二話目:バックパッカーが移住した能登がロケ地のNHK朝ドラ「まれ」開始同日に…のと鉄道観光列車「のと里山里海号」大公開

さて、今朝からNHKの朝の連続テレビ小説「まれ」から始まった。

今日のNHK朝ドラ「まれ」の放送開始や、北陸新幹線の金沢駅開業を意識したのだろうか、テレビとは違うリアルな世界 奥能登の玄関口となる穴水で、奥能登への列車旅 唯一の“足”を走らせる のと鉄道が4月29日から運行開始予定の新型観光列車「のと里山里海号」の内部を報道関係者/メディア向けに公開した。

のと鉄道 観光列車 のと里山里海号 アテンダント 撮影

【のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」 メディア向けに内部公開】

朝ドラ「まれ」の他には…

約2週間前の3月14日には北陸新幹線の金沢・富山と長野間が開業。

そして、今日から「まれ」がスタート。石川の“ざわざわ感”が、金沢から始まり、奥能登へと拡大しようとしている。

既に、先月2月28日、能登半島先端の珠洲の二三味珈琲(にざみこーひー)をモデルにした映画「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら」の上映が始まっている。

3月22日からは、穴水町から始まり、輪島など奥能登エリアの会館で能登杜氏(のととうじ)/酒造りを“超”深堀りしたドキュメンタリー「一献の系譜」(監督: 石井かほりさん)も上映開始した。

映画 さいはてにて ロケ地 コーヒー

【能登・珠洲 – 映画「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら」のコーヒーの“蔵”はある。モデルとなった二三味珈琲(にざみこーひー)だ。】

一献の系譜 監督 石井かほり

【能登杜氏(のととうじ)/酒造りを“超”深堀りしたドキュメンタリー「一献の系譜」監督 石井かほりさんと】

また、のと鉄道の他、JR西日本は今年(2015年)10月から、七尾線の金沢駅から和倉温泉駅間に超豪華な観光列車「花嫁のれん」を運行開始する。

この列車に込めた想いには、女性の幸せを願う「恋路海岸」や夫婦岩と称される「機具岩(はたごいわ)」、日本3大パワースポットで能登半島先端にある「聖域の岬」など、能登の観光スポットがイメージされている。

 

能登ブームは再来するのか?!

これらは、奥能登にとって、“能登ブーム”の火付け役の“一歩”になることだろう。特に朝ドラの影響は大きい。2014年のNHK朝ドラ「あまちゃん」の舞台となった岩手県は、その経済効果は「44億6600万円に上る」との試算結果を公表している。田舎/地方にとっては大きな額だ。

現状、まだまだ能登のほうは静かで…「盛り上がりはこれから徐々にか?!」という段階なのだろうが、これから春や夏を迎える能登にとっては、暖かい兆しが流れてきていることに間違いはない。

だが、前回のストーリーでも伝えたが、「流れを待つ…」など人任せ的な姿勢では好機をつかみとること...持続可能なブームをつくることは難しい。あとはどれだけ、地元が一歩踏み込み、このチャンスを活かせるのか… どれだけ能登全域が融合して、多くの人に“能登の偉大さ”を見せつけ感じてもらうか…にもかかってくるだろう。しかし...それを言うことは簡単だが、“実行”することは難しい。だが...一歩づつ「こつことつ進む」しかない。

のと鉄道 新型観光列車 のと里山里海号

【のと鉄道の新型観光列車「のと里山里海号」へ公開一日前に撮影させてもらった】

前段が相変わらず長かったが…そろそろ、のと鉄道の新型観光列車「のと里山里海号」の“中”へ入ろうではないか。(続きはこちら

NHK「まれ」と能登観光に関する商品はこちら

<前回のストーリー 『一話目: ぼくらが移住した能登が舞台/ロケ地 NHKドラ「まれ」開始同日に…のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」内部大公開 ~「まれ」はヒットする面白さなのか?!~』>

<次回のストーリー 『最終話:<動画あり>プライベートツアー映像と写真で見る のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」内部 大公開 ~これを見れば「のと里山里海号」のほぼ全てがわかる ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



1件の返信

コメントを残す