国内最大?!能登にある駅全体が桜の名所 ~ さくら駅 約90本のソメイヨシノの開花はもうすぐ ~

能登・穴水町(石川県) – 桜前線が北上する中、この時期能登半島をドライブしていると、見事な桜並木を見ることができる。並木道といっても並木の下を通っているのは人間ではなく、列車だ。

桜のトンネルの中をのと鉄道の列車が通り過ぎていく

桜のトンネルの中をのと鉄道の列車が通り過ぎていく

ぼくら田舎バックパッカーが桜の時期お薦めしたい奥能登の名所が、のと鉄道沿線にある“能登鹿島駅”

その見事な桜から別名“能登さくら駅”と親しまれているこの駅はホームを挟み約90本のソメイヨシノが、両サイドから枝を伸ばし桜のトンネルをつくりあげる。
そしてそのトンネルの下には、去年の4月末から運行が開始されたのと鉄道が運営している観光列車“のと里山里海号”が通って行く。

ソメイヨシノの見事なピンク色と、のと里山里海号の日本海ブルー。見事なマッチだ。

クルマを動く拠点にし、能登半島をバックパッカー旅するのも四季を感じられて楽しい。
能登さくら駅の桜。通年、一番の見ごろは4月15日くらいから約10日間ほどなのだが今年は少し早い様。

DSC01169

2016年4月5日の“能登さくら駅”の桜。おそらく明日には8分咲になるだろう。

2016年4月5日の“能登さくら駅”の桜。おそらく明日には8分咲になるだろう。

今年もおまつりが開催される予定だ。

“花見だよ! in 能登さくら駅”

日時:2016年4月17日(日)

時間:10:00~15:00

屋台:イサザの踊り食い・焼牡蠣・牡蠣飯・花見団子・めった汁他

太鼓の競演・三輪一雄歌謡ショーなどが予定されている。

ここには駐車スペースがないため、クルマ旅をして能登さくら駅に来る際は、穴水駅にクルマを停めてのと鉄道で来るといいだろう。

“去年の能登さくら駅の様子はこちら”

●能登の田舎にある日本を代表する“桜駅”の満開は近い ~ 駅全体で80~90本を超える桜!奥能登・穴水入って最初の桜スポット「能登さくら駅」 ~

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す