田舎暮らし 家族3人でわずか240円の夕食 ~ 勝手についてくる田舎の“節約” ~

能登・穴水町岩車(石川県) – 能登半島に引っ越して来て、田舎暮らしを始めること3年が経過。

能登で3回目の夏を迎えた。

1年目の夏はお腹が大きかった為、畑仕事をすることが出来なかった。

そして、2年目、3年目と毎年きゅうり・トマトなどの夏野菜と一緒に植えるのが今日の晩御飯の主役『白ナス』だ。

皮がやや固めだが、火を通すとトロンと変化する。油との相性も抜群なため、天ぷらにしても美味しいのだが、なんたって一番のお薦めは焼きナス。

とにかく、やることは焼くだけ。皮が黒くなるまで焼くのだ。

本当は炭火で焼くのが一番いいが、今日は家の中で調理をするので、ガスの火とフライパンで。

白ナス 料理 調理方法

すこーしだけ油を敷き、ナスをそのままフライパンへ投入。
皮が真っ黒になるまで焼き続ける。

白ナス 料理 調理方法 皮を丸焼き
このくらいまでこんがりしたら、ナスの皮を剥く。※熱いので注意

白ナス 料理 調理方法 いしる
最後に、いしるをつけて完成。(いしるが濃い場合、水で薄めたほうがいい)

ついでにもう一品。

しし唐料理 簡単
ししとうごま油で焼き、火が通ったら、みりんと醤油を少々。最後に鰹節をまぶして完成。

気になる材料費は3人前(大人2名+2歳児)
●白ナス2本…140円
●しし唐…0円(畑から)
●茗荷の味噌汁…100円(茗荷1個10円)
●牡蠣フライ…0円

ほとんどが、農家直販の野菜ばかり。

一つ主役になる野菜を買ってきて素材を活かした料理方法をするだけだ。
それをおかずにすると、ご飯が進む。

ちなみに、フライにしているのは冬の真牡蠣。小さくて出荷できなかった「クズガキ」を牡蠣漁師さんからいただき、冷凍しておいたもの。

これで十分だなぁ」とつくづく最近感じるようになってきた。

タイトル「約240円」に惹かれて、シンプルな素材を活用した内容を見ると、イメージだけで、ただ単に「ひもじそー」と思ってしまっては、「都会生活のイメージにやられているだけ」

全くそんなことない。

茗荷 値段 田舎 地方

茗荷の味噌汁

田舎での暮らしの食生活というのは…純粋に「新鮮」。ただただ、それだけ。

前にもNHKの取材でも答えたが、「節約」「安価」というのは勝手についてきてしまうのだ。

賢く、新鮮に、居心地良く、創造力豊かに、かつ どう工夫して暮らすかは「あなた次第」

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す