アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティに到着 ~ ホテルへは無料シャトルバス、二食連続のアメリカ版「デニーズ」 ~

アメリカ・ワシントン州シアトル & ユタ州ソルトレイクシティ – さて、アメリカ本土、まずは西海岸ワシントン州シアトルに到着。シアトル国際空港を経由して、ユタ州ソルトレイクシティへと向かう。

IMG_9930

まずはシアトル国際空港で、デルタ航空に預けた荷物を受け取り、入国審査を済ませて、またすぐに荷物を預ける。

シアトル発ソルトレイクシティ行きのデルタ航空の出発は約2時間後。

祭りの疲れと時差ボケで、頭がぼーっとし、搭乗ゲートで寝始めてしまったが、数メートル離れて座っていたアメリカ人お姉さんが「搭乗開始したわよ!」と、ぼくの肩をたたき、起こしてくれた。

 

デルタ航空機内でのバトル

シアトルからソルトレイクシティへのデルタ航空機内では中国人観光客ツアーの一部お客さんが飛行機に乗り遅れ、 中国人ツアーのコーディネーターが必死に、飛行機の扉付近でアテンダント、搭乗ゲート担当と「まだゲートや飛行機のドアを閉めないでくれ、ちょっと待ってくれ!あと少しで数人がやってくる!」→「他の乗客もいる。それはできません」→「それならツアー客全員降ります!」バトルを展開していた。

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 - ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空で中国人観光客の団体が一斉におり始めた?!

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 – ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空で中国人観光客の団体が一斉におり始めた?!

両サイドの気持ちはわからなくない。まぁ一般的に考えたら、時間に遅れたほうが悪いのだろう・・・他のツアー客は乗れているわけだしなぁ。

ぼくの隣に座っていたアラスカからテキサスへ出張帰りのオラクル勤務の女性は「ちょっとぐらい待ってあげなさいよ~。そんな急がなくてもいいじゃない~」と長いことつぶやいていたことを覚えている。

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 - ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空の飛行機にて。Wi-Fiマークが!久々のデルタ便...進化していた。

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 – ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空の飛行機にて。Wi-Fiマークが!久々のデルタ便…進化していた。

そして、カメラを持っていたぼくに「このバトル撮っておいたほうがいいわよ~」っと、いかにもこのバトルが特ダネになりそうな感じで話しかけてくる。

まぁぼくも急ぎの旅ではない。どちらかと言うと「待ってあげてもいいんじゃない?」に一票だった。

中国人の搭乗ゲート担当があとからやってきて、両者なにやら中国語で話し始め、交渉成立、どんな交渉結果になったかはわからないが、ツアー客は飛行機から降りることなく、飛行機は無事離陸した。

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 - ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空の飛行機からの眺め。ワシントン州のMt. Rainier(レーニア山)。日本では森永乳業のカフェオレ「マウントレーニア」でお馴染みの山だ。

アメリカ・ワシントン州シアトル国際空港 – ユタ州ソルトレイクシティ行きのデルタ航空の飛行機からの眺め。ワシントン州のMt. Rainier(レーニア山)。日本では森永乳業のカフェオレ「マウントレーニア」でお馴染みの山だ。

 

ソルトレイクシティ国際空港からホテルへ
無料バス有無の英語での聞き方

まず、今回メインの“バックパッカー旅”こと出張先のアメリカ・ユタ州ソルトレイクシティに到着した。

ユタ州ソルトレイク国際空港でクリスタル・イン・ホテルのシャトルバスを待つ。外には多くのホテル行きのシャトルバスがお客さんを迎えに来ている。事前もしくは飛行場のインフォメーションデスクなどでシャトルバスの有無を確認するといいだろう。バスは「循環」しているわけではない。ホテルに電話連絡をしないとバスが来ない場合も多々ある。

ユタ州ソルトレイク国際空港でクリスタル・イン・ホテルのシャトルバスを待つ。外には多くのホテル行きのシャトルバスがお客さんを迎えに来ている。事前もしくは飛行場のインフォメーションデスクなどでシャトルバスの有無を確認するといいだろう。バスは「循環」しているわけではない。ホテルに電話連絡をしないとバスが来ない場合も多々ある。

ソルトレイクシティ国際空港から今回宿泊するCrystal Inn Hotel & Suites Salt Lake City(クリスタル・イン・ホテル)間にはホテル専用の無料シャトルバスがでている。

ちなみに、このクリスタル・イン・ホテルはダウンタウンに位置しているクリスタル・イン。どうやら、ソルトレイクシティには何か所かにクリスタル・インがあるようだ。

ほとんどのホテルへはおそらく専用もしくは数社ホテルがシェアしているバスがあるようだ。

タクシーで宿泊場所へ行く前に、シャトルバスの有無について、空港のインフォメーション・デスクに聞くと良いだろう。

ちなみに日本の場合、案内カウンターには制服を着た女性をみることが多いが、アメリカの場合、まず制服を着ていることは滅多にないだろうし、男性の場合も多々あるので、「“制服を着た案内女性”はどこだ?!」という感覚は捨てたほうがいい。

ユタ州ソルトレイク国際空港の外。このあたりでホテル行きのシャトルバスを待っている人が多い。

ユタ州ソルトレイク国際空港の外。このあたりでホテル行きのシャトルバスを待っている人が多い。

また、そんな案内カウンターを見つけて、英語での聞き方は
「Are there any shuttle buses running to XXXXX(ホテル名)? (XXXXホテルまでのシャトルバスはありますか?) Where will the bus stop at this airport?(バスはこの飛行場のどこで停車しますか?)Could you please call XXXXX (ホテル名) and tell them to pick me up at this airport? (XXXXホテルに電話して、飛行場まで迎えに来てもらえるように伝えてくれませんか?)」

と聞けば良い。聞き取りの問題があるが…手持ちのメモ帳に書いてもらうとよいだろう。

もちろんタクシーでも行けるが、無料のバスがあるようなら、言うまでもないがそれを活用したいところだ。

まずはホテルへと向かった…

アメリカユタ州ソルトレイクシティ - ダウンタウンエリアにあるクリスタル・イン・ホテル。

アメリカユタ州ソルトレイクシティ – ダウンタウンエリアにあるクリスタル・イン・ホテル。

 

二食連続のアメリカ版「デニーズ」

到着後、まずは今回仕事依頼を頂いたビジネス出版社ダイヤモンド社の音省一郎(おとなぎしょういちろう)さんに連絡し…「お腹空きませんか?!」と…

とにかくお腹が空いたので、クリスタル・イン・ホテルのすぐ裏にはデニーズへ。

まずはデニーズへ...

まずはデニーズへ…

クリスタル・イン・ホテルのすぐ裏にはデニーズがある。

アメリカ版デニーズには、日本のように和食があるわけでもない。

ハンバーガー、ポテト類、ソーセージ、シーザーサラダなどがメインのいわゆるアメリカンフードの24時間レストランだ。

ユタ州ソルトレイクシティ - アメリカのデニーズにて。ダブルチーズバーガー。マックなどのファーストフードとは全く違う。

ユタ州ソルトレイクシティ – アメリカのデニーズにて。ダブルチーズバーガー。マックなどのファーストフードとは全く違う。ちなみにこれで約10ドル

到着して一食目が、16:00過ぎという中途半端な時間。そんな背景から、その日は遅い時間まで部屋で仕事を。

夜中過ぎに近場でオープンしていたのがデニーズだったことから、0:30ごろまたまた二人でデニーズへ行ってしまった。

アメリカユタ州ソルトレイクシティ - デニーズで「アラスカサーモン」のディナー。

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – デニーズで「アラスカサーモン」のディナー。これも約10ドル、日本円で約1000円。

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ - アメリカのデニーズのメニュー

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – アメリカのデニーズのメニュー

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ - アメリカのデニーズのメニュー

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – アメリカのデニーズのメニュー

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ - アメリカのデニーズのメニュー

アメリカ・ユタ州ソルトレイクシティ – アメリカのデニーズのメニュー

アメリカユタ州ソルトレイクシティ - クリスタル・イン・ホテル近くのダウンタウンエリア。

アメリカユタ州ソルトレイクシティ – クリスタル・イン・ホテル近くのダウンタウンエリア。

アメリカユタ州ソルトレイクシティ - クリスタル・イン・ホテル近くのダウンタウンエリア。バックパッカーは昼寝中?

アメリカユタ州ソルトレイクシティ – クリスタル・イン・ホテル近くのダウンタウンエリア。バックパッカーは昼寝中?

 

初日の締めくくりは…地元のクラフトビール
アメリカの酒屋、スーパーのビールの選択肢はやっぱり半端ない!

ちなみに…19:00過ぎに…“喉が渇き”行った場所はクリスタル・インの裏にある酒屋/リッカーストア(Liquor Store)だ。

IMG_9957

ビール好きは、アメリカのスーパーやリッカーストアの何十もの豊富なビールの種類や選択肢に驚くことだろう。

オレゴンのクラフトビール「ROGUE」

オレゴンのクラフトビール「ROGUE」

日本のスーパーだど、大手のビールと数種類の地ビールが置いてあるだけだが、アメリカのスーパーやリッカーストアには半端ない数のクラフトビールの選択肢が棚に置いてある。

クラフトビール好きは…心から「いいなぁ~~」と絶対に思う。

IMG_9949
ちなみに、州や場所によってだとは思うが、リッカーストア近くには、段ボールに「お腹が空いています。どうか募金を」を書いたサインを持ったホームレスの人たちがいることが多い。

アメリカを初めて旅する人は、「なんか怖いなぁ」と思ってしまうかもしれないが、驚かずに通り過ぎればいいだろう。

まぁ、そんなこんなで…アメリカンな初日を久々に味わい始まった出張の旅だった…

ユタ州のクラフトビール「Hop Rising]のダブルIPAが美味い!ホップの効いる。

この夜…ぼくの仕事のサポートをしてくれたのは…ユタ州のホップが強いクラフトビール「Hop Rising」!ダブルIPA!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

1件の返信

コメントを残す