Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登の里山には自然な食材が豊富 ~ 庭に咲く蕗の薹(フキノトウ) ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
能登・穴水町岩車(石川県) - 今まで気づかなかったけど、まさかこんな身近に...家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲くとは。来年は料理するだろうなぁ。ここから蕗が咲いて保存食もできるそうだよ

能登・穴水町 岩車(石川県) – “能登の里山里海”で能登は世界農業遺産に認定されている。この里山には驚かされるね。

2013年5月ごろ能登に移住して、あと少しで2年が経つんだけど、移住先の古民家の庭に、蕗の薹(フキノトウ)が顔を出しているに気づいたよ。

能登・穴水町岩車(石川県) - まさかこんな身近に...家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲いているなんて、里山の力...食材が豊富な証だね

能登・穴水町岩車(石川県) – まさかこんな身近に…家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲いているなんて、里山の力…食材が豊富な証だね


2013年から2014年の今頃は…徳島県上勝町に月の半分いたせいか、庭の手入れが中々できずで、気づかなかったんだけどね。

「フキノトウ=山にある」ってイメージだったんだけど、まさか、家の庭に咲いているとは思ってもいなかったよ。
田舎には本当に安心できる自然な食材が隣にある…食材は体を形成する重要なもの、安心した“食”を体に取り入れたい。
子どもにもまずは、そのままの“自然”から味わってほしいという想いも田舎移住の一つの理由。

自然からできる“安心な食材”が自分の家の隣にあるってことは心からいいなぁっと思うよ。

今年は、新田さん宅の畑の手伝いだけでなく、この庭で家庭菜園的な畑をする予定だけど、このフキノトウが咲いている一角は荒らさないように開けておこうかと思うよ。

能登・穴水町岩車(石川県) - 今まで気づかなかったけど、まさかこんな身近に...家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲くとは。来年は料理するだろうなぁ。ここから蕗が咲いて保存食もできるそうだよ

能登・穴水町岩車(石川県) – 今まで気づかなかったけど、まさかこんな身近に…家の庭に蕗の薹(フキノトウ)が咲くとは。来年は料理するだろうなぁ。ここから蕗が咲いて保存食もできるそうだよ

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



関連記事

  1. Ishikawa ALT gathering 石川県 英語教師 留学 サポート バーベキュー 能登の限界集落が“海外”になった日
  2. Hiace solar panel ハイエース ソーラー Solar Panel on My Campervan / 再生…
  3. 能登での田舎暮らし:雪遊びを楽しもう
  4. 東京から能登へ 糸魚川 経由 『ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験』冬の“能登の里山里海” …
  5. 石川県 穴水町 岩車 積雪 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車で今年初の積雪
  6. 能登 石川県 北陸 スタッドレスタイヤ 今年もそろそろスタッドレスタイヤに履き替え時期…
  7. 去年稲刈りした約90キロの籾が約40キロの玄米に
  8. anamizu local government 穴水町 役場 『地方自治体なんてそんなもん』なのだろうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima 能登で田舎暮らし希望 ドイツ出身で19歳のアルチャと輪島の龍昌寺、穴水の空家見学へ wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP