Media / PR - メディア掲載

NHK総合73分番組に田舎バックパッカーが生出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

石川県金沢市 – この日、NHK総合 生放送番組「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」に出演した。放送時間は、19:30~20:43。生放送の会場はNHKの金沢支局ではなく、地場振興センターのコンベンションホールにて。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」のホームページ。専用ページも準備され、金沢支局としては本腰を入れての準備だった。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」のホームページ。専用ページも準備され、金沢支局としては本腰を入れての準備だった。

放送エリアは“大変ありがたい?!”ことに石川県のみ。“生”だ…そりゃちっと恥ずかしい。

だが、先週からNHKのホームページトップや番組予告放送が流れていたので、視聴者が多かったことだと思う。番組中や番組終了後には「みたよ~」というメッセージがけっこう入っていた。

「なぜ能登に移住したのか?」を説明するシーン。新田信明さんにお世話になったことなども話させてもらった。

「なぜ能登に移住したのか?」を説明するシーン

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の出演者

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の出演者

知事含め、出演者はビッグネームなメンバー。各出演者について、調べすぎると緊張してしまうことから、事前調査なく挑んだ。

“対メディア”…広報という一事業/職種から、「メディアにはうまく対応できるのでは?!」と思われてしまうかもしれないが、テレビは難しい。“生”は本当に緊張する。ちなみに、自身を広報した結果のテレビ出演ではない…

後々、「あの発言カットしてくれませんか?!」なんて聞く余地もない。セーターの中は汗だくである。

司会者の鹿島綾乃さんや越塚優さんはさすがプロ。喋る出演者をかなりうまくカットして仕切っていた。

地揚振興センターにはNHKの中継車が並んでいた。

地揚振興センターにはNHKの中継車が並んでいた。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の番組で放送した移住者・中川生馬の暮らし。情報セキュリティコンサルティングのLRMとのネット会議の様子も放送。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の番組で放送した移住者・中川生馬の暮らし。情報セキュリティコンサルティングのLRMとのネット会議の様子も放送。

撮影前に、クライアント/お客さんであるLRM社の記事掲載があったので、それに関する報告も。

撮影前に、クライアント/お客さんであるLRM社の記事掲載があったので、それに関する報告も。

明日からの3連休、東京から来る7人の「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」に向けて、牡蠣漁師・河端さんとの打ち合わせシーン。

明日からの3連休、東京から来る7人の「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」に向けて、牡蠣漁師・河端さんとの打ち合わせシーン。

ぼくは「移住者」という切り口で、自身の暮らしについて、事前に取材していただき、そのまとめ映像が番組で流れた。

映像後、番組の会場で、「穴水町に移住した理由」「今後、田舎でなにを目標に生きていくか」について聞かれた。が、長々とマイペースで話してしまったことは記憶している。なんとか回答できたかと思うが、どうだったのだろうか。

NHK総合の生放送番組「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の会場には20人以上のそうそうたるメンバーが集まった。

NHK総合の生放送番組「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の会場には20人以上のそうそうたるメンバーが集まった。

それにしても、約1時間15分の番組はあっという間だった。

そりゃ、「あっという間」と思うわけだ。番組終了後まで…いや…このブログ記事を書くまで、てっきり2時間番組と勘違いしていた。

明日から数日間、東京から、元同僚含め7人が「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」で、能登にやってくる!今週は忙しい日々が続いているが、楽しい!

最後、出演者のみんなが、今後のアクションプランを書き出した。「自身のステージ(舞台)で引き続き、頑張っていこう!」で、番組が終了した。

最後、出演者のみんなが、今後のアクションプランを書き出した。「自身のステージ(舞台)で引き続き、頑張っていこう!」で、番組が終了した。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の控室。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の控室。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の番組開始

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」の番組開始

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」で放送された都会と田舎の生活費の比較。“ざっくり”ではあるが、こんな感じだ。個人事業なので、もちろんのこと、これらに加え経費や投資、突発的な支払も発生するので、総合的な費用はもっとかかっている。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」で放送された都会と田舎の生活費の比較。“ざっくり”ではあるが、こんな感じだ。個人事業/フリーランスなので、もちろんのこと、これらに加え経費や投資、突発的な支払も発生するので、総合的な費用はもっとかかっている。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」。これまでのブログを読んでみてもらえればわかるかと思うが、ぼくらバックパッカーファミリーは、節約がしたいから、田舎に移住したわけではない。田舎暮らしには、節約や、質の高い生活が、ついてくるのだ。

NHK総合「石川★新時代 #人口減少社会を生きる」。これまでのブログを読んでみてもらえればわかるかと思うが、ぼくらバックパッカーファミリーは、節約がしたいから、田舎に移住したわけではない。田舎暮らしには、節約や、質の高い生活が、“勝手に”ついてくるのだ。

IMG_8272

 
NHKのみなさん、お疲れ様でした。番組に呼んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

  1. Vanlife Japan 中日新聞 バンライフ 中川生馬 メディア掲載: 中日新聞 社会面に「バンライフ」
  2. 日経ビジネスオンラインにも登場 『野宿』『テント泊』をすることに…
  3. 2015年最終日の北國新聞に中川結花子登場!
  4. クルマ旅雑誌「カーネル」(2015年夏号)表紙の人 Amazon.co.jp「キャンプ」本ランキングで1位 ~ 表紙…
  5. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!…
  6. ロカフレ 移住者 穴水町 能登 田舎バックパッカーのメディア掲載:『ロカフレ』に登場!来年4月 …
  7. 中日新聞 田舎体験 穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人、釣りなど体験 米国や東京で暮らす会社員ら五人が今月下旬、穴水町を拠点に能登かきの水揚げや釣りを満喫し、能登の豊かな里海と親しんだ。 メディア掲載: 中日新聞『穴水の豊かな里海親しむ 県外在住の5人…
  8. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

nuroモバイル ソネット 0SIM 田舎でITレビュー:格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!?

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP