Media / PR - メディア掲載

クルマ旅と車中泊雑誌「カーネル」表紙に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
モバイルハウス 動く家 ハイエース クルマ旅 車中泊 クルマ暮らし

能登・穴水町岩車(石川県) – さてさて、田舎旅するパックパッカーのぼくとファミリーメンバーがクルマ旅 雑誌「カーネル vol.25 2015夏」の表紙に“ゆる~く”登場した。

カーネル 表紙 家族 車中泊 バンライフ

バックパッカーの“動く拠点”を活用して、「どんな風にクルマ旅や車中泊を楽しむか」がコンテンツになっている雑誌。
ぜひぜひ、こちらから購入を!

●クルマで遊牧民的なライフスタイルもいいんじゃない?

“移動型定住”ってのも悪くないなぁ。これぞ本当の“移住”!?

ハイエースが“家”仕様になっているってどういうこと?

クルマ旅生活...興味はあるなぁ~

●クルマ旅どこでどうやって寝るの?快適?

●楽しいクルマ旅で旅費を抑えたいなぁ。

●クルマ旅を快適にするアイテムは?夏暑いし冬寒くない?

●ハイエースがキャンピングカー化?クルマ旅?

“密かに”思っているみんな、これを機に一冊どうかな?

参考になるテクニックや旅先が載っているよ。

van life japan countryside バンライフ 田舎 車中泊

「カーネル」表紙の撮影場所

表紙の撮影場所は、ここ能登・穴水町岩車の漁港。

撮影のために、カーネル/TRAMPIN’編集長の大橋保之さんと、カメラマンの岡野朋之さんが忙しいところ、約5時間かけて、北陸新幹線とのと鉄道に乗り、遙々 東京から能登・岩車まで駆けつけてくれたのだ!

“動く拠点”ハイエース、旅に欠かせないバックパック、海を背景に、地元・漁師の川端勝男さんの真牡蠣と一緒にパチリと撮影。

能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影 Front page photo shoot in Iwaguruma Noto

能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影

そして「旅を楽しみ、美味いビールで一日を締めくくりたい」という背景からテーブルには“ゆる~く”クラフトビール!

クラフトビール王国 長野から「オラホ」のペールエールとキャプテンクロウ。とにかく味わいある極上のクラフトビール。まだ載せていないが、能登から遥々、本拠地がある長野県東御市のオラホヘ行き、ホップ狩り体験に参加するほど...とにかくうまい!

旅雑誌「カーネル」は旅仕様のクルマを活用すると

●「どうやって旅を楽しめるか!」

●「どんな旅先があるか!」

●「どんな場所に泊まれるか!」

●「クルマをどんな装備にしたらクルマ旅を楽しめるか!」

などが主なコンテンツとなっている雑誌。

van life japan countryside バンライフ 田舎 車中泊

「今夜、“カーネル?”」「カーネル」ってどんな意味なの?

ちなみに「カーネル」は、「カー=Car」と「ネル=寝る」の造語で、釣り人たちが使っている“専門”用語。

釣り人たちは夕方ごろから、釣りをして、その後眠くなったら、クルマで寝ることが多い。そんなとき、仲間同士で「今日、“カーネル?”(クルマで寝る?)」とコミュニケーションをとるそうだ。

「カーネル」の出版社は地球丸。多くの人に知られている雑誌は「天然生活」。

最近は軽自動車のキャンピングカー“軽キャンパー”スタイルが人気だったりと、キャンピングカーが需要は増えている。ハイエースがベース車両のキャンピングカーはちょっぴり高額なので、将来の“夢”クルマと位置づける人が多いようだ。

vanlife japan ハイエース 内装 バンライフ アネックス リコルソ

クルマ購入・・・どうせなら楽しいクルマがいいよね。

特にこのカーネル!先頭特集を担当しているのは大友人の稲垣朝則さんが担当。稲垣さんは“クルマ旅”専門家として、地道に長い道のりをこつこつと一人覚悟して歩んできたんだよね。

今回の表紙登場の件、彼には内緒にしていて、「今月、手元にサプライズプレゼントが届きますから!」と伝えているから、今ごろ、驚いているんだろうなぁ。(笑)

ちなみに夏号のカーネルの特集スポットは“日本の海外”「北海道」。北海道と言えば“札幌”などをイメージしてしまうが...北海道は計り知れないコンテンツ/魅力があるんだよね。

余談...バックパッカーのメディア登場の“ぼやき”

田舎へのバックパッカー旅を始めて、最初に登場したのは実は「日本経済新聞」。

今回の表紙登場を機に、これまでのメディア露出を振り返ったわけだけど、それにしても...初めてのメディアが日経とは、広報という職業柄、いきなり“ありえない”と我ながら...驚き。

っが...“中川生馬”として“広報力”を積み重ねてきた成果だろうか!?

その後、ちょこちょことメディアに登場させていただき、“動く拠点”がハイエースということから、トヨタ自動車ホームページのハイエースコーナーにまで紹介された。

そのとき(2012年9月)に…すでに「移動型定住スタイル」について語っているとは…

●日経の記事はこちら 人生、後悔したくない 震災半年、変わる若者

●トヨタ自動車ホームページの紹介記事はこちら

バンライフ クルマ暮らし 移動

一組織や会社としてならわかるが、フリーランス/バックパッカー/個人として登場しているわけだ。しかも...ぼく個人の“私事(しごと)”は、積極的にメディアに働きかけるなど、これまで広報をしたことがない。

生き方が“面白がられている”証拠だろうか!?

ぼくの仕事/私事(しごと)は、そんな特別なことではない...都会には“ごまんと”ある。正直なところ、遠隔ではやりにくい職種だが、「こうすればなんとかなるのでは?!」っと、なんとか工夫をしてこなしている。

今月から新たに

今月から、セキュリティコンサルティングのLRM株式会社の広報サポートが始まり、ちょこちょこと東京への一人旅が増える予定!

LRM代表・幸松さんとは気が合いそうなので、一緒に仕事できるのは楽しみだなぁ。

今年もワークスペースとリビングが搭載された“動く拠点”ハイエースが活躍しそうだよ。

カーネル 表紙 撮影

関連記事

  1. 今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 今日発売の雑誌「田舎暮らしの本」(2015年5月号)に2ページカ…
  2. 穴水町 岩車 キリコ祭り メディア掲載:北國新聞と中日新聞にキリコ祭りの田舎体験の記事
  3. メディア掲載: 中日新聞 社会面にCarstayとの取り組み『能…
  4. 今日 夕方放送 石川県内テレビのニュース番組で約10分の「バンラ…
  5. hiace campervan annex family wagon c アネックス ファミリーワゴン ハイエース メディア掲載: トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年…
  6. 日経ビジネス 製造 リショアリング メディア掲載: 日経ビジネス 「光るコメント」
  7. 田舎バックパッカー、9月11日発売の八重洲出版「大人のクルマ旅」…
  8. リクルートグループ住宅情報系大手メディア「Suumoジャーナル」…

コメント

Pickup Post

ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. スザーンロス
  4. 神山 ヒッピー

ランキング

PAGE TOP