癒される能登の里山里海 空間での幸せに感謝

朝起きて、毎日、この景色と出会えることに感謝だなぁ。

天気が良くても悪くても、なにかと癒される自然環境がある能登。日本の田舎、あらゆるところに、こんな景色が眠っている。

能登 穴水町 岩車 漁村 田舎
穴水町岩車の漁村

なにごとに対しても、「“ベスト”、“最善”を尽くしているのか?」「それがホントにベストなのか?」

そんな質問を投げかけるようになったのは、オレゴン大学で政治経済を専攻して、国際関係学の勉強に集中しているときのことだった。

「なにをするにしても、本気であり、今行っていることが本当に“ベスト(最善)”の選択肢なのか?」

「アクション(行動)を起こすことは重要だ。何度も熟考して、それなりの行動をとるなら、しっかり責任をもって、取り組まなければいけない。何事も行ってみるのはよいが、実行する前に考えることも当然必要だ」

そんなことを教授が熱く語ったことがあった。「熟考」することは、ときには簡単でシンプル。時間がかからないこともある。それも熟考だ。

授業のトピックは『戦争』だったが、メッセージ性ある言葉というのは、人生、どんな状況下でも、生きてくる。

能登 穴水町 岩車 漁村 田舎

なにごとに対しても、いろいろと最善を尽くしているつもりだが、なにを最善と言うのか…それを誰がジャッジするのか、本当にできているのか…判断というのは難しいことでもある。

自分の中では、尽くしてやっているつもりなんだけどね。

最終的には、自分のジャッジに基づいて、「これが今の自分の中でベストだ!」「よくできたぞ!」などと、自信をもって人生歩むこともできる。

間違ったことはしてなく、一方では、もろもろ最善を尽くして行っているつもりだが、ときには、「これでよかったのだろうか…」「ちゃんとできているのかな…」と物事を進めてしまうことがある。

能登 穴水町 岩車 漁村 田舎

その自分の最善に対して、家族、親戚、友だち、周囲の人たちなどの“仲間”たち、“つながり”ある人たちには、それを感じてもらえているのだろうか。

なにごとも自信をもって、どうどうと進めているが、自分の中では、「良い」と思っても、もちろん、不安や心配になることもある。

「いろいろとできているのか…ポジティブな方向へと進んでいるのか…」は、わからなかったり、見えないこともあるが、継続して最善の努力をして頑張るしかない。

能登 穴水町 岩車 漁村 田舎

まぁ、とにかく、ホント、シンプルな幸せだけでいいのだが、いつまでも続くといいなぁ…いつまで続くかなぁ…と感じたこの日だった。

っと…今日は意味ありげ・なしげのことを綴ってみた。

能登 穴水町 岩車 漁村 田舎

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

コメントを残す