Tokyo Gotanda - 東京都五反田

フルクラウドの“紙”類なしの身軽なベンチャー企業へ ~ コミットして慣れるということ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
TANREN LRM フルクラウド 九段下 シェアオフィス

東京都九段下 – 昨晩の記事のとおり、昨日、能登空港から羽田空港へと飛んだ。(前回のストーリーはこちら

おそらく今年最後となる、東京へのバックパッカー“私事(しごと)”旅。

今日はLRMがコンサルティングでサポートした顧客の事例ヒヤリングで九段下のシェアオフィス「ナレッジソサエティ」へ。

前回の記事とおり、メディアに取材を仕込む前の内部での打ち合わせ。この打ち合わせでの情報をベースにプレスリリース作成して、メディアに取材アプローチや折衝活動を行い、幅広いメディアでの記事化を図るというアプローチ。

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどのソーシャルメディアの社会への発信力も大きくなってきたが、やはり従来の信頼性かつ客観性あるメディアの力はまだまだ絶大である。

TANREN LRM フルクラウド 九段下  シェアオフィス

今回、打ち合わせでヒヤリングさせてもらったベンチャー企業は、サービスを開始して間もないが、サービスを活用しているユーザーは100社以上。

このベンチャー企業のサービスや今回の広報活動については別途紹介したいと思うが、今回、サービスの他に「おもしろい」と思ったこと、田舎移住者やバックパッカー/旅人として参考になると思ったことは、このベンチャー企業は「バーチャル」で「身軽」という点だ。

多機能なシェアオフィスで仕事をしつつ、会社に関する情報など、全てをクラウド上で管理している。ペーパーレス…“紙をほぼもたない”企業である。“ほぼ”という理由には、紙での保管が必要な契約書や領収書などがあるからだ。

「情報などをクラウド上で管理している」とは、要するにインターネット上にある情報保存サービスまたはストレージを活用して、顧客、社内のコミュニケーション、メモなどの、全ての情報を徹底管理・保存している。

九段下 シェアオフィス セミナールーム ナレッジソサエティ

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」のセミナールーム】

もちろんのこと、クラウド上/ネット上に保管している書類やコミュニケーションデータには、全てパスワードで鍵をかけて、閲覧者を限定している。

 

コミットするということ

メモ、資料など、まだまだ“紙”で管理している企業や個人は多い。

「紙に印刷して文字を見たり、紙にメモしたほうが、見落としがない」という人も多いかと思うが、このベンチャー企業は、事務所内にそういった紙を一切もたず、その方針にコミットしているのだ。

紙「慣れ」しているに人にとっては、「紙じゃないと見にくい」となってしまうが、それは言えば、「慣れ」の問題が大きいのかもしれない。そのスタイルが、どれだけ自分の体に染みついてしまっているか…だ。

最初は慣れないが「紙を持たない」ことにコミットすれば、いずれ、そのスタイルに慣れてくる。このベンチャー企業は、クラウド上での情報管理に徹底していて、その管理方法に完全にコミットしているわけだ。なにかを決めたらそれに徹底する、それに慣れるという方針だ。

クラウド上ですべてを管理し、従来のオフィスをもたず便利で安価なオフィスで企業活動に取り組む姿勢も面白かったが、なにをするにしても、それに対してどれだけ深く集中できるか、徹底できるか、関与できるか、約束できるか…という「コミットメント」するのかという姿勢も頼もしかった。

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: スタッフ/1人につき、月額25,000円で、このシェアオフィスを活用することができる】

資料、本などの紙が全てクラウド上で管理することができたら…どれだけ事務所、部屋のスペースが空くだろうか…

ぼくの部屋にもパンフレット、資料などが散々している。これらを全てデータ化し整理することができたら、どれだけ身軽になることやら。

データを全てクラウド上に保管したり、バックアップデータを分散することで、震災などの災害時でも、情報の破損に関しても心配する必要もないわけだ。これに関しては、常に自身の頭の片隅にあるのだが…クラウド上にすべてを保管するには難しい点が一つある。

ぼくのように写真や映像を撮りながら旅するバックパッカーや個人事業主にとっての課題は、大容量となる写真や映像データだ。

現在、いくつもの1TBと2TBのポータブルハードディスクにこれらデータを保存している。

これら大容量のデータのクラウド保管を考えると、莫大な容量のストレージとそれをレンタルする高額な費用が必要となる他に、データのダウンロードとアップロードには太い回線が必要となる。

オリジナルデータを保管しておこうとすると、現時点では、大容量のディスクにデータをコピーして、実家や友人宅にディスクを置かせてもらうなどして、ディスクを分散するのがベストなのだろうが…

バックパッカー旅、移動型のライフ/ワークスタイルにとっては、可能な限り、荷物をコンパクトにし、最小限に抑えたいことから、この日は自身のライフ/ワークスタイルを再度考えさせられる日でもあった。

それにしても、情報すべてがクラウド上で管理され始めると、仕事場が問われない気がする。そのうち、シェアオフィスばかりになったり、“自社ビル”が必要なくなってくる気がするなぁ。

ライフスタイルの選択肢がさらに拡がってくることだろう。

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ フリースペース 電源 Wifi

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: 打ち合わせスペース、仕事場など幅広い用途で活用することができる「コラボレーションエリア」】

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ 必要な書類は鍵がかかったロッカーに保管

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: 物理的にきちんと管理する必要がある書類などに関しては、鍵付きのロッカーをレンタルして管理することができる。月額1500円でレンタル可能】

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ リラックス

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: このように一息つけるようなスペースも】

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ 郵送物

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: 郵送物の受付もできる。】

九段下 シェアオフィス ナレッジソサエティ YouTube スタジオまである

【九段下にあるシェアオフィス「ナレッジソサエティ」: 映像撮影の機材がそろったYouTubeスタジオまである】

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. best yakiniku bbq meat in gotanda tokyo 五反田 最高の焼肉 うしごろ バンビーナ “ほどよい都会” 五反田の“スゴイ”焼肉店『うしごろ』 ~ “食…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から nuroモバイル ソネット 0SIM 田舎でITレビュー:格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP