田舎パックパッカー、クルマ旅雑誌「カーネル」表紙に“ゆる~く”登場! INAKA Backpackers on the front cover of “CarNeru” travel magazine

能登・穴水町岩車(石川県) – さてさて、田舎旅するパックパッカーのぼくとファミリーメンバーがクルマ旅 雑誌「カーネル vol.25 2015夏」の表紙に“ゆる~く”登場した。

Iku’s on the front page of “CarNeru,” a RV or camping car travel magazine!

カーネルの表紙に登場

バックパッカーの“動く拠点”を活用して、「どんな風にクルマ旅や車中泊を楽しむか」がコンテンツになっている雑誌。

ぜひぜひ、こちらから購入を!

←どんな雑誌なのかはこちらから!

●クルマで遊牧民的なライフスタイルもいいんじゃない?

“移動型定住”ってのも悪くないなぁ。これぞ本当の“移住”!?

ハイエースが“家”仕様になっているってどういうこと?

クルマ旅生活...興味はあるなぁ~

●クルマ旅どこでどうやって寝るの?快適?

●楽しいクルマ旅で旅費を抑えたいなぁ。

●クルマ旅を快適にするアイテムは?夏暑いし冬寒くない?

●ハイエースがキャンピングカー化?クルマ旅?

“密かに”思っているみんな、これを機に一冊どうかな?

参考になるテクニックや旅先が載っているよ。

「カーネル」表紙の撮影場所

表紙の撮影場所は、ここ能登・穴水町岩車の漁港。

撮影のために、カーネル/TRAMPIN’編集長の大橋保之さんと、カメラマンの岡野朋之さんが忙しいところ、約5時間かけて、北陸新幹線とのと鉄道に乗り、遙々 東京から能登・岩車まで駆けつけてくれたのだ!

“動く拠点”ハイエース、旅に欠かせないバックパック、海を背景に、地元・漁師の川端勝男さんの真牡蠣と一緒にパチリと撮影。

能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影 Front page photo shoot in Iwaguruma, Noto.

能登・穴水町岩車(石川県)での「カーネル」表紙 撮影 Front page photo shoot in Iwaguruma, Noto.

そして「旅を楽しみ、美味いビールで一日を締めくくりたい」という背景からテーブルには“ゆる~く”クラフトビール!

クラフトビール王国 長野から「オラホ」のペールエールとキャプテンクロウ。とにかく味わいある極上のクラフトビール。まだ載せていないが、能登から遥々、本拠地がある長野県東御市のオラホヘ行き、ホップ狩り体験に参加するほど...とにかくうまい!

旅雑誌「カーネル」は旅仕様のクルマを活用すると

●「どうやって旅を楽しめるか!」

●「どんな旅先があるか!」

●「どんな場所に泊まれるか!」

●「クルマをどんな装備にしたらクルマ旅を楽しめるか!」

などが主なコンテンツとなっている雑誌。

クルマ旅雑誌「カーネル」表紙に登場する“田舎バックパッカー”

クルマ旅雑誌「カーネル」表紙に登場する“田舎バックパッカー”

「今夜、“カーネル?”」「カーネル」ってどんな意味なの?

ちなみに「カーネル」は、「カー=Car」と「ネル=寝る」の造語で、釣り人たちが使っている“専門”用語。

釣り人たちは夕方ごろから、釣りをして、その後眠くなったら、クルマで寝ることが多い。そんなとき、仲間同士で「今日、“カーネル?”(クルマで寝る?)」とコミュニケーションをとるそうだ。

「カーネル」の出版社は地球丸。多くの人に知られている雑誌は「天然生活」。

最近は軽自動車のキャンピングカー“軽キャンパー”スタイルが人気だったりと、キャンピングカーが需要は増えている。ハイエースがベース車両のキャンピングカーはちょっぴり高額なので、将来の“夢”クルマと位置づける人が多いようだ。

クルマ購入・・・どうせなら楽しいクルマがいいよね。

特にこのカーネル!先頭特集を担当しているのは大友人の稲垣朝則さんが担当。稲垣さんは“クルマ旅”専門家として、地道に長い道のりをこつこつと一人覚悟して歩んできたんだよね。

今回の表紙登場の件、彼には内緒にしていて、「今月、手元にサプライズプレゼントが届きますから!」と伝えているから、今ごろ、驚いているんだろうなぁ。(笑)

ちなみに夏号のカーネルの特集スポットは“日本の海外”「北海道」。北海道と言えば“札幌”などをイメージしてしまうが...北海道は計り知れないコンテンツ/魅力があるんだよね。

余談...バックパッカーのメディア登場の“ぼやき”

田舎へのバックパッカー旅を始めて、最初に登場したのは実は「日本経済新聞」。

今回の表紙登場を機に、これまでのメディア露出を振り返ったわけだけど、それにしても...初めてのメディアが日経とは、広報という職業柄、いきなり“ありえない”と我ながら...驚き。

っが...“中川生馬”として“広報力”を積み重ねてきた成果だろうか!?

その後、ちょこちょことメディアに登場させていただき、“動く拠点”がハイエースということから、トヨタ自動車ホームページのハイエースコーナーにまで紹介された。

そのとき(2012年9月)に…すでに「移動型定住スタイル」について語っているとは…

●日経の記事はこちら 人生、後悔したくない 震災半年、変わる若者

●トヨタ自動車ホームページの紹介記事はこちら

一組織や会社としてならわかるが、フリーランス/バックパッカー/個人として登場しているわけだ。しかも...ぼく個人の“私事(しごと)”は、積極的にメディアに働きかけるなど、これまで広報をしたことがない。

生き方が“面白がられている”証拠だろうか!?

ぼくの仕事/私事(しごと)は、そんな特別なことではない...都会には“ごまんと”ある。正直なところ、遠隔ではやりにくい職種だが、「こうすればなんとかなるのでは?!」っと、なんとか工夫をしてこなしている。

今月から新たに

今月から、セキュリティコンサルティングのLRM株式会社の広報サポートが始まり、ちょこちょこと東京への一人旅が増える予定!

LRM代表・幸松さんとは気が合いそうなので、一緒に仕事できるのは楽しみだなぁ。

今年もワークスペースとリビングが搭載された“動く拠点”ハイエースが活躍しそうだよ。

能登・穴水町岩車産の最高の牡蠣

能登・穴水町岩車産の最高の牡蠣

ohlaho-beer-015

長野県東御市 - 2014年8月、オラホビールのホップ狩り体験で元職場のメンバーとたまたま出会う。今年も開催されるらしいので、また参加したいところ

長野県東御市 – 2014年8月、オラホビールのホップ狩り体験で元職場のメンバーと偶然出会う。今年もホップ狩り体験が開催されるらしいので、また参加したいところ

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



2件のフィードバック

  1. 2015-06-20

    […] これはもしや!ぼくらが表紙に載っているからか!?(表紙登場に関するストーリーはこちら) […]

  2. 2016-10-23

    […] 実はぼく…この前の雑誌表紙に登場させてもらったんだけど、企業のホームページに載るのは二回目で、トヨタ自動車のハイエースのページにも登場している。 […]

コメントを残す