穴水町役場 政策調整課の無責任な『報酬』発言 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?! その2

能登・穴水町岩車(石川県) ‐ 田舎バックパッカーのサイトでは、『田舎暮らし』『田舎移住生活』、そして『田舎へのバックパッカー旅』などを中心に、実際の田舎の現場や実体験から、記事を載せている。(前回の話しはこちら

第一話目の内容は現在、自身もメンバーに入っていて、穴水町役場・政策調整課(課長・二谷康弘さん)が管轄している「移住者による移住定住促進活動強化事業」の「穴水町移住定住協議会」での、『報酬』に関するやり取りだった。

田舎で生活する上で、役場とのつながりは密で、役場の存在は大きい。田舎では、そう考える人たちが多いはずだ。

田舎にいる若い人たちの就職先として、役場がトップに選ばれることも多々。

人口が少ない田舎であれば、大企業は少なく、安定した就職先として、役場が選ばれることだろう。

しかし、役場内の実態は微妙なことも多い。今回語っていることはその一例に過ぎない。

そのような背景もあり、地方役場の実態や現実に関する実例を載せることも重要だと思っていることから、田舎/地方の「あるあるネタ」として、ここに綴っている。

田舎へのバックパッカー旅をしていると、同様の話しを頻繁に聞く。

また、ぼくがただ単に一人で『戯言(たわごと)』を言っているわけでないということを伝えたいことから、町民や田舎移住を検討している人たちも、“公”の組織である役場の実態を知ってほしいと思っている。

保険証・住所変更・納税・医療などの手続きでも、「田舎移住」や「田舎暮らし」で、役場とはなにかと必ず関わりをもつ

役場職員の全員が『無責任』とは言わない。

頑張っている人も沢山いる。役場でお世話になった人たちについても、このブログでは、しっかりと語らせてもらっている。

しかし、残念なことに、ぼくは既に何度か役場から『無責任』な発言をされた経験がある。

今回は、自身にとって、とんでもない事態が発生したので、「役場の発言には注意し、何度も確認したほうが良い」と思う背景から、自分が関わった穴水町移住定住協議会を事例に記事を書いている。

 

小さな町でも発言をすること

穴水町は人口約8800人の小さな町。

面倒な問題を起こさないほうが良い」と思う人もいることだろう。そのとおりなのかもしれない。

都会に住む人たちにとって、田舎/地方の町の人口は、東京の中小・大企業一社分のスタッフ数の規模とイメージして考えたほうがわかりやすいかもしれない。

要するに「そこら中に親戚・仲間がいる」が田舎。

誰かが誰かを必ず知っているような町なので、なにかと問題を起こすと、その噂は町中に拡がる。

選挙ですら、「親戚が出馬してるから、ホントはあの人に一票入れたいけど…できない」などの発言があるぐらいだ。

そして、小さな商店や個人事業を経営する人たちが多い。どこでどんな利害関係があるのかも考えて動かなければいけないのが、田舎の町だ。

ネガティブに言えば、“ちょい”「面倒」っととらえる人もいることだろう。

ただ、全てがネガティブではないポジティブに考えれば、みんな仲良し、近所付き合い、お互いの助け合いが大切なのが田舎の町だ。

都会の一大企業、小さなコミュニティでも似たようなものがあることだろう。

だが、どんな事情であれ、何事もおかしなことはやっぱりおかしいのだ。

それは、いつどこにいてもそうだ。

「声を出さないと」何事も良い方向に進まない。今は声に出すことが簡単にできる時代であり、それによって賛同者も得られやすい。

極端に言えば、町の将来はネガティブな方向へ行くばかり。

それに、役場の財政が、国民や町民の税金により成り立っていて、それがあやふやに使われていると思えば、それも納得がいかない。

地方 穴水町 役場 無責任

言うまでもないが、役場は公の組織だ。

こういう人もいるよね!」「こんなこともあるよね」で済まされる“居場所”や、ただの仲良しクラブではない。

役場には誰もが『期待・信頼される』組織となってほしいわけだ。

前回の記事と次の記事は全て事実に沿った話しだ。

穴水町役場に関する悪口や愚痴を書こうと思っているわけではない。そう聞こえてしまうのは仕方がないが。

ただ単に、実際に起きた事実を綴り、両サイドからこの内容について考え、可能なかぎり、ニュートラルなスタンスで記事を書き留めているつもりだ。

だが、自身の意見も述べるので、若干「偏り」が入り、主観的な文章も入っている。

偏りが「全くない」とは言い切れないが、記事の『コラム』的な感じで読んでほしい。

また、その後、読者が「どう思うか」はそれぞれ自身で考えてほしい。

この記事にコメントしてもらっても構わないし、他と共有してもらっても構わない。

この記事に全て賛成する必要もない。反対してもらっても、全く構わない。それは個人の自由だ。

さて、その後、報酬の件はどうなったのか…(続きはこちら

 
INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

5件のフィードバック

  1. 2017-04-10

    […] ある意味、その態度に関心してしまう…(続きはこちら) […]

  2. 2017-04-10

    […] (石川県) ‐ 前回のストーリーの続きで、穴水町役場『地方創生加速化交付金』の『移住者による移住定住促進活動強化事業』の報酬の件について書いている。(前回の話しはこちら) […]

  3. 2017-04-11

    […] ●穴水町役場 政策調整課の無責任な『報酬』発言 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?! その2 […]

  4. 2017-04-15

    […] ● 穴水町役場 政策調整課の無責任な『報酬』発言 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?! その2 […]

  5. 2017-07-03

    […] ● 穴水町役場 政策調整課の無責任な『報酬』発言 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?! その2 […]

コメントを残す