INAKA Cooking - 田舎料理

能登・穴水町の岩車漁港で“イノシシ”パーティー – 猪肉は美味しいって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー

能登・穴水町岩車(石川県) – 岩車の村を散歩していると、またまた、今週末も漁港にある小屋が賑やかになっているではないか。

今日は日曜。毎週日曜日、いつもお決まりのメンバーが集まり、漁港で小さな“交流会”がある。

ぼくは1~2カ月に一度ぐらいだろうか…ちょい参加させてもらっている。

かな~り“ざっくばらん”で、“ローカル”感ある楽しい飲み会なのだ。

穴水町 岩車 バーベキュー huawei mate9

散歩中、その小屋から…薪、そして“美味しそう”な焼肉のような香りが、ぼくと娘を誘惑する。その後、結花ちゃんも参加した。

小屋の中で焼いている肉は、“ただの肉”ではない!猪(イノシシ)だ!

イノシシの肉は一般的に臭みがあることで知られているようだが、普通の血抜きなどの処理テクニックがあれば、全く臭みはなくなるそうだ。

イノシシを家畜化した動物が豚。豚はイノシシ科だ。

飼育されている豚よりも、美味しい山菜が豊富な『能登の里山』で育った野生のイノシシのほうが、自然で美味しいとぼくは思う。ただ、ちょっとでも分厚く大き目に肉を切ってしまうと、ちょい肉が硬く、噛みちぎるのが難しい。

市場には流通していないが、最近、嬉しいことに、イノシシを食べる機会が多い。

今年に入って、イノシシを食べたのは3回目だ。(前回はこちら

イノシシ 玉ねぎ 炒める

そして、イノシシと一緒に炒めた玉ねぎが、甘くなって美味しい!玉ねぎは岩車の畑で作られたもの。

大抵、田舎では、昔ながらのやり方で、納屋に畑の農作物を保管して、一年中、食べられるようにしている。

玉ねぎや大根は紐で縛って納屋の外にかけ、ジャガイモや味噌などは納屋の中で保管するなどして、年中、自分で作った農作物を食べられるようにする。

 

奥能登でもイノシシは急増しているようだが…

さて、最近、奥能登では、イノシシが急増している。

北國新聞 イノシシ 奥能登 急増

ぼくら田舎バックパッカーが初めて能登に足を踏み入れた2010年ごろは、「イノシシなどの大きな動物は能登にいない」と聞いていた。

また、移住した当初の2013年ごろは、猪に関しては1~2頭ほどで、「たま~に話しを聞く」程度だった。

田舎体験で能登へ来てくれた友だちには「能登には大きな動物がいないから、山での山菜採りは安心してできるんだよ~」と伝えていたが、だんだんと状況が変わってきているようだ。

北國新聞の記事からもわかるように、最近の目撃情報は急増している。岩車でも何人かが目撃している。

 
イノシシが農地を荒らし、農作物を食べると、言うまでもなく、農民は困る。イノシシの獣臭さは半端ないので、イノシシが触れた農作物は食べられなくなる。

一度、イノシシが住みついている愛媛県にある八幡浜大島の隣にある地大島へ行き、山を散策したことがあったが、そこの島の山には獣臭さが充満していた。この獣臭さが農作物についてしまったら…出荷はできない。

しかし...一方では、人間が山へ入り、自然を開拓すると、イノシシなどの野生動物は行き場を失う。動物たちも、豊かな自然がある場所へと移動し、新たな住処を開拓するしかない

能登は美味しい里山資源が豊富だ。ぼくも動物だ。ここに住みたくなる野生動物たちの気持ちもわからなくもない...

また、「獲って食べる」“食”文化、狩人も減少している。狩った動物を自身で処理して今回のバーベキューのようにして食べるスタイルも少ない。

今後、どのようにして動物と人間は“共存”していくのか…中々難しい問題になってくると感じる。

薪ストーブ バーベキュー小屋

 
それにしても、家からほんのちょっと歩いた場所で、ブリキの薪ストーブで火を熾して、その上で料理しながら、近所と“ざっくばらん”に楽しむというこの田舎ならではの交流スタイル。

純粋にいいなぁ~っと思ってしまう。

イノシシ 猪 料理

能登 穴水町 イノシシ 炒める

この暖かい“ローカル”な雰囲気が良い!

美味しくてワイルドな晩御飯をありがとうございました~~。

“イノシシ”に関する商品はこちら

穴水町 岩車 猪 イノシシ バーベキュー

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎には大根だらけの乗り物がある
  2. 能登・穴水町岩車(石川県) - 今まで気づかなかったけど、まさかこんな身近に...家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲くとは。来年は料理するだろうなぁ。ここから蕗が咲いて保存食もできるそうだよ 能登の里山には自然な食材が豊富 ~ 庭に咲く蕗の薹(フキノトウ)…
  3. 大根 間引き 料理 thinning radish 田舎料理:冬野菜の代表格『大根』育て際に出てくる『間引き菜』で料…
  4. 穴水町岩車 子供 畑で野菜採る 2歳娘の一人旅…「行ってきま~す」の先にある家前のジ…
  5. Sakura in Iwaguruma Anamizu 桜 花見スポット 穴水町 岩車 田舎旅: 移住先・奥能登 岩車のスペース感ある桜花見スポット 〜…
  6. 味噌作り 楽しい 自家製 day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~…
  7. 綺麗な海 魚が見える 愛媛 大島 <“海中”動画>能登・穴水町 岩車漁港はカワハギの子どもだらけ!…
  8. 【写真だらけ!】奥能登一周と…能登の“さいはて”崖っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP