Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima

能登・輪島市&穴水町 – この晩、「イク、今晩、そっちに泊まってもいいか?」 っと…アルチャから電話があり、夕方の用事を済ませたアルチャが21:00ごろ、うちへやってきた。

一話目と二話目の話しはこちら。

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0467_s

能登移住検討中?!理想の“田舎暮らし”掲げるドイツ出身の19歳の旅人 ~ 自分の想いを大切に生きる ~

Tabi_04_Anamizu_2011_01_0462_h_s

能登移住検討中のドイツ出身の19歳 ~ やろうと思えばなんでもできる ~

ぼくはビールを飲みながら、サッカーの日本代表戦をテレビ観戦していたので、目が半開きの“眠~い”トークとなり、正直…あまり話せる状態ではなかった。

今日は寝ることにして…明日を迎えた。

 

“おもしろい”輪島のお寺『龍昌寺』へ

まずは、昨晩、クルマを実家の田鶴浜(たづるはま)に返さなければいけなかったので、宿泊できなかった岡雄太さんを穴水駅でピックアップ。

関西学院大学の夏休み期間、アルチャと一緒に、能登の“奥”を体感したいということで、早くからのと鉄道にのって、穴水までやってきた。彼はこれから就職活動が始まるので、今、いろいろと体感したいのだろう。

ぼくらも、可能な範囲で半自給自足暮らしをしているのだが、能登の「自給自足」生活でぱっと思い浮かぶのは、 最近、『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』でも連携させてもらっている輪島の与呂見(よろみ)地区にある龍昌寺。

キジ 輪島 龍昌寺 りゅうしょうじ

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺付近で見かけた雉(キジ)

いろいろな人たちのライフスタイルの選択肢を見て体感することが重要だと思っているので、龍昌寺に話しを聞きに行くことにした。

この龍昌寺はお寺と呼ぶよりも、一つの『村』と呼んだほうが相応しい場所なのかもしれない。 龍昌寺の敷地には5世帯・14人が住み、住職の村田和樹さんや奥さんの啓子さん含め自然と融合した暮らしをしているのだ。



龍昌寺は禅寺で、座禅、お経などの寺らしいことは行うのだが、修行や拝観料などで収入を得るようなことはしない。

ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima

能登・輪島市与呂見 – 龍昌寺。ドイツ出身のアルチャと、龍昌寺について説明する村田啓子さん。

その昔、和樹さんは一枚板でテーブルを作ったり、農家のように完全無農薬のお米を作り販売、啓子さんは素材を活かす“自然”料理を教えたり、京都の料亭で料理をサポート、時には、修行的な感じで、誰かが龍昌寺に住み込み、能登の里山での“静けさ”を体感しながら、心落ち着く田舎暮らしの“体験の場”も提供する。

Ryushoji zen temple meditation in wajima ishikawa 輪島 龍昌寺

ちなみにここ龍昌寺の玄米、白米は最高に美味しい。他能登のお米も美味しいのだが、龍昌寺のお米はまた一味違う。

自給自足を目標とする人たちや、一味違う田舎でのライフスタイルを味わいたい人たちにとって、龍昌寺での生活スタイルは面白いだろうし、能登だけでなく、『田舎ってやつを“ちょい深く”体感するスポット』としても、面白いと思っているので、アルチャを龍昌寺へと連れて行きたかったのだ。

龍昌寺米 田植え Ryushoji temple rice in Yoromi Wajima

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – この日、龍昌寺の人たちが、米の苗づくりを行っていた。種は去年の籾から選定し、苗を育て、田植えを行う。完全な『龍昌寺米』ができあがるのだ。

ryushoji temple in yoromi wajima, 輪島市与呂見 龍昌寺 村田啓子 和樹

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – 去年、けいこさんは、ドイツ人の友人と四国八十八ヶ所への旅をしたそうだ。そのときに写真を活用してドイツ人の友人がつくったカレンダー。

room ryushoji zen temple in yoromi wajima, 輪島市与呂見 龍昌寺 部屋 村田啓子 和樹

能登・輪島市与呂見 – 龍昌寺にある空き部屋。

ドイツ オランダ アルチャ Arca in the Netherlands

能登・輪島市与呂見地区の龍昌寺 – 「空き家が見つかるまで、もしくは生活になれるまで、ここに住むことも可能なのですか?」 暖は薪でとる龍昌寺。

 

穴水町の空き家見学

そして、ぼくらの空き家探しなど移住をサポートしてくれた穴水町岩車の新田信明さんにも協力してもらい、穴水町内の空き家を見学。

rent a house in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 空き家

能登・穴水町 – 空き家見学中、「この家には畑がついているの?」「畑はどこ?山のほう?一人で行くから、ちょっと行ってきてもいい?」と行動力と好奇心あるアルチャ。

ドイツ オランダ アルチャ 空き家 見学 穴水町 Empty house Arca in the Netherlands

能登・穴水町曽良 – 空き家見学中。

探れるところはどこまでも探る…という感覚。「類は友を呼ぶ」って感じだった。

自身で過ごしたいライフスタイル…自身で決めて、確立していきたい。ぼく自身が同じ感覚だったので、その気持ちは本当によくわかる。

最後に、アルチャは、穴水町岩車の漁港から海に向かって「よかった~!!!」と、集落全体に響くような大声で叫び…岩車をあとにした。

なんとも愉快で元気な奴だ…「能登に来たらおもしろくなるだろうなぁ~」と心から思ったこの数日間だった。

今夜、アルチャは夜行バスで金沢から東京へ向かう。その後、成田空港からドイツへと戻る。

ドイツへ戻ったら、能登もしくは日本の田舎で暮らしをスタートするために、しばらく、仕事をしてお金を稼ぐそうだ。

彼は本当に能登に戻ってくるのだろうか…考え方や、やりたいことに変化はあるだろうが、1年後、能登で再開できることを楽しみにしている。

また会おう、アルチャ。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町曽良 – まずは一軒目の空き家を見学。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家のキッチンの流し。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家の二階。眺めはどんな感じなのだろうか。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 空き家の中へ入ると…

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – この畑も活用することが可能。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町 – 次の空き家へ。周りには川が流れている。

石川県 穴水町 空き家 rent a house in Anamizu Ishikawa

能登・穴水町(石川県) – また一年後に会おう。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. day 10 石川県輪島から50キロ沖合に浮かぶ舳倉島へ
  2. Lacquer art in Wajima Japan 漆 輪島塗 芯漆 木地などの下地未使用 100%日本産漆のみで作った『芯漆』美術品…
  3. ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty” …
  4. day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
  5. 能登・穴水町 - のと鉄道のNHK朝ドラ「まれ」ラッピング列車 一話目: 能登がロケ地 NHK朝ドラ「まれ」開始同日に̷…
  6. 能登空港 のと里山空港 仕事 車中泊 駐車場 noto airport camper van roadside station in Wajima Ishikawa 仕事しながら“ちょい”田舎旅:今日の職場 『能登空港』から
  7. day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ ~ 今度は町役場へ…
  8. day 10.1 石川県 舳倉島への定期船

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP