ざっくり”担々麺レシピには、能登でしか入手できない具材も入っているが、普段、結花が担々麺を作るときのプロセスをここに載せておこう。

タイトルのとおり、「ざっくり」なので、量はお好みまたは“適量”ということ、各自、目分量でチャレンジしてほしい。

①生姜とにんにくをみじん切りにして、ごま油と能登イベリコ豚の背脂で炒める。

②豆板醤(とうばんじゃん)と挽肉を入れて炒める。

③自家製味噌と白・黒の摺り胡麻、砂糖、少量のお酒、自家製の麺つゆ、お酢、鶏ガラスープなども入れて炒める。

④炒めたら無調整豆乳と水を混ぜ合わせる。

⑤最後に、チンゲン菜を入れて炒める。

その後は生麺と茹でて、このスープに入れる。

チンゲン菜を入れるタイミングは自身の好みでいいようだ。

挽肉などと一緒に炒めると、味が染み込み美味しくなる。だが、焦げないように、一度、鍋から取り出して、あとで、麺とスープに入れたほうが👍。

バックパッカー 田舎暮らし 畑

田舎/地方に来ると、畑は有り余っている。必要以上の野菜を作ることが可能。

バックパッカー 田舎暮らし 畑

近所のおじいちゃん・おばあちゃんたちは、沢山、種を蒔いて野菜を育てて、自分らで消化できない量の野菜を作っているぐらい。

田舎/地方にはそれほど多くの畑スペースがある。可能な限り、料理の具材を独自で育てていきたいね。

バックパッカー 田舎暮らし 畑

担々麺 能登 石川県 青梗菜

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク