Backpacking in the Philippines - フィリピン バックパッカー旅

能登への田舎移住の次は…海外へ?!1万キロのバックパッカー旅へ 31日から9日間 ~ セブ・パシフィック航空がフィリピンに招待! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – さてさて、フィリピン最大の航空会社セブ・パシフィック航空が、田舎バックパッカーのぼくをフィリピンに招待し、日本代表の!?“バックパッカーブロガー”として、ぼくは島国フィリピンへ行くことになった。
*For press release in English, please go to Cebu Pacific Air’s homepage here.
※トップの画像は能登移住後、もろもろ関わらせてもらっている組織のロゴやイメージ図。

セブ・パシフィック航空から声がかかったのは…今年5月ごろで正式決定したのは6月初旬、フィリピン滞在期間は、今月31日から8月8日(土)の約1週間となる。

能登から成田空港、成田からフィリピン、フィリピン現地の島々を“走りまくり”の合計約1万キロのバックパッカー旅となる。

Juanderer Backpackers to Cebu Philippines

“ぴったり”のプロジェクト

セブ・パシフィック航空によるブロガープロジェクト名は「セブ・フアンダラー・バックパッカー・チャレンジ」。

フアンダラー(Juan-derer)は日本語で“放浪者”!

プロジェクト名・・・自分にぴったりの名称だね。まぁぼくの場合一応目的あってのバックパッカー旅だから“放浪”とはちょっと違うんだけど・・・(笑)

「セブ・フアンダラー・バックパッカー・チャレンジ」に参加する日本、韓国、中国、オーストラリアの代表者“フアンダラーズ(放浪者達)”たち

「セブ・フアンダラー・バックパッカー・チャレンジ」に参加する日本、韓国、中国、オーストラリアの代表者“フアンダラーズ(放浪者達)”たち

セブ・パシフィック航空はLCC(Low-Cost Carrier)、いわゆる「格安航空会社」の一社なんで、航空券は安くて…機内はおそらく“格安ならでは”なので、普通の高級航空券を購入できないぼくのようなバックパッカー旅人には最適なんだよね。
っと…自分では思っている…(笑)

今さっき、セブ・パシフィック航空のホームページみたら…なんと5000円でフィリピンへ行けちゃうみたいだしね(こちら

ちなみに、今回…ボラカイ島、セブ島、ダバオ、マニラ、パラワンなどの島々を“アイランド・ホッピング”する予定!

 

海外ブロガー招待は初めて!4か国から代表ブロガー二人

セブ・パシフィック航空は4年前からこのバックパッカープロジェクトを開始、これまで主に地元の大学生を招待して、彼らにリアルな体験を情報発信してもらい、地元の観光を活性化していた。

今回は発信チャネルを拡大し、「海外のブロガーに情報発信してもらおう!」ということになり、今年初めて海外のブロガーを招待したのだ!

セブ・パシフィック航空は日本、中国、韓国、オーストラリアから各国2名、合計8名のブロガーを招待しているんだよね。日本からは、ぼくと、グルメや旅行分野で有名なブロガーKyahさん。

参加できる条件は、ブログやSNSを活用して旅関連の情報を長いこと情報発信していて、ある程度のアクセス数があり、旅に慣れていること、英語ができること。あと、プロジェクト名からわかるとおり、旅好きなバックパッカー系の旅人が理想の参加者。

今、フェイスブックなどのSNS、ブログ、ホームページなどなど…気軽に情報を発信できる時代。セブ・パシフィック航空としては、各国からの旅人を増やして、フィリピンの島々の魅力を体感してもらって、その実体験を発信してほしいっていう観光促進の目的がある。

個人の情報発信…世の中を動かすほど力をもち、甘くみれないし、個々の発信は地域を活性化する“きっかけ”になったり重要になってきているからね。

広報の職業柄、多分、本来はメディアの人たちを招待したほうが幅広くリーチできて良いと思ってしまうけど…記者の人たちは忙しいし、がっつりした「仕事として」となると、会社に申請するのも難しいんだろう。あと、オフィシャルの記事だと、少し“硬い”記事になってしまうことが多いからかな。

ぼくらは全力でフィリピンを“放浪”しまくって、体感して、楽しんで…それを発信するのみ!

 

フィリピンは初めて。2010年の南アフリカやハワイ以来のバックパッカー旅…

フィリピンへのバックパッカー旅はもちろん楽しみで、こんな楽しそうな“私事(しごと)”自体初めてなので、かなりわくわくしている!

会社勤務時、有給活用して、東南アジアへバックパッカー旅していたけど…フィリピンは今回が初めてだ。

海外旅としては、2010年の南アフリカ35日間のワールドカップ出張やアメリカ・ハワイ以来、東南アジアへのバックパッカー旅は2009年のマレーシア・レダン島以来!

5年振りの海外バックパッカー旅だ。

2010年まで、毎年、海外へバックパッカー旅していたのだが…今は国内の田舎がメインになっているからね。

これまで培ったバックパッカー旅や“広報”でのノウハノウや情報発信力や、自身の行動力を活かした旅になるなぁ~。とにかく楽しみ!

 

みんなも参加して航空券などの賞品獲得を!

今回招待されたブロガーは国別でなんらか“チャレンジ”/競い合うイベントがあるようで、それに勝つとフィリピンへの航空券などの賞品を獲得できる。

で、賞品を獲得できるのは今回参加するブロガーだけでなく、ぼくらのブログやFacebook、Twitterなどのソーシャルメディアをみてくれている人たちにもチャンスがある。

“チャレンジ”内容は現地に到着してから公開されるみたいなので、お楽しみに!

 

セブ・パシフィック航空のホームページにIKUMAが…!?

そんなこんなで現在、セブ・パシフィック航空のホームページのトップにぼく含め参加ブロガーが載っている。

セブ・パシフィック航空のホームページ。現在トップページで紹介されている

セブ・パシフィック航空のホームページ。現在トップページで紹介されている

一部の友だちは既に気づいていて…たとえば、タイに住む友人・リッチー(日本人)からは「あれ、いくくん面白そうなプロジェクトに参加しているね!」とひさびさに連絡をくれた。

実はぼく…この前の雑誌表紙に登場させてもらったんだけど、企業のホームページに載るのは二回目で、トヨタ自動車のハイエースのページにも登場している。

 

なにごとも諦めず続ける…

バックパッカー“私事(しごと)”・・・継続は力なり。

継続して今行っていることをやっていなかったら、こんな楽しそうな旅仕事には声をかけてもらえなかっただろうね。セブ・パシフィック航空に感謝。

なんでも諦めずにやろうと思ったことを継続することが重要。

久々にバックパッカー旅へ行くに当たり…バックパッカー旅ってなにが楽しいのか…もろもろ記事を書いていくよ。

人生は一度限り、仕事も楽しんでやっていくぞぉ~

フィリピンへの空旅...そろそろだ off to Philippines by Cebu Pacific Airlines

フィリピンへの空旅…そろそろだ

これを“きっかけ”に、同じような案件で他からも声がかかったり、現地で出会う旅人たちに能登含む日本の田舎/地方を紹介して、海外のバックパッカーが今後日本の田舎へ来るような“きっかけ”になればいいなぁ~とも思うよ!

●セブ・フアンダラー・バックパッカー・チャレンジのオフィシャル情報
・セブ・パシフィック航空が発表したオフィシャルのプレスリリースはこちら

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



関連記事

  1. Komatsu Summer school lecturer 小松サマースクール 講師 アメリカ・ハーバードやプリンストン大などの学生が運営する「小松サ…
  2. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 田舎で仕事:元フェイスブックCTOが開設『Quora』取材記事が…
  3. 田舎 バンライフ countryside japan vanlife 【田舎で仕事 – 執筆】 富裕層向けメディア『J PRIME』に…
  4. キャンピングカー 家 秋葉博之 秋葉洋子 【田舎で仕事 – 執筆】『SUUMOジャーナル』50…
  5. 今月も田舎と都会間を飛んでいる… 田舎で仕事する方法…
  6. 【予告】田舎バックパッカーブログ読者にフィリピン行き航空券をプレ…
  7. connor jessup コナー・ジェサップ 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリ…
  8. アメリカ・オレゴン州 田舎の“森中”に…なぜボーイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ “究極の車中泊スポット”「バンライフ・ステーション」に3ヵ月間住んだ夫婦の日々 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

はなびらだけ 大井川電機
  1. 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  2. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  3. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  4. kinto carstay キャンピングカー プレゼント

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  3. 田舎体験 能登
  4. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan

ランキング

PAGE TOP