雪降る能登…石川県穴水町のバス停で…ドイツ&フランス人 ハーフのバックパッカーに話しかけてみると…?! ~ 海外旅人向け『“ざっくばらん”すぎる田舎ライフスタイル体験in能登』 ~

3月8日(土)昼頃、ぼくらは“動く拠点”であるハイエースがベースのファミリーワゴンCで、能登・石川県穴水町(あなみずまち)地元のスーパー「どんたく」と、ホームセンター「コメリ」へと走った。

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま) – 最近では、相撲の東前頭筆頭の遠藤関で有名になってきている町だ

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま) – 最近では、相撲の東前頭筆頭の遠藤関で有名になってきている町だ

このストーリーはそこへの”道のりでの出来事。

「どんたく」付近のバス停を通り過ぎると…
「あぁ~あぁ~、こりゃ~ほっとけない」という気持ちで…

海外出身らしきバックパッカーがいたねぇ~…

「どうすっかね」
「まぁ、面白そうだね。話しかけてみるかぁ」

…っというぼくらバックパッカーならではの“いつもの”展開になった。

バス停を約100メートルほど通り過ぎたが…
クルマをUターンさせ、バス停へと戻った。

“小降り”の雪の中、ドイツとフランス人ハーフのバックパッカーがバス停で輪島行のバスを待っているではないか。ただ…輪島行のバス停はここではないような気もするが…

Where are you going to?(どこへ行くの?)

とぼく。

「Going to Wajima! Waiting for a bus to Wajima!(輪島へ行きバスを待っているんだよね)」と彼。

「Well, we moved to this area Anamizu last year. If you are interested, do you wanna see Anamizu area first?(最近、穴水に移住したんだ。もし良かったら輪島へ行く前に穴水散策でもどう?)」っと…ぼくら自身が移住したほどの町ということからも、能登全体や穴水町の良さをアピールしていきたいところ。

「OK!」と乗りの良い彼。

っと、まぁ、“ざっくり”だが、そんな会話が交わされたわけだ。

日本だったら、“ナンパ”感覚だが、海外ではそんな風に声をかけることは日常茶飯事。
“田舎”…誰もが挨拶を交わすし…そんなスタイル…ありだろう。

まぁ、ぼくらバックパッカーの場合、そんな挨拶や声がけが倍増するわけで、とにかく発見が多く、まだまだこのサイトに載せられないほど、豊富なコンテンツだらけの毎日になってしまう…

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま) – ドイツ出身のバックパッカーJean-Marie Schloemer。通称JM 。これから穴水での『“ざっくばらん”すぎる田舎ライフスタイル体験』が急遽始まった

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま) – ドイツ出身のバックパッカーJean-Marie Schloemer。通称JM 。これから穴水での『“ざっくばらん”すぎる田舎ライフスタイル体験』が急遽始まった

その彼の名前はJean-Marie Schloemer。通称JMだ。どうやら、もともと、世界最大級の会計・監査法人のデロイト・トウシュ・トーマツでコンサルタントなどをしていたそうだ。しかし、コンサルは…寝られないことが多いのが基本。忙しすぎる会社生活を離れて、バックパッカー旅を開始、これからなにをするかは模索中のようだ。日本への移住も視野に入れている。

さてさて、JMを誘ったのは良いが…一体なにを見せるのか…っと自分。

まぁ、これから考えればいいじゃないか!

よし!とりあえず、ぼくらが住む穴水町・岩車の新田信明(にった のぶあき)さんに相談してみるか!っと電話するが、不在。新田さんについては何度も書いているが、彼は穴水町内の熱血 議員だ。

とりあえず、コメリと、どんたくへ行き、JMも一緒に買い物だ。ヒーターやボイラー用の灯油や、魚などを購入して、ぼくらが住む岩車(いわぐるま)へと戻る。

「おっと!今の時期といえば牡蠣だろ!」と思いつつ、「新田さん宅の倉庫で牡蠣BBQできないかなぁ~」と勝手に、今晩のことをイメージしながら、再度電話してみると…

「今ね、田舎時間(NPO)の人たちが来て、これから牡蠣体験へ行くんですよ」と新田さん。

「それは、すごいタイミングですねぇ!実はさっきね…どんたく付近のバス停で…」と事情を説明して、急遽、JMも参加することに。

タイミングもばっちり!体験では、牡蠣の水揚げ…牡蠣の洗浄作業を…そして牡蠣BBQ!到着早々…いきなりもろもろ話しが進み、JMはニコニコと笑顔で“流れに任せる”モード。旅慣れている感じだ。

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – これから牡蠣の水揚げ体験作業をするJM

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – これから牡蠣の水揚げ体験作業をするJM

最近、なにかと、この“必然的なタイミング”には驚かされているぼくらだ。なにかをしようとすると、パッと!目の前に現れるのだ。(そんな最近の“必然的”なエピソードについてはこちら

そんなこんなで…
徳島でのビッグな田舎プロジェクト/イベント「ニッポンのすごい田舎の“普通じゃない”お話」を終え、福岡からこのイベントに参加してくれたのりさん(外崎宣宏さん)への上勝案内後、能登へと戻り、荷卸しを終わらせたぼくら…

JMとの出会いは、ちょっと落ち着ついて、「“山積み”状態の“私事(しごと)”を始めるぞぉ~!」と思っていた矢先の出来事だった。

JMと出会って約1時間しか経っていないが、急遽、外国人向けの「ニッポンの“田舎でのライフスタイル体験”」飛び込み!企画の開始となった!

っが!正直、“私事”が…たまっている自分。今、東京のITベンチャーでTeachmeを運営するスタディスト社のプレスリリースを2本、書かなければいけないのだ!その後、取材アプローチもしなければ…!

山積みの仕事を抱えるぼくなので…“田舎体験”の分担作業というわけで…牡蠣の水揚げ作業の場所にJMを連れていき、新田信明さんに水揚げ体験を任せたわけだ!

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – 牡蠣の水揚げ作業体験をした後は…

能登・穴水町椿崎(あなみずまち つばきざき)のマリーナ – 牡蠣の水揚げ作業体験をした後は…

なかなかこれは良い“旅人向け田舎ライフスタイル体験”トラベラーズハウスになるのでは…っと考えた。ただ泊まる部屋はうちらが提供し、あとは地元の人たちと連携するだけのシンプルな構想だ…

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 出会って早々、焼き牡蠣(カキ)のバーベキュー。フランスの牡蠣とは違い、日本の牡蠣には身が沢山詰まっていて、デリシャスだそうだ!

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 出会って早々、焼き牡蠣(カキ)のバーベキュー。フランスの牡蠣とは違い、日本の牡蠣には身が沢山詰まっていて、デリシャスだそうだ!

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 今年の牡蠣も美味しかった…

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 今年の牡蠣も美味しかった…

そんなことを考えながら…JMの穴水での田舎体験がすすんでいった。

翌日、輪島・三井の“100円温泉”、イギリス人漆塗り作家のスザーン・ロスさんとお話しし、七尾のカフェ「遊帆(ゆうほ)」へ、夜は能登鉄道の東井 豊記(とおい とよき)さんも交えて、鍋と地酒だ!

能登・七尾 – カフェ「遊帆(ななお ゆうほ)」にて、またまた牡蠣が…昨晩とは違い、生牡蠣の上に三種類のスパイスをトッピング。またこれが旨い!牡蠣は遊帆の隣の宮本水産の牡蠣

能登・七尾 – カフェ「遊帆(ななお ゆうほ)」にて、またまた牡蠣が…昨晩とは違い、生牡蠣の上に三種類のスパイスをトッピング。またこれが旨い!牡蠣は遊帆の隣の宮本水産の牡蠣

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 今晩は穴水産の海草「アカモク」 これがネトネトしてうまいのだ!結生ちゃんもニコニコと旅人歓迎モード

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 今晩は穴水産の海草「アカモク」 これがネトネトしてうまいのだ!結生ちゃんもニコニコと旅人歓迎モード

そして10日(月)、スザーンさんがJMを輪島や、映画「ゼロの焦点」のロケ地にもなり、源義経が兄の頼朝の追ってから奥州へ逃れる途中、48隻の舟を隠したという伝説がある「能登金剛(巌門(がんもん)・ヤセの断崖)」などへ連れていき、能登案内!

その後、ぼくらは、輪島のスザーンさん宅までJMを迎えに行ったわけだが、スザーンさんは結生ちゃんにようやく会えて大感激!

能登・輪島 – 翌日、スザーン・ロスさんがJMを連れて能登を案内。結生ちゃんとスザーンさん

能登・輪島 – 翌日、スザーン・ロスさんがJMを連れて能登を案内。結生ちゃんとスザーンさん

11日(火)朝、JMを金沢・内灘(うちなだ)まで送っていき、彼は東京へ向かった。

もちろんぼくの出身である“都会の小さな田舎”鎌倉内にある“穴場”、四国88カ所巡り、祖谷(いや)(徳島県)も面白いかも!?っと…四国、「五島列島、大分の海岸、阿蘇とか、九州もいいぞ!」と、全国のあらゆる“田舎”スポットも薦めた。

外国人へも「ニッポンの田舎はいいよ~!いいよ~!」とトークは相変わらず田舎ばかり…

その後のJMからのメッセージによると、鎌倉は次回、祖谷へは行ったが微妙な時間だったので、途中で祖谷を離れ、九州・阿蘇などへと旅立ったそうだ。

そして、今頃、JMは台湾で遥々ドバイから飛んできた彼女と落ち合っているはずだ。

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 左から新田信明さん、JM、ぼく。

能登・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)- 左から新田信明さん、JM、ぼく。

ぼくらは現在またまた、穴水を離れ、現在 上勝町(徳島県)にいる。上勝に到着早々、隠岐諸島・海士町(あまちょう)へ飛び、上勝へ戻ったと思ったら今度は東京へ日帰りで…。そんな“旅”が繰り返されているわけだ。

上勝での滞在も今月で一段落。やらなければいけないことを終わらせて、能登へ戻れるように頑張ろう!

能登・穴水町 比良(あなみずまち びら)- 中居湾のポケットパークにて。湖のように穏やかな七尾北湾。背景にあるのは「ぼら待ちやぐら」。穴水の象徴でもあるがあまり知られていない…「そもそもボラって…?!」と思う人も多いのではないだろうか。

能登・穴水町 比良(あなみずまち びら)- 中居湾のポケットパークにて。湖のように穏やかな七尾北湾。背景にあるのは「ぼら待ちやぐら」。穴水の象徴でもあるがあまり知られていない…「そもそもボラって…?!」と思う人も多いのではないだろうか。

能登・金沢市内灘(うちなだ)- 早朝、内灘でご飯を食べて、次の旅先 東京、四国、九州へと向かったJM。

能登・金沢市内灘(うちなだ)- 早朝、内灘でご飯を食べて、次の旅先 東京、四国、九州へと向かったJM。

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま)- 同じバックパッカーとして気になるバックパックの中身拝見!気になったのは、現代のバックパッカー旅に欠かせないIT/ガジェットアイテム。300冊の本が保存されているアマゾンの電子書籍端末「Kindle(キンドル)」、現在結花ちゃんも使っているHTC製スマートフォン「HTC Desire」(日本ではソフトバンク「X06HT」として知られる)、マイクロソフトの「Surface(サーフェス)」、カメラ用のメモリーカードなど

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま)- 同じバックパッカーとして気になるバックパックの中身拝見!気になったのは、現代のバックパッカー旅に欠かせないIT/ガジェットアイテム。300冊の本が保存されているアマゾンの電子書籍端末「Kindle(キンドル)」、現在結花ちゃんも使っているHTC製スマートフォン「HTC Desire」(日本ではソフトバンク「X06HT」として知られる)、マイクロソフトの「Surface(サーフェス)」、カメラ用のメモリーカードなど

