Noto Anamizu Noto Railroad - 能登 穴水町 のと鉄道

一話目: 能登がロケ地 NHK朝ドラ「まれ」開始同日に…のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」内部大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登・穴水町 - のと鉄道のNHK朝ドラ「まれ」ラッピング列車

今日からNHK朝の連続テレビ小説「まれ」が始まった。

「まれ」の舞台/メインロケ地はぼくらバックパッカーファミリーの移住先であるここ奥能登だ。

今日、のと鉄道はこのタイミングで新型観光列車「のと里山里海号」の中を公開した。

その話しの前にまずは…今日から始まった“能登でのドラマ”「まれ」だ。

のと鉄道 NHK ドラマ まれ ラッピング列車 桜

【能登・穴水町 – のと鉄道のNHK朝ドラ「まれ」ラッピング列車】

 

『まれ』はどういう物語なのか

「まれ」はウイスキー造りのストーリー「まっさん」に続く朝ドラで、ヒロイン・土屋太鳳(つちや たお)さん、常盤貴子さん、大泉洋さん、田中泯さん、田中裕子さんなどが出演する。

土屋さんがうたう主題歌『希空~まれぞら~』から始まった「まれ」の一話目は「“夢”という言葉は嫌い」「日々“こつこつ”の努力が大切!」と、まだまだ小学生で“若い”主人公・津村希(つむら まれ)の“ある意味”現実的な発言から始まるインパクトあるスタートだった。

のと鉄道 NHK ドラマ まれ ポスター

「日々こつこつ取り組むこと」を重要視する日本的文化から、このドラマから“やる気”が得られ、共感できそうなドラマという印象を受けた視聴者は多いのではないだろうか。

一つ言えば、「東京で失敗したから=田舎へ行く・移住/引っ越しする」という設定を気にする人もいるだろう。

だが、それよりも、「希のようなポジティブな姿勢と行動力」の内容のほうが、バランス的に大きかったので、そこまで気になる点ではなかったと思う。

のと鉄道 NHK ドラマ まれ ポスター

【奥能登が舞台のNHK朝の連続テレビ小説「まれ」】

「1+1=100にはならない。一歩づつ、そして地道にコツコツ働く」の希の一歩踏み込む姿勢に加え、田舎への移住や、里山里海の自然が身近にある暮らし/ライフスタイルなど、今の時代が必要としている要素や理想をもろもろ取り込んでいて、最近の社会動向から「これはヒットになりそう」な気がした一話目だった。

その他、希の家族が役場へ行き、もろもろ話しに食い違いがあった点、田舎での空家賃貸の難しさが描かれていた内容にも田舎移住の現実味があった。

また、不思議な点としては…そんな“ポジティブな姿勢”について、つい昨日、書いたばかりだったので、ぼくにとってはなんとなく“縁”を感じる一話目でもあった。(昨日書いた内容についてはこちら

 

『まれ』のロケ地

「まれ」の町「外浦村(そとらむら)」の舞台/ロケ地は、能登の輪島市大沢町、門前町皆月という地区だ。

のと鉄道 NHK ドラマ まれ 塩田

【能登・輪島 – 塩の駅 輪島塩。ここの塩は言うまでもなく天然の塩で、市販で売っている化学的につくられた“食塩”とはミネラル成分が全く違う。】

今日、「まれ」のエンディングに出てきた塩田はその地区に存在しない。これはおそらく輪島か珠洲の塩田で撮影されたものだろう。

そのあたり含め、これから能登全域への旅や、移住という観点から、田舎でのライフスタイルをどんどん紹介・特集していこうと思っている。(続きはこちら

のと鉄道 NHK ドラマ まれ ラッピング列車 桜

能登 里山里海号 アテンダント 中川結花子

<前回のストーリー 『能登・穴水町岩車の田舎/地方へ移住してあと少しで2年… ぼくは田舎暮らしが難しいと思っているのか?』>

<次回のストーリー 『二話目:ぼくらが移住した能登が舞台/ロケ地 NHK朝ドラ「まれ」開始同日に…のと鉄道 新型観光列車「のと里山里海号」内部大公開 ~ 能登ブームの兆しか?! ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 横石知二 葉っぱ 上勝町 “葉っぱ”ビジネスと国内の地域活性のリーダー横石知二さん、能登へ…
  2. 能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」 <写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2…
  3. 輪島 金蔵 万燈会 写真 輪島“金蔵万燈会”とお寺音楽 ライブへ ~ 田舎の村がロウソクの…
  4. スザーンロス 輪島 イギリス day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとCli…
  5. Lacquer art in Wajima Japan 漆 輪島塗 芯漆 木地などの下地未使用 100%日本産漆のみで作った『芯漆』美術品…
  6. 輪島 龍昌寺 柿渋染め Wajima Ryushoji temple self-sufficiency lifestyle experience <写真で見る>田舎体験 3日目 番外編 龍昌寺での藍&柿渋ファッ…
  7. 輪島 金蔵万燈会 ライブ 2016年の『金蔵万燈会(まんとうえ)』と音楽ライブ / Kan…
  8. 龍昌寺 村田啓子 keiko murata ryushoji wajima yoromi noto 能登・与呂見村の“ユニーク”な寺『龍昌寺』の『藍染』 金沢21世…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 田舎で仕事: 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  1. バックパッカー 石川県 日本
  2. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  3. オレゴンコースト 歩く
  4. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  5. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP