どこにでもあるようなTOKYOよりもREALな“JAPAN”を見たい ~ INAKAで英語を使うINTERNATIONALなNIGHT ~

ここ能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)(石川県)の人口は約180人、穴水町全体は約9000人。町の中心街や最寄り駅から約10キロ離れた村だ。

そんな小さな田舎/地方でも“インターナショナル”な日がある。

us-french-mike-alicia004

田舎で英語を使うことってあるの?!

せっかく勉強した英語…田舎で使うことってあるの?!

田舎で外国人と接する/コミュニケーションをとる場ってあるの?!

って思っている人たちも多いだろう。

機会は自身で作らなければいけなかったり…少ないかもしれないが、田舎でも“英語”を使うことはある。

東京や大阪などの都会で働くからにはこれからの時代、「英語は当たり前」と一般的に言われ、英語を話せる人がそこそこいるが、田舎には少ない。

能登に英語を話せる人材が少ない!というよりも…輪島に住む漆器アーティストのスザーンさんと、クライブさんのイギリス人ファミリーや、珠洲に住む珠洲焼アーティストのキャロラインさん以外で、英語を流暢に話せる人と出会ったことがないかもしれない…
というか、みんな母国語が英語だから当たり前か…

今年2月の田舎体験で現在穴水に住むBetsyと能登町のOlivia

今年2月の田舎ライフスタイル体験で現在穴水に住むBetsyと能登町のOlivia

田舎には“ざっくばらん”に英語と日本語を話せる人が少ないので、外国人が来ると、呼ばれることがあるのだ。

そして、海外からのバックパッカーな雰囲気の旅人、スーパーで外国人を見かければ、ぼくから“ざっくばらんに”声をかけるわけだ。(そのときの話しはこちら

「田舎でも“英語”を使うことがある」というよりも…「英語を喋る機会が少ない田舎」だから「機会をつくった」と言ったほうが正確かもしれない。

まぁ、こんな風に「そんな状況に滅多に遭遇しない、しない」と思う田舎現地の人もいるだろうが...積極的に声をかけるか・かけないかは自分次第ってわけなんだよね。

なにかと“やるか・やらないか”は自分次第。

去年は穴水のバス停でフランス人とドイツ人のハーフのバックパッカーと出会い、岩車で“突然”の田舎体験。(そのときの話しはこちら

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – 去年は穴水のバス停でフランス人とドイツ人のハーフのバックパッカーJMと出会い、岩車で“突然”の田舎体験。(そのときの話しはこちら)

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – 去年は穴水のバス停でフランス人とドイツ人のハーフのバックパッカーJMと出会い、岩車で“突然”の田舎体験。(そのときの話しはこちら

ニッチな“田舎市場”には“英語”ニーズがあるのだ。

もっと“でかく”言えば…人口減少…というネガティブ?!ポジティブ?!な背景から…田舎にはあらゆるニーズがある

バックパッカー、旅人は都会より田舎…地方へ。過疎化はポジティブなのか!?

海外からの旅人は、日本の田舎/地方へ行きたがる。

もはや

東京のようにどこにでもあるような都会よりも“日本”=“保存された日本”を見たい

っと…

特に若い世代の旅人は、東京では1~2日程度…残りの滞在は地方へ行って、日本の原風景が残っている田舎で、ゆっくりと現地の人と交流しながら過ごしたい傾向が強い

能登町の農家民宿 ゆうか庵にてオランダ人親子と

能登町の農家民宿 ゆうか庵にてオランダ人親子と

ポジティブに考れば、田舎は“過疎化”で置き去りになって良かったのかもしれない。

“過疎”=取り残された田舎/地域というネガティブな響きだが、「取り残された」をポジティブに考えると=近代化されず自然だらけ、そして“昔”が残った日本ともとれる

近代化され、テクノロジーが発展した時代だからこそ、“過疎化”は逆にポジティブへと転換されるとぼくは思っている。

フランス、オランダ、アメリカから穴水町岩車へやってきた旅人たち…

ここ能登は…昔から残っている自然と融合した暮らすことができる“能登の里山里海”として知られ、世界農業遺産として国連機関に認定されている。

アメリカ・ミシガン州からBetsy(ベッツィー)、アメリカ・カリフォルニア州出身のMike(マイク)、フランス出身のAlicia(アリシア)と、能登の牡蠣を食いぃ~・地酒を飲みぃ~の田舎で“ミニ”インターナショナルなナイトが開催された。

MikeとAliciaの夫婦とは穴水駅で出会った。ちょうど、のと鉄道の観光列車「のと里山里海号」が報道関係者に公開された3月末、物産館 四季彩々(しきさいさい)でバックパックを担いだMikeにぼくが話しかけた

お互い昼食中で、Mikeは「これから珠洲で数日過ごす」とのことだったので、「その帰りに穴水に寄って、牡蠣を食べて飲もう!」という話しになった。

MikeとAliciaは、東京のようにどこにでもあるような都会よりも、“日本”を見たい、と能登やその他の田舎/地方へやってきた。

数日後、穴水で再会。MikeとAliciaはカメラマン夫婦なので、娘・結生の写真を二人でパチリばかり。

数日後、穴水で再会。MikeとAliciaはカメラマン夫婦なので、娘・結生の写真を二人でパチリパチリ。

娘・結生、人生初の山登りは岩車の牡蠣山

娘・結生、人生初の山登りは岩車の牡蠣山

アメリカ人とフランス人バックパッカー夫婦のMikeとAlicia。東京のようにどこにでもあるような都会よりも“日本”=“昔ながらの日本”を見たい!と能登へやってきた。

アメリカ人とフランス人バックパッカー夫婦のMikeとAlicia。東京のようにどこにでもあるような都会よりも“日本”=“昔ながらの日本”を見たい!と能登へやってきた。

能登・穴水町岩車の田舎で。Betsy大好きな結生ちゃんも英語でコミュニケーション。新田さん宅での“ざっくばらん”に食事会へ。新田信明さんは「生馬さん、通訳お願いします!」ぼくは「いや、新田さん、英語のレッスン受けたんですから、自分でも頑張って見てください!」のやりとりばかり?!(笑)

能登・穴水町岩車の田舎で。Betsy大好きな結生ちゃんも英語でコミュニケーション。新田さん宅での“ざっくばらん”に食事会へ。新田信明さんは「生馬さん、通訳お願いします!」ぼくは「いや、新田さん、英語のレッスン受けたんですから、自分でも頑張って見てください!」のやりとりばかり?!(笑)

オランダから穴水町岩車へ“軽”に乗ってきた身長2メートルの男…

身長2メートルのJohannes(ヨハネス)とお母さんがやってきた。“It’s nothing!”(大したことじゃない!)と、東京から穴水町へ、約550キロの道のりをクルマで走ってきたのだ!

しかも!身長2メートルなのに…軽自動車でやってきた!

オランダ人親子が日本の田舎へ

オランダからクルマ旅好きな親子が日本の田舎へ。東京から能登まで、約550キロの距離をクルマで!身長2メートルのJohannes、軽自動車に乗ってずっと運転!

どうやらJohannesの家族はクルマ旅家族で、ロシアやヨーロッパ内の旅行もそんな感じで、クルマ旅を楽しんでいる。

ヨーロッパやロシアの“クルマで走れる面積”と比較したら、日本の面積は大したことがないのかもしれないね。

Johannesは数か月、東京で日本語の勉強をし、その最終週/帰国前にお母さんがオランダからやってきて、長野、富士山付近、能登をクルマで旅していた。

能登町の農家民宿ゆうか庵にて。囲炉裏を囲って...田舎料理に更なる創作が加わった料理を輪島塗の御前に

能登町の農家民宿ゆうか庵にて。囲炉裏を囲って…田舎料理に更なる創作が加わった料理を輪島塗の御前に

ぼくが現在、 ホームページ制作全般(撮影、文案、デザインなど)、トラベルサイト登録などのサポートをしている 穴水町の隣 能登町(のとちょう)の農家民宿 ゆうか庵のオーナー中田さんから、「中川さん、英語で予約が入ってしまいました!通訳などもろもろのサポートお願いします!」と連絡があったのだ。

ちなみに、ゆうか庵のページにはモデルとして妻・結花や娘・結生がモデルとして、登場している。田舎料理をさらに創作していて、料理が最高にうまい!一日一組の限定なので、大きな古民家を一人もしくは自身のグループで独占できるのも魅力!

Johannesとのメール連絡のやり取りが始まり、「せっかく能登へ来るのだから!」と、ゆうか庵到着前の「能登一周コース」、ゆうか庵 宿泊翌日 穴水町岩車での里海での洋上パーティーや釣りとBBQ含めた「田舎体験」を提案したのだった。残念ながら、強風のため、「洋上パーティー」は中止となってしまったが

仲良い親子。日本とオランダと離れた場所だが、文化が似ているのか…なにかと話す内容が分かり合える感じだった。

ちなみに…世界で最も身長が高い国はオランダ!男の平均身長は180センチ以上!

能登・穴水町岩車の牡蠣をたらふく食べるJohannesとお母さん。今回、河豚(フグ)を食べるのは初めて。「オランダでは絶対に食べないわ。私たち今夜死なないかしら?!」とお母さん。

能登・穴水町岩車の牡蠣をたらふく食べるJohannesとお母さん。今回、河豚(フグ)を食べるのは初めて。「オランダでは絶対に食べないわ。私たち今夜死なないかしら?!」とお母さん。

能登のうま~い地酒「宗玄(そうげん)」の生原酒もチャレンジ。外国人トラベラーには体験してほしい能登の地酒

能登のうま~い地酒「宗玄(そうげん)」の生原酒もチャレンジ。外国人トラベラーには体験してほしい能登の地酒

オランダからの旅人Johannes、初めてのモズクに挑戦!なんか...”泥”を吐いているみたいだね(笑)

オランダからの旅人Johannes、初めてのモズクに挑戦!なんか…写真が暗くて…“泥”を吐いているみたいだね(笑)

そんな感じで…海外から日本の田舎へ“イナ旅”して…
田舎…地方へやってくるので、英語を使うことがあるのだ。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



1件の返信

コメントを残す