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま)- 地図はGoogle Mapsを活用している。地域によってWiFiアクセスがないため、事前にGoogle Mapsの地図ダウンロード機能を使い、目的地の地図をダウンロードして、地図をオフラインで利活用している。

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま)- 地図はGoogle Mapsを活用している。地域によってWiFiアクセスがないため、事前にGoogle Mapsの地図ダウンロード機能を使い、目的地の地図をダウンロードして、地図をオフラインで利活用している。

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま) – これだけのアイテムをドイツ製deuter(ドイター)の65+10リットル級バックパックに詰めている。テント、寝袋、衣類、パスポート、サンダルなどなど。ぼくのバックパックも同じサイズのdeuter。

能登・穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま) – これだけのアイテムをドイツ製deuter(ドイター)の65+10リットル級バックパックに詰めている。テント、寝袋、衣類、パスポート、サンダルなどなど。ぼくのバックパックも同じサイズのdeuter。

 
■鎌倉のお薦めスポット

田舎バックパッカーが行く『秋』の鎌倉 穴場紅葉スポット『獅子舞』

「ここにいつか住みたい…」と思ってしまうカフェ“樹ガーデン” ~天空にカフェテラスはあった~

鎌倉バックパッカーコース 「ビブリア古書堂」で頻繁に登場する北鎌倉がベスト出発地点の一つ – 知る人ぞ知る 五話目で栞子が“蹴られた”ロケ地

 
■田舎バックパッカー旅ストーリーin四国&九州

四国編の一話目

day 42 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え…1 標高約1,200m以上の『山越え』開始

老若男女 誰もが見るべき実話に基づく映画「人生、いろどり」が全国上映! 「なぜこの映画を見に行くべきなのか…」 ~その舞台(ロケ地) 徳島県上勝町へバックパッカー+クルマ田舎旅~

映画「人生、いろどり」ロケ地 「江田家族の山」: バックパッカーが行く田舎旅 「上勝町」 ~ただの“茶”の香りじゃない…“晩茶”が香る…「かおり風景100選」の上勝晩茶「神田茶の里」、アート作品「もくもくもく」、「田野々の棚田」~

バックパッカー田舎旅の一話目

day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~“自身のブランド”を島で大胆に構築する荒木健吉さんとの出会い。荒木邸初公開~

day 31 愛媛県 怱那諸島の『怒和島』へ

day 86.2 ぼくらと同じ湘南エリア出身の移住者との出会い 五島列島・小値賀(おぢか)で ~小値賀で就農した“ぶうさん”のパートナー 美保さん~

day 86.3 “交番”で緊迫した“テント泊”交渉…成立なるか!? 五島列島の小値賀(おぢか)で

day 90.1 五島列島 野崎島 風を操る“遊船人”的ライフスタイルの菊池さんとの出会い ~無人島に2週間 海の上を拠点にする旅スタイル~

day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~

 
■その他、最近の出来事

ニッポンの「グローバル」を田舎で… “究極な田舎フリーランス”を目指して… ~今日の北國新聞に ぼくらバックパッカーに関する記事がデカデカと掲載されている?!~

北國新聞 『穴水発、田舎のススメ 「暮らしと自然、密着」 移住後、ブログで発信 神奈川県鎌倉市出身の中川さん』

トヨタのホームページにぼくら田舎バックパッカーが登場 ~クルマ旅…移動型ライフスタイルとは…~

田舎バックパッカー夫婦、9月11日発売の八重洲出版「大人のクルマ旅」(北東北版)で岩手・秋田・青森の“穴場”スポット紹介!

日本経済新聞の電子版にぼくらに関する記事が掲載 Nikkei Interviewed Us

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!
 

●スポンサーリンク

 

コメントを残す