奥能登の田舎/地方に咲くとんでもなく“普通じゃない”巨大ツツジ ~ “能登のツツジ”を甘く見てはいかんわいね。ツツジで花見!? ~

「躑躅(ツツジ)...どうせその辺でよく見る“あのツツジ”でしょ?!」と思っているひとびと...

能登のツツジを甘く見てはいかんのですよ

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。珠洲の前家にて。

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。珠洲の前家にて。

能登のツツジは“普通じゃぁない”。どでかくぼくの身長を余裕で越える2メートル前後で巨大だ。ツツジの大御所『能登キリシマツツジ』は大人の身長を余裕で超す。

東京など、都会で頻繁に見かける“あのツツジ”ではない...都会のストリートや公園に咲くツツジとは大違い。

能登でツツジは“花見”的存在になり、穴水町・珠洲市・能登町・輪島市で「能登キリシマツツジ」を咲かせている50か所以上の民家を中心に「オープンガーデン」まで開催される。2008年から奥能登全域で開催していて、それほど、奥能登では“名物”イベントなのだ。

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。キリシマ園 猿見家にて。手入れは大変だろう。

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。キリシマ園 猿見家にて。手入れは大変だろう。

その時期になると、能登キリシマツツジを手入れし続けている民家が、その庭を一般に開放する。

そう!手入れをするほど!しかも、一民家で手入れをしている“数”も半端ない。

東京の膝元サイズのツツジとは比にならない。

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。珠洲の前家にて。能登キリシマツツジ山...すごい景色である

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。珠洲の前家にて。能登キリシマツツジ山...すごい景色である

なんでこんなにでかいの?!」って?
それは...その種のツツジだからね...なんとも回答しづらい。九州・鹿児島と宮崎の県境にある霧島山から全国に拡がったようだ。

時期は4月下旬ごろから5月中旬。ゴールデンウィーク中の涼しい時期、能登キリシマツツジを巡る能登への田舎旅も楽しいだろうね。

田舎には隠れた“なにか”がホント沢山あるよ。

能登への田舎旅...詳細はまた別途載せていこうと思う。

奥能登の「能登キリシマツツジ」。ここまで多くのキリシマツツジがあるのは全国でも奥能登だけ。とにかく大きなツツジだよ。2008年から奥能登全域で開催していて、それほど、奥能登では“名物”イベントなのだ。

奥能登の「能登キリシマツツジ」。ここまで多くのキリシマツツジがあるのは全国でも奥能登だけ。とにかく大きなツツジだよ。2008年から奥能登全域で開催していて、それほど、奥能登では“名物”イベントなのだ。

奥能登の「能登キリシマツツジ」「オープンガーデン」の池上家(珠洲市大谷)からの眺め。ここには八重桜も咲いていて里海が見える絶好の景色。

奥能登の「能登キリシマツツジ」「オープンガーデン」の池上家(珠洲市大谷)からの眺め。ここには八重桜も咲いていて里海が見える絶好の景色。

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。穴水町の明楽寺 (みょうらくじ)のキリシマツツジ

奥能登の「能登キリシマツツジ」の「オープンガーデン」イベント。穴水町の明楽寺 (みょうらくじ)のキリシマツツジ

 
 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

●スポンサーリンク

 



2件のフィードバック

コメントを残す