田舎バックパッカーの“動く拠点”が『FunCars』で大公開! ~ ソーラーを搭載した“動く拠点”でできること ~

さて、先日、ぼくら田舎バックパッカーファミリーが、ハイエースに特化した写真共有サービス『FunCars(ファンカーズ)』に登場した!

ファンカーズは「ハイエースの写真共有サイト[ファンカーズ] あなたのハイエースのカスタムを共有しよう!」というテーマのもと、先月末ベータ版として立ち上がったばかり。

ハイエース ファンカーズ 中川生馬 hiace website funcars

【記事の続きは上の写真をクリック】

だれでも「ファンカーズ」に登録することができ、ハイエースを活用して楽しんでいる旅人は、ハイエース旅の楽しみ方、おしゃれな内装、便利なアイテム、車中泊のテクニックなど、様々な活用方法について共有することができる。

大変ありがたいことに、その第一弾として、「ファンカーズ」を運営する株式会社カーノルの代表 細江行平さんが遥々能登に来て、ハイエースが基盤となっているぼくらの“動く拠点”について取材し、記事を掲載してくれたのだ。

ハイエース ソーラーパネル システム hiace solar panel system

タイトルは「移動式ワークスペースのハイエース 広いデスクとソーラーパネルで快適仕事環境

ぼくらの世代は…ただ単に旅するだけでは生活できない。好きなライフスタイルを楽しみながらも、ある程度の収入は必要だ。

仕事をサポートする基盤の一つとして…この記事には「ソーラーシステムを導入すると、一体なにができるの?!」が書かれている。

どこにいても快適に“私事(しごと)=仕事”を行う上で欠かせないものはパソコンをはじめとした電子機器。その電子機器のエネルギー源として必要不可欠な電気。旅をしながら“私事”をするスタイルでも、これらは欠かせない。

しかしながら、旅をしながら電気を確保することは難しく、パソコン、タブレット、スマホなどの『充電』は、いつでも・どこでもできるわけではない。

デニーズなどのファミレス、マクドナルドなどのファーストフード店で充電することもできるだろうが、充電中、移動することができず、時間をロスすることになる。

だが、ソーラーパネルを導入することで、電気に関する課題は一発で解決でき、旅と仕事の両立の第一歩を踏み出すことができる。

珠洲 つばき茶屋 椿展望台 能登の先端 ishikawa noto suzu view photo spot

クルマのソーラーシステムは「家がなくても、この“動く拠点”に住めるんじゃない?!この基盤さえあれば、なにもいらないのでは?!」とまで思わせてくれる。

今の時代、仕事のツールとして、パソコンや携帯電話は欠かせない。少しでもITを活用して仕事をしている人にとっては、ソーラーは重宝する“電気の基盤”となるだろう。

詳細は「ファンカーズ」のサイトを見てほしい(こちら)。

ハイエース ファンカーズ 細江行平 hiace fun cars toyota

【能登・珠洲市 – 株式会社カーノルの代表 細江行平さんと見附島で記念撮影。ありがとうございました~】

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

Ikuma Nakagawa | Create Your Badge

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

コメントを残す