能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~

能登・穴水町岩車(石川県) – さてさて、今日、ぼくら田舎バックパッカーファミリーの移住先・穴水町岩車では、“薪”を活用した毎年恒例の「薪味噌」作りが行われた。

能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気

一家族 平均約5升の味噌を計12家族分、最終的に合計約360キロ前後の重さとなった。

ぼくは2011年1月、穴水町で“ちょい”田舎暮らしをしたときから、毎年この味噌作りに参加。2013年 移住後から、自身の家族分の味噌を作り始めた。結花は“飛び飛び”で参加、結生は2歳から毎年参加している。(最初に参加した味噌作りのお話しはこちら

作る量は毎年13家族 前後分で、今年は12家族分の味噌だ。“昔ながら”の知恵豊富で味噌作りのベテラン88歳の新田ばぁちゃんを“筆頭”に、3歳の娘、60歳以上のおじちゃん・おばちゃんたち、ぼくら30歳半ば前後の夫婦など、幅広い年齢層 合計15人(女性10人と男性5人)で、1日かけて12家族分の味噌を作る。

通常1月の「成人の日」過ぎの週末に行われることが多いが、年末年始にお葬式が重なり、今年は2月18日に行われた。場所は毎年変わらず新田信明さん宅の車庫。

この“薪”味噌は、市販の味噌とは比べものにならないほど美味だ。自身だけでなく、土産でプレゼントした家族、友人などからも、「美味しかったよ!また欲しい!」とかな~り評判が良い。



 

薪味噌作り: 準備は“寒の水”から?!

「寒の水」のため置きや、豆・麹(こうじ)・塩の買い出し、薪味噌作りの前夜には「寒の水」に豆を漬け込む作業などから始まる。

味噌作り当日は8:00前後から16:00前後までの1日がかりの作業。

ちなみに、「寒の水」とは、1月6日ごろから2月4日(立春)ごろまでの最も寒い時期に汲まれた水のこと。柔らかく質が良く、腐らないと言われていることから、味噌だけでなく、醤油、酒などには欠かせない時期の水なんだとか。

なので、各家族でその間の水をため置きしているのだ。

薪味噌

味噌作り前夜から、巨大な鍋とドラム缶に入れた水に豆を漬けて柔らかくして、本番当日に、薪火で茹でる。

12家族分で準備した豆は6斗。(1斗=10升)

一家族 平均約5升の豆に、麹と塩、豆の茹で汁を混ぜて作る。各家族が作る味噌の量は異なるが、2升から最大8升となった。

ぼくら田舎バックパッカーファミリーは毎年5升作っている。5升あれば、余裕で1年以上もつ。

能登 穴水町 味噌作り パズル

薪味噌作り中。娘・結生は日向でパズルをしたり、ミンチ用のハンドルを回してくれたり…元気にうろうろしている。

能登 穴水町 味噌作り パズル

 

薪味噌作り: 質の良い自然原料をミックス

味噌の原料となるメインの豆、麹、塩は“自然”で良いものを活用!

能登 穴水町 味噌作り ミンチ 中居 吉岡俊宏

大相撲の遠藤関出身で有名な地区 穴水町中居の吉岡俊宏さんも味噌作りに参加している。

能登 穴水町 薪味噌 ミンチ

専用の機械のハンドルをひたすら回し、豆をミンチにする。

輪島市滝又町(たきまたまち)で栽培した青豆、穴水町甲地区の「甲味噌」の麴(こうじ)、メキシコまたはオーストラリア産の天日塩と沖縄県糸満市沖合の海水 原料を溶解・平釜で煮詰めて作られた自然の塩、滝又町の南蛮/唐辛子を使用。南蛮は虫除け用のために、最後に味噌の上にのせる。

能登 穴水町 味噌作り 青豆

いつも、“白”豆を使うことが多かったが、今年使った豆は、“より”美味しいとみんなが言う“青”豆を使った!

個人的には、能登の塩を使いたいところだが、量が多く、かなり高額になってしまう。でも、いつの日か…能登の塩を活用してみたいなぁ。

能登 穴水町 味噌作り 麹 豆 塩 混ぜる

一家族 平均約5升で、茹でてミンチにした豆・塩・麹・茹で汁を全て混ぜ合わせると約30キロの重さとなる。ざっくり計算で、12家族分 合計360キロとなる大規模の薪味噌作り。

能登 穴水町 味噌作り 中川結花子

能登 穴水町 味噌作り 麹 豆 塩 ミックス

これから夏の終わりや秋ごろまでの発酵期間を経て、味噌は完成する。

今年は初めて“青”豆を使った!田舎のばあちゃんたち曰く「青豆は美味しい」とのことだ!

みんなで作った味噌!今年もかな~り美味い味噌が完成することだろう!

能登 穴水町 味噌作り 新田信明 車庫

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 穴水町岩車の新田信明さんと。

能登 穴水町 味噌作り 新潟 日本酒

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 薪味噌作りのエネルギー補給にお酒も欠かせない!新潟産の「越乃寒梅(こしのかんばい)」。さっぱりしていて美味しい!

猪鍋 昼食 能登

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: お昼ご飯には豪勢な猪鍋と…

猪肉 スペアリブ

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 猪肉のスペアリブ!

薪味噌 昼食 猪 能登 穴水町

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 伊豆田昭さんの猪料理に加え、みんなが持ち合わせたおにぎり、漬物、能登ならではのかぶら寿司などなど!

能登 海松喰貝 ミルクイガイ

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 七尾産 海松喰貝(ミルクイガイ)。この貝初めて食べたけど、美味しかった!

能登 穴水町岩車 薪味噌作り

能登・穴水町岩車での薪味噌作り: 味噌の完成は発酵後の夏の終わりから秋にかけて。今年の味噌はどんな味になるのだろうか…楽しみだ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

コメントを残す