Media / PR - メディア掲載

クルマ旅雑誌にハイエースを拠点にしたバックパッカー旅スタイルが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

能登・穴水町岩車 – さて、ぼくら田舎バックパッカーのハイエースを“動く拠点”とした田舎旅スタイルが、「カーネル vol.21 2014夏 ―車中泊を楽しむ雑誌」にカラー4ページで載っている。

ぼくらバックパッカーが「カーネル vol.21 2014夏 ―車中泊を楽しむ雑誌」に登場

ぼくらバックパッカーが「カーネル vol.21 2014夏 ―車中泊を楽しむ雑誌」に登場

紹介されている“スゴイ”田舎旅のクルマはアネックス社がトヨタ・ハイエースのワゴンGL(全長約480センチ×全幅約190センチ×全高約210センチ)をカスタマイズしたキャンピングカー「ファミリーワゴンC」だ。

ぼくらの「ファミリーワゴンC」は通常のものがさらにカスタマイズされ、モバイルな“ワークスペース”と“リビング”をコンセプトにつくられている。(「ファミリーワゴンC」についてはアネックスのホームページこちら

タイトルは「移動型オフィスも兼ねたアウトドアライフのベース基地」 もちろん結生ちゃんも登場している

タイトルは「移動型オフィスも兼ねたアウトドアライフのベース基地」
もちろん結生ちゃんも登場している

取り上げられている内容に、ぼくらのモバイルガジェット、アウトドアなどの旅に便利なグッズ、“動く拠点”の装備や活用方法が載っている他、その“動く拠点”のベースとなっているハイエースがカスタマイズされた全工程を取材・撮影するために、一昨年まで住んでいた神奈川から、アネックス社の工場がある徳島県鴨島(かもじま)までのぼくらの田舎バックパッカー×スクーター(原付)旅の秘話についても掲載されている。

2ページ目には神奈川から、ハイエースをカスタマイズしているアネックス社の工場がある徳島県鴨島への原付バックパッカーのストーリーが載っている。約650キロの道のりをひたすら原付で...

2ページ目には神奈川から、ハイエースをカスタマイズしているアネックス社の工場がある徳島県鴨島への原付バックパッカーのストーリーが載っている。約650キロの道のりをひたすら原付で…

スクーター(原付)はリッター40~50キロと燃費/エネルギー効率がとにかく素晴らしい。狭い道もスイスイと進むことができる。乗り物のサイズと燃費を考えると、旅の友としてはかなりお薦めな乗り物だ。

バックパックを担いで乗っても、座席が広いのでバックパックを後ろに座らせている感覚で走れるので、肩への負担は軽い。っが…やはり長距離を走ると疲れる。左右の肩どちらかに片寄らないよう、バランスよく肩と座席にバックパックを座らせることが一番のポイントだ。

しかし、ハイエースがベースとなっているファミリーワゴンCは、サブバッテリーと電源、デスクなどがあるワークスペース、フルフラットのベットや二段ベットにも展開できるリビング、そして強靭なボディを備えており“動く拠点”としては最高である。

そして、原付とは比較にならないほどの積載量だ。まぁ、言うまでもないが、エネルギー効率/燃費は、リッター6~7.5キロ程度なので…原付とは比較にならない。

「カーネル」は全国書店や、以下のとおりAmazon.co.jp
や楽天などのオンラインストアで購入することができる!

この雑誌内に、このブログだけでなく、新たなホームページ内容が紹介されている…早くコンテンツ制作に取り掛からなければ…

ちなみに、ぼくらより前のページに登場しているのは、トヨタのプリウスをクルマ旅と車中泊に活用し、全国を旅している人だ。プリウスのサイズから、荷物を積めると、一人向けのサイズになってしまうと思うが、より多くの人に親しみやすい車種だろう。

より一般的に乗用車として活用されているクルマがどのようにして、クルマ旅と車中泊用に活用されているのか見るのも参考になるだろう。

「ディスカバージャパン 日本の田舎にはよいところがたくさんある!」 これからもぼくら田舎バックパッカーのニッポンのスゴイ田舎への旅は続く…

「ディスカバージャパン 日本の田舎にはよいところがたくさんある!」
これからもぼくら田舎バックパッカーのニッポンのスゴイ田舎への旅は続く…

ぜひ、詳細内容を「カーネル」でチェックしてほしい。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. vanlife on bepal メディア掲載: 令和元年に『BE-PAL』登場 – …
  2. 北國新聞に登場 「移住男性『穴水おいで』首都圏の友人ら50人招待…
  3. 今日 夕方放送 石川県内テレビのニュース番組で約10分の「バンラ…
  4. 日本1周 えりたく夫婦 ユーチューブ メディア掲載: スズキ軽ハスラーで日本一周夫婦のユーチューブ「え…
  5. シンギュラリティ大学 ピーター・ディアマンディス Singularity University Peter Diamandis シリコンバレーとロンドンへのバックパッカー“私事”旅での取材内容…
  6. Connor Jessup Yui Boys by Girls メディア掲載:カナダ出身の映画俳優/監督コナー・ジェサップ執筆雑…
  7. 穴水町 岩車 キリコ祭り メディア掲載:北國新聞と中日新聞にキリコ祭りの田舎体験の記事
  8. 米国人一家 水揚げ体験 穴水 能登かきに舌鼓 能登地方を家族旅行で訪れた米国人三人が三日、穴水町岩車で、旬を迎えている特産「能登かき」の水揚げ作業を体験し、日本の漁業や食文化について理解を深めた。参加したのは金沢市内の高校で外国語指導助手(ALT)を務めるパトリック・ケイレブ・フレンドさん(26)と、米国・テキサス州から初めて来日した父親のパトリック・フレンドさん(51)、母親のエイミー・フレンドさん(51)。能登半島で体験型の旅を企画している中川生馬さん(40)=岩車=が協力した。三人は二日、同町に到着し、殻が付いた能登かきのバーベキューや、地元産のワインや日本酒を味わった。翌三日、漁師の河端譲さん(45)=同=が養殖しているかき棚でいかだにつるされたかきを引き上げた。漁師の仕事に強い関心を寄せ、複数に固まったかきを一つずつばらす作業も熱心に行った。パトリック・ケイレブさんは「日本の昔ながらの文化を楽しく体験できた」と喜び、父親のパトリックさんは「漁師の仕事の大切さや大変さを知ることができた。素晴らしい時間だった」と顔をほころばせた。エイミーさんは「かきの殻に残った汁に日本酒を入れて飲んだのがおいしかった」と通な飲み方を気に入った様子だった。三人は四日、帰路についた。(田井勇輝) メディア掲載: アメリカ・テキサス州出身の一家 能登・穴水町で田…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして 車載 炊飯器 Cook rice in a car バンライフ&車中泊アイテム: クルマで炊飯ってできるの?! su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP