<写真で振り返る>田舎体験1日目 『穴水駅ホームあつあつ亭』へ

能登・穴水町&輪島市(石川県) – 田舎バックパッカーのぼくが今週末に企画・実施した『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』内容の続きだ。

能登ではまだまだ牡蠣のシーズンが続いている。冬の体験は「“牡蠣”を存分に体験しよう!」という内容だ。

今回の体験には、東京から7人が参加。到着早々、約2時間、ぼくら田舎バックパッカーファミリーが移住した岩車に住む牡蠣漁師・河端譲さんとお兄さんの肇さんと一緒に、牡蠣の水揚げ体験を行った。(その体験の内容はこちら

牡蠣の水揚げ体験後、今週末で今季閉店となる のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』へと向かい、牡蠣を盛り沢山食べた。

穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上という、かなりユニークな場所で牡蠣を食べる。

穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上という、かなりユニークな場所で牡蠣を食べる。

焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ご飯などの定食。駅の跨線橋の通路上にセットした七輪炭火コンロで、能登・穴水町産の殻付き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣ごはんなどを安価でたらふく食べることができるスポットだ。合計約15個の牡蠣がついて、1600円となる。

この時期、能登でおそらく一番安くて美味しい牡蠣を楽しめる場所ではないだろうか。場所もユニークで、田舎の駅だからこそオープンできる食堂。駅のホームからホームへの跨線橋の通路上でオープンしている食堂なんて…全国的に“珍しい”というより、こんな食堂はここにしかないのでは?

 

「穴水駅ホームあつあつ亭」の主な概要

●営業期間: 2016年1月9日(土)~2016年3月21日(毎年1月初旬から3月下旬までオープン)

●営業時間: 10:30~15:00(ラストオーダー14:30)

●場所: のと鉄道 穴水駅

●問い合わせ先: のと鉄道旅行センター(9:00~17:00)電話0768-52-0900

「穴水駅ホームあつあつ亭」の詳細情報はこちら

牡蠣漁師体験 能登牡蠣

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」の跨線橋の通路上で、「あつあつ盛りセット」を待つ。下のプラットホームには、観光列車「のと里山里海号」が停まっている。

能登・穴水町(石川県) - “おもしろい”牡蠣食堂。穴水駅の跨線橋の通路上で、これから牡蠣を食べる。「みんな、注文は決まった?」

能登・穴水町(石川県) – “おもしろい”牡蠣食堂。穴水駅の跨線橋の通路上で、これから牡蠣を食べる。「みんな、注文は決まった?」

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」。「まだかなぁ~」と注文を待つ。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅「穴水駅ホームあつあつ亭」。「まだかなぁ~」と注文を待つ。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路は、牡蠣を食べるグループで一杯になっている。穴水町のユニークな牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路は、牡蠣を食べるグループで一杯になっている。穴水町のユニークな牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。これから、牡蠣を食べるよ~。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。これから、牡蠣を食べるよ~。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋の通路にセットされたコンロで牡蠣を焼く。ここはのと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋の通路にセットされたコンロで牡蠣を焼く。ここはのと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 穴水駅の跨線橋は炭火と牡蠣の香り。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) – 穴水駅の跨線橋は炭火と牡蠣の香り。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。

能登・穴水町(石川県) - 良い感じの牡蠣が焼けた。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。ホームからホームへの跨線橋のの通路で、牡蠣を食べることができる唯一の店だろう。

能登・穴水町(石川県) – 良い感じの牡蠣が焼けた。のと鉄道穴水駅にある牡蠣食堂「穴水駅ホームあつあつ亭」。ホームからホームへの跨線橋の通路で、牡蠣を食べることができる唯一の店だろう。

能登・穴水町(石川県) - 今回の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』に賛同し、特別に席を用意してくれた東井豊記(とうい とよき)さん。東井さんと言えば...

能登・穴水町(石川県) – 今回の『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』に賛同し、特別に席を用意してくれた東井豊記(とうい とよき)さん。東井さんと言えば…

能登・穴水町 穴水駅(石川県) - のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』で、今回、跨線橋席を特別に用意してくれた同社名物男・ちびまる子ちゃんキャラ花輪くんこと東井豊記さんだ。

能登・穴水町 穴水駅(石川県) – のと鉄道の『穴水駅ホームあつあつ亭』で、今回、跨線橋席を特別に用意してくれた同社名物男・ちびまる子ちゃんキャラ花輪くんこと東井豊記さんだ。

その後、国民宿舎 能登小牧台(のとおまきだい)の温泉で疲れをとって、今晩の“里海BBQ(バーベキュー)”の準備に入る。

ちなみに能登には、温泉が多い。東京にいると、温泉を目的に「温泉旅行」を楽しむ人たちが多いかと思うが、能登では、普段の生活で、「質の高い」温泉に入ることができる

能登・七尾市中島町(石川県) - 国民宿舎 能登小牧台の露天風呂。目の前は湖のように穏やかな里海。

能登・七尾市中島町(石川県) – 国民宿舎 能登小牧台の露天風呂。目の前は湖のように穏やかな里海。

能登・七尾市中島町(石川県) - 泉質は、和倉温泉と同じと言われてる。国民宿舎 能登小牧台の温泉。

能登・七尾市中島町(石川県) – 泉質は、和倉温泉と同じと言われてる。国民宿舎 能登小牧台の温泉。

言い換えれば「毎日が温泉生活」を日々過ごすことができる。(「毎日がキャンプ生活」ストーリーはこちら

続いて夜の“里海BBQ(バーベキュー)”だ!「たったの1日で、これだけの牡蠣を食べることはない!」っと言い切れるほど牡蠣だらけとなった。(続きはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す