能登での田舎暮らし 薪を積んで… 畑でバーベキュー&キャンプ可能に?!

能登・穴水町岩車(石川県) – 今日は山から持ってきた薪を家の納屋(なや)横に壁に積み上げた。

以前、住んでいた古民家では「今年こそ!」っと、山で薪を割り、薪ストーブを導入しようとしていたわけだが、結局のところ、導入することなく終わり、薪は新田信明さんの山小屋に置き去り状態となっていた。

田舎暮らし 薪

新しい家では幸いにもバックパッカーにはぴったりなキャンプスペースがあることに、気づいたので、軽トラックで新居まで運んできた。

そのスペースとは5~6畳ぐらいの畑の一角。ハウスの骨組みもあるので、ブルーシートで覆えば、日よけやちょっとした雨よけにもなる。

畑を見ると、ついつい「ここは畑」「どんな野菜を育てようか」など、農作物に関連する発想しか頭に入らなくなってしまう。

先日は『娘と父ちゃんのバックパッカー❌クルマ旅』で富山や長野へ行ってきた。やはり、自身の分野『旅』で行動を起こすと、頭がそっち方面へと向かうのか、発想の転換がパッとするものである。

能登 穴水町 畑 バーベキュー

そのパッとひらめきから…つい最近、オレゴン大学時代の後輩・友人で、現在ニューヨーク在住の夫婦が能登で“ちょい”田舎体験をしたときに、ここでバーベキューとキャンプファイアをして夕飯を愉しんだ。

能登 穴水町 畑 バーベキュー

『畑バーベキュー』『畑キャンプ』だ。田舎には休耕田が沢山ある。開拓されたキャンプ地とは違い、こんな活用方法も面白いなぁと思った。

その後、それだけで終わるのはもったいないと思い、この一角スペースを、ライダー、チャリダーなどなどのキャンパー旅人向けの休憩スポットとして利活用できるスペースにしたらどうかと思い始めたわけだ。

バックパッカー旅 一日の終わりに必要なことは、①ただ寝るだけのためのテント泊スポットを見つけること、②万が一、雨が降ることを想定して、そのスペースに屋根があれが嬉しい、③またそこにトイレ含む水場があるのか、という点だ。

田舎暮らし 薪生活

このハウスが立っているスペースはそれらをカバーできる。今は使っていない車庫を活用すれば、ちょっとした簡易 旅人宿泊スペースとなる。

野宿ばかりしてきた自分ならではの発想だなぁ。

今年の夏は、この畑前をキャンパー、ライダーに貸し出すことが可能そうだ。

能登 畑 穴水町 テント キャンプ

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

コメントを残す