INAKA Cooking - 田舎料理

能登の“にがり”を使った…自然で美味しい豆腐の作り方 / How to make “natural” Tofu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – 誰でも簡単にできる豆腐づくり。 自分で体に優しい添加物フリーの豆腐を作ってみてはどうだろうか?

能登のにがり、成分無調整の豆乳を陶器の器に入れて混ぜ、その器を水を敷いた鍋に入れて、蒸すだけで、美味しくて自然な豆腐が作れる。

まぁ、“能登のにがり”でなくてもいいのだが…能登に移住したバックパッカーとしては、能登で、天日干しした天然塩から出てくる“にがり”をお薦めしたい。

美味しくて自然な豆腐を能登のにがりを使って作ろう。

美味しくて自然な豆腐を能登のにがりを使って作ろう。

塩は、体が必要としているもので、体に塩は欠かせない。日々体に取り入れるものは、自然なものほど、体に優しいだろう。

ぼくらが“常連”として行っている塩田は、輪島にある「塩の駅 輪島塩」だ。

「塩の駅 輪島塩」に行ったら、まずは、“ごま”ソフトクリームを購入、ソフトに塩を沢山振りかけて食べよう。

そして、にがりや塩はもちろんのこと、ここの塩を使用して作ったパウンドケーキをお土産に購入したい。

さてさて、具体的に豆腐の作り方の話しに入ろう。

 

材料(2人前)

●無調整豆乳 200CC

●にがり 2.5CC (もしくはティスプーン一杯程度)

主に準備するものは、にがり、成分無調整の豆乳。そのほか、蒸すための水、鍋、陶器の器だけ。

主に準備するものは、にがり、成分無調整の豆乳。そのほか、蒸すための水、鍋、陶器の器だけ。

にがりは、天日干しの塩田でつくる塩の最終工程ででる薄い茶色の液体で、豆乳を凝固して豆腐にするために使用される。味はしょっぱい。

無調整豆乳はスーパーなどで売っている市販のものを使用できる。

残念ながら、能登産のにがりはアマゾンで販売していないが、海はつながっているので、“自然”であればどこの産地のものを活用しても、そう変わらないだろう。

 

美味しい自然な豆腐の作り方

1. 成分無調整の豆乳と、にがりを器に入れて、ゆっくりとかき混ぜる。(陶器の器がお薦め)

2. 大きめの鍋に水を敷き、そこに器を入れ蓋をする。

豆乳とにがりを混ぜて入れた器は、水を敷いた鍋の中に入れる。敷く水はほんの少し、蒸す程度の量。

豆乳とにがりを混ぜて入れた器は、水を敷いた鍋の中に入れる。敷く水はほんの少し、蒸す程度の量。

3. 強火で5分蒸す。

4. 火加減を中火にして、さらに10分蒸す。

 

豆腐を作るときの注意点

●豆乳は無調整のものを使う。

●豆乳を入れる器の材質は、陶器がいい。プラスチックの容器だと上手く固まらない。

●鍋は焦がさないように、水は少し多めにいれておくが、水が器に入らないように注意しよう。

●蒸している最中、鍋の蓋は開けない

 

その他、にがりの用途

お風呂にコップ一杯分のにがりを入れると、汗疹(あせも)がとれるなど、肌荒れにも効く。

ぼくの友人も、「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」で能登に来て、にがりを購入。東京の自宅に戻り、お風呂ににがりを入れたら、汗疹に効果があったとのことだった。

スポイト一滴程度のにがりをコーヒーに入れると、コーヒーがトロっとする。

ではでは、早速、豆腐作りを試してみてね。

How to make tofu – for two people

1. Mix 2.5cc of “natural” bittern, hopefully from Noto, and 200cc “plain”soybean milk and put it into a ceramic bowl.

2. Put the bowl in a deep pot. In a deep pot, put some water to steam bittern and soybean milk.

3. Then steam it with strong fire for 5 min.

4. After 5 minutes, adjust the fire to medium and steam it for 10 minutes.

Then, you are done!

You could make a really good “natural” tofu!

「塩の駅 輪島塩」の美味しくて自然の塩。

「塩の駅 輪島塩」の美味しくて自然の塩。

「塩の駅 輪島塩」の外観。外には塩をつくるフィールドがある。製塩の最終工程まで、職人さんたちがわかりやすく親切に説明してくれる。

「塩の駅 輪島塩」の外観。外には塩をつくるフィールドがある。製塩の最終工程まで、職人さんたちがわかりやすく親切に説明してくれる。

「塩の駅 輪島塩」のゴマソフトクリーム。これに黄な粉塩など、塩をふりかけて食べる。

「塩の駅 輪島塩」のゴマソフトクリーム。これに黄な粉塩など、塩をふりかけて食べる。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 大根 間引き 料理 thinning radish 田舎料理:冬野菜の代表格『大根』育て際に出てくる『間引き菜』で料…
  2. 魚 さばき方 how to clean a fish 田舎料理: 超初心者向けの魚のさばき方
  3. 田舎料理:サツマイモの収穫そろそろ 芋けんぴの作り方
  4. サトイモ 収穫したばかり びっくり!!!今の時期収穫できる里芋の皮を一瞬で剥く裏技!
  5. ゴーヤ 田舎料理 玄関に置いてあった!?ゴーヤを無駄なく料理する方法!~ 佃煮・酢…
  6. 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味…
  7. 田舎 薪味噌 anamizu iwaguruma making miso experience <動画>薪を使った田舎ならではの味噌作り ~ “食”を作る楽しみ…
  8. 白ナス 料理 調理方法 皮を丸焼き 田舎暮らし 家族3人でわずか240円の夕食 ~ 勝手についてくる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP