Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

北陸クルマ旅:スタッドレスタイヤ履き替え時期は今週末から来週 ~ お薦め冬用/スタッドレスタイヤは? ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車(石川県) – だんだんと寒くなってきた今日この頃。夏の“ビーチサンダル”では冬は越せない。

そろそろ、田舎バックパッカーの“動く拠点”ハイエース・ファミリーワゴンCを冬用/スタッドレスタイヤに交換する時期がやってきた。

鎌倉にいたとき、タイヤ交換は必要なかったが、北陸では、スタッドレスタイヤは欠かせない“足”アイテム。

そして、冬のクルマ旅にも、スタッドレスタイヤは必要不可欠だ。

ブリヂストンの冬用・スタッドレスタイヤ「ブリザック」で冬のクルマ旅を“ゆっくり”楽しむ時期がやってきた。

ブリヂストンの冬用・スタッドレスタイヤ「ブリザック」で冬のクルマ旅を“ゆっくり”楽しむ時期がやってきた。

 
昨日午前中、能登・穴水町中居で近々、牡蠣を中心にした食堂「Coast Table (コースト・テーブル)」をオープンする漁師・よしくん(齋藤義己(さいとう よしみ)さん)の厨房セットの搬入作業をお手伝い。(コースト・テーブルに関する詳細はこちら

穴水町中居に移住した齋藤さん夫婦の牡蠣を中心にした食堂「Coast Table (コースト・テーブル)」。穏やかな湾沿いでロケーションは最高だ。

穴水町中居に移住した齋藤さん夫婦の牡蠣を中心にした食堂「Coast Table (コースト・テーブル)」。穏やかな湾沿いでロケーションは最高だ。

脱サラ漁師・よしくんと奥さんのさっちゃん(祥江(さちえ)さん)は、2014年6月ごろ、東京から穴水に移住してきた夫婦だ。

「Coast Table (コースト・テーブル)」の中も完成間近。

「Coast Table (コースト・テーブル)」の中も完成間近。

能登・穴水町中居 - 大きなトラックが厨房セットを運んで中居にやってきた。

能登・穴水町中居 – 大きなトラックが厨房セットを運んで中居にやってきた。

だんだんと寒くなってきた穴水町中居には、この冬、炭火が灯され、暖かい雰囲気が漂うことだろう…

能登・穴水町中居(石川県) - 今年2015年3月、漁師のよしくん(齋藤義己(さいとう よしみ)さん)が一人もくもくと牡蠣棚をつくっていた。Coast Tableにはきっとお客さんが沢山くるだろう。

能登・穴水町中居(石川県) – 今年2015年3月、漁師のよしくん(齋藤義己(さいとう よしみ)さん)が一人もくもくと牡蠣棚をつくっていた。Coast Tableにはきっとお客さんが沢山くるだろう。

 

暖かい日が続いているが…
数日前から、だんだん寒くなってきた

それにしても、今年、能登や北陸地域では暖かい日々が続いている。一昨日25日から寒くなってきたが、それでも例年よりも暖かい。

昨年、周りのみんなが11月上旬から中旬ごろ、タイヤ交換している中、ぼくは出遅れ、今頃の11月末、ノーマルからスタッドレスにタイヤを交換した。

能登・穴水町岩車(石川県) - 2014年、出遅れたが、スタッドレスにタイヤ交換したのは、11月末だった。

能登・穴水町岩車(石川県) – 2014年、出遅れたが、スタッドレスにタイヤ交換したのは、11月末だった。

しかし、今年はまだタイヤ交換をしていない人が多いようだ。

昨日、町内を走る“移動スーパー”トラックの渚水産(なぎさすいさん)のスタッフと会ったが、「今年はまだまだ暖かいよ!」と、まだスタッドレスにタイヤ交換していなかった。

今年はこの週末にタイヤ交換…

暖かいとはいえども、数日前から、「そろそろ雪…道路の凍結時期がやってくるか?!」の予告が空から降ってきた。

昨晩は霰(あられ)。今日は6度。日本テレビでは「北陸で(最大瞬間風速)30メートルと予想され、大雪や暴風、高波などに警戒が必要」と報道している。

スタッドレスタイヤ交換のターゲット日は休日となる今週末だろう。

北陸地域へ向かうクルマ旅人も今週末から来週にかけて、タイヤ交換をしたいところだ。

200系ハイエース お薦めの冬タイヤは?!

ぼくが主に旅用途で冬に活用しているタイヤはブリヂストン ブリザック(BLIZZAK)「REVO969 195/80R15 107/105L」。

200系ハイエースの冬用タイヤ/スタッドレスタイヤの型番だ。

冬の北日本、北陸、信越地域、四国の山奥をこのタイヤで旅走っている。

REVO969 195/80R15 107/105L がハイエース200系 ワゴンGL用の型番。

REVO969 195/80R15 107/105L がハイエース200系 ワゴンGL用の型番。

ブリヂストンのコマーシャルをするわけではなく…ぼくのハイエースが四輪駆動というのも一つの理由としてあるかと思うが、このタイヤを装着して、雪や凍結してる道路で滑ったことは一度もない

っが…凍結した道の駅 氷見に駐車し、クルマから降りようと一歩踏み出したとき、自分自身が滑って転んだことはあった。

ブリヂストンが行う北海道でのテスト走行に参加したタイヤ屋さんでもこれのタイヤが一押しだった。

ハイエースのタイヤ交換には…

もちろんのこと、タイヤとボディの隙間に雪が詰まったとき、ハンドルの利きが悪くなったときはあった。

この年末、バックパッカー親子は、この“動く拠点”ハイエース・ファミリーワゴンCで能登から鎌倉へ向かう予定。

年末は…氷見や飛騨高山エリアあたりからがかなり寒くなるが、寝袋だけでなく、羽毛布団を積むと、快適な車中泊となる。

娘には冬の寒さ、冬ならではの旅を体感して、楽しい旅をしたいところだぁ~。

北陸地域では、11月下旬・12月初旬から翌年3月末まで、スタッドレスタイヤが必要不可欠な4本足となる。

北陸地域では、11月下旬・12月初旬から翌年3月末まで、スタッドレスタイヤが必要不可欠な4本足となる。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 穴水町 岩車 獨協大学女子 地域観光 獨協大学の女子大生5人 穴水町岩車へ – 今後の“観…
  2. yui after connor jessup left なぜ映画監督・俳優のコナー・ジェサップは1日早く能登を旅立ったの…
  3. 能登 移住検討中?! 理想の“田舎暮らし”掲げるドイツ出身 19…
  4. 能登 石川県 穴水町 極寒 漁港 漁師 Noto Ishikawa Anamizu Winter Season Fisherman 能登での田舎暮らし:零度近い?!そろそろ「極寒」時期に突入か
  5. 能登と羽田空港間の眺めは最高…今月も東京へ飛んだ“わ…
  6. 【写真だらけ!】奥能登一周と…能登の“さいはて”崖っ…
  7. 能登/日本海側は雪だが
  8. アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティに到着 ~ ホテルへは無料シャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 > van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP