Media / PR - メディア掲載

日経ビジネスオンラインにも登場 『野宿』『テント泊』をすることになったら… バックパッカーじゃなくてビジネスマンが?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京都五反田- 現在、能登から東京に出張中の田舎バックパッカーこと中川生馬だ。

さて、先日、日本最大のビジネス誌「日経ビジネス」に、ぼくのコメントが載ったことについて記事を書いた。(先日の投稿はこちら

今朝、友人から連絡があり「オンラインにも載っているよ!」「読みました!」などのメッセージをいただいた。

日経ビジネスオンラインを見てみると『ホテルが取れない出張族に9つの解決策』のほぼ全文が載っているではないか!

「いざという時、心理的に楽」と書かれているが…これは“普通”の人にとって“心理的に楽”なのかはわからない…(笑)

五島列島 小値賀・駐在所の駐車場にテントを張らせていただいた(翌朝撮影した写真)

この写真は五島列島・小値賀島(おぢかじま)の交番の駐車場にテントを張らせてもらったときの写真。寒い中、本当に助けられた。小値賀や宇久島の人たち…ホント優しい人たちが沢山いたなぁ…そのときのストーリーはこちら

このような感じで、これまであらゆるところで野宿/テント泊をしてきたことから、今回、「野宿だったらどうしたらいいですか?」という質問を西雄大記者から連絡をいただき、もろもろ回答させてもらったわけだ。

もちろんのこと、警察から職務質問を受けたこともある。

解決策⑧「最後は野宿も辞さず」という心づもりも いざという時、心理的に楽

野宿に追い込まれ、大きなダメージを負った前出のC氏だが、「事前にしっかり準備さえしておけば、お店に迷惑をかけかねないファミレスの仮眠より気が楽かもしれない」とも話す。

「日本は治安が良く、これほど野宿に適した国はない」。こう話すのは、夫婦で300泊以上野宿をした経験を持つ旅行ライターの中川生馬氏だ。野宿をする際に中川氏が勧めるのは、事前に交番へ相談に行くこと。「就寝中に職務質問をされてもスムーズに対応できる」。

実際には、野宿まで追いつめられるのはかなりのレアケース。だが、ホテル不足は深刻化の一途をたどっており、今後は、絶対にC氏のような事態に陥らないとは誰にも言い切れない。心づもりをしておけば、万一の際も冷静に対処できる。

リアルタイムでこの記事に関して検索すると…この野宿案について「ありえない!」「そこまでやるか日経ビジネス!」「笑える」的なコメントがよせられている。

ぼくも「日経ビジネスがここまでやるか!?」と一瞬思うが、オリジナリティが豊富で面白味ある解決策だと思っている。

日経ビジネス 「ホテルが取れない出張族に9つの解決策」の一つ

日経ビジネス 「ホテルが取れない出張族に9つの解決策」の一つ


日経ビジネスの記事アクセスランキングを見ると、現在2位。フェイスブックで数千の人がシェアしているようだ。

ちなみに、野宿「事前に交番へ相談に行く」という背景には2点ほど理由がある。

交番に、周辺の公園などで野宿するようなこと/ニュアンスのようなことを伝えておくと…

1.近所から“怪しい野宿者”について、交番が通報を受けたとき、通報者にスムーズな説明をすることができる。通報を受けた交番は万が一のため確認しにいく義務があるので…なにも知らないと、通報者に受け答えできないし、通報を受けた以上、職務質問をしなければいけないわけだ。

2.夜中、野宿者がなんらかの事件に巻き込まれないよう、見回りに来てくれる可能性もある。

そんな“セキュリティ”上の理由を考えてのコメントだったわけだ。

五島列島 小値賀・駐在所の駐車場でテントを張ったぼくらに、カラオケ「メロディ」の岩永弘子さんが 差し入れの唐揚げを持ってきてくれた。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. vanlife station rv house 全国賃貸新聞 カーステイ 田舎バックパッカー 中川生馬 メディア掲載: 全国賃貸住宅新聞に“住める駐車場” ~ キーワー…
  2. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) メディア掲載: アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…
  3. 能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカーの“とある”旅雑誌撮影 Cover page photo shooting in Iwaguruma, Noto. 田舎旅するバックパッカーが“とある”旅雑誌の表紙に登場するよ!
  4. NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  5. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」
  6. 今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 今日発売の雑誌「田舎暮らしの本」(2015年5月号)に2ページカ…
  7. 「Lancers マガジン」に『広報の経験豊富なランサー』として…
  8. 福井 ユーチューバー 車中泊 スポット メディア掲載: 福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP