Media / PR - メディア掲載

バックパッカーが読みたくなる今月のビジネス誌 前編 ~ 未来のワークスタイル…あなたは知りたくないだろうか? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車(石川県) – バックパッカーなのに、ビジネス誌での登場が多い今日この頃。

っと…そんなことを偉そうに言える立場では決してない。

こんな立派なお“私事(しごと)”は大変嬉しいこと。いつもお世話になっているダイヤモンド社の出版編集部 副編集長 音なぎ省一郎(おとなぎ しょういちろう)さんに感謝。

能登・岩車(石川県)の漁港で...ついつい目をぎらぎらさせて読んでしまう今月発売のビジネス雑誌「Phronesis(フロネシス)」

能登・岩車(石川県)の漁港で…ついつい目をぎらぎらさせて読んでしまう今月発売のビジネス雑誌「Phronesis(フロネシス)」

9月末、バックパッカー“私事”旅で、7年振りにアメリカの地に足を踏み入れ…ユタ州ソルトレイクシティでゲイリー・ハメルさんを取材。その話しがダイヤモンド社の経営学誌「Phronesis(フロネシス)」に掲載された。

ゲイリー・ハメルさんはロンドン・ビジネススクールの教員教授。

アメリカ最大の経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」より「世界で最も影響力のあるビジネス思想家」に選出、同じくアメリカ・ビジネス誌「フォーチュン」誌では「事業戦略における世界有数の専門家」と称されている人…

記事内のハメルさんのプロフィールを読むと「なんだかすごい人を取材していたんだなぁ~」と改めて思ってしまう。

雑誌全体のタイトルは
働きかたの未来 ~ シンギュラリティとマネジメント2.0によって組織と個人の関係はこう変わる ~
という魅力的なタイトル。

 
“完全”自給自足をしない限り、収入を得るうえで、仕事は人生で欠かすことができない。そして人生における仕事時間は人生の大半を占める。「仕事はプライベート=私事(しごと)」だ

人生の中心となる今後の“私事”環境や、それに伴うライフスタイル/生き方が、どのように変化していくのか…自身の将来を深く考えさせられる内容となっている。

今話題のAI、シンギュラリティ含め…“未来のはたらたき方”がどうなっていくのか…そんな“思想”が満載。

内容をそのまま鵜呑みするのか…ひねって“自分の道”の参考にするのか…自分自身で考えられる豊かな社会にもなりつつある。

アメリカ・ユタ州での取材話しはこちら

マネジメント・イノベーション2.0 ゲイリー・ハメル

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティで、ビジネス界著名教授ゲイリー・ハメルさんを取材 ~ スーツ姿のバックパッカーが“マネジメント・イノベーション”を取材?! ~

「フロネシス」の編集顧問は元・東京大学総長で、現在 三菱総合研究所の理事長の小宮山宏さん、ハーバード大学 経営大学院 ハーバード・ビジネス・スクールの経営学誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」日本版で長年編集長を務めた岩崎卓也さんが編集長だ。

内容が堅そうだなぁ~」と捉えがちだが、そうでもないと思う。すらすら~っと入ってくる内容となっている。そのあたりの読みやすさはきっと音なぎさんが“やわらかく”調整しているのだろう。

ぼくはハメルさんへの取材依頼、現場での取材、通訳、原稿起こしなど含めたコーディネート全般を行った。その他、シンギュラリティやAI関連の組織の広報関係者にコンタクトして、写真の手配もサポートさせていただいた。

原稿起こしと言っても、ラフすぎて内容の大半は音なぎさんによるものと言っても過言ではない。そのような背景なのに、執筆協力者として自身「中川生馬」の名前が連なっていることは嬉しいし、やはりなにかを成し遂げた気分になる。

ダイヤモンド社の「Phronesis(フロネシス)」 - 執筆協力として、自身の名前が載っている。

ダイヤモンド社の「Phronesis(フロネシス)」 – 執筆協力として、自身の名前が載っている。

便利な世の中、やろうと思えば、どんなワークスタイルでも確立できる…

みんなはどんなライフスタイル、ワークスタイルで人生を過ごしていきたいのだろうか?

続きはこちら。(近日公開予定)

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



関連記事

  1. 能登の“いつかここに住んでみたい”と思ってしまう農家民宿 ゆうか…
  2. 日経 5月5日 カーステイ テルモ ダブルな嬉しさと必然的な偶然!?元上司が転職した会社の記事が隣に…
  3. outdoor backpacker magazine Bepal バックパッカー 特集 日本最大のアウトドア雑誌『BE-PAL』のバックパッカー特集に『…
  4. NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 【メディア掲載】今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  5. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) メディア掲載: アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…
  6. 能登への田舎移住の次は…海外へ?!1万キロのバックパ…
  7. バックパッカーがトヨタ ホームページに登場
  8. Northern Japan Arts Festival 三陸国際芸術祭 能登から東京へのバックパッカー“私事”旅 「三陸国際芸術祭」会見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 > 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

  1. 能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  2. 田舎 広報 仕事
  3. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  4. SNS 中傷 コメント
  5. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP