“究極な田舎フリーランス”を目指して… ~ 今日の北國新聞に ぼくらバックパッカーがデカデカと?! ~

能登・穴水町岩車 – 今日(2014年3月5日)の北國新聞に、ぼくらバックパッカーファミリーに関する記事が大きく掲載されているようだ。

今は、“葉っぱ”ビジネスで有名な徳島県上勝町にいるので、実際の記事は見られていないのだが…「鎌倉出身・中川さん 穴水発 田舎のススメ」のようなタイトルになっていることを耳にした。

そんな背景から、ぼくはまだ記事を見ていない。

二つの軸

この記事のタイトルのとおり現在、田舎への“旅”と田舎での“ライフスタイル”の二つを軸にあらゆる活動を展開している。自分のライフスタイルに関する情報も発信していくつもりだ。

ブログや、4月中にオープンを予定しているホームページからの情報発信だけでなく、実際、田舎でのライフスタイルを体感することができるリアルな“場”も提供していく。

その一環として、現在、まだまだ実験中だが、岩車の議会議員の新田信明さん、地元の板金屋/素潜り漁師さん(伊豆田昭さん)、能登イベリコの酪農家(道坂一美さん)、地元の魚屋さん(渚水産の北川博幸さん)、コーヒー屋さん(遊帆のロキさん)さんなど能登の地元の人たちと密に連携させてもらい「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」も企画・実施している。

“田舎”ホームページ制作中

現在、独自制作を進めているホームページのトップ画面

現在、独自制作を進めているホームページのトップ画面

そして、これが4月中にオープン予定のホームページのトップ画面。田舎への“旅”と田舎での“ライフスタイル”を中心に、コンテンツを公開していく予定だ。また自身の能登でのライフスタイルの様子も載せていく。

グローバル…グローバル…と言われる時代、視点を拡大することは重要だが、海外だけでなく国内にもあらゆる「グローバル(世界)」が存在する・・・ことをどんどん発信していきたい。いわゆる、最近、言われるようになってきた「グローカル」だ。

しかしながら…独自で、ホームページを作成しているので、時間がかかっている。入り込むと、楽しいので…“ウェブデザイン”というのも自分に合っている“私事(しごと)”の一つにしていきたい。


「“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験」の映像

田舎へのバックパッカー旅から実感したように、ライフスタイルの選択肢は“今自身が過ごしているスタイルだけではない”ことを世の中に発信しつつも、リアルな現場も体感できるような場づくりをしていく予定だ。

なんとかやっていける“田舎人生”

東京での会社生活を離れ、田舎を中心にバックパッカー旅にでた。約2年の旅での移動距離は、徒歩・公共交通機関・クルマ・原付を合わせ約3万5000キロ。2013年5月から、能登での生活を開始した。旅を始め一気に収入はゼロだ。今は基本“フリーランス”として活動していて、暮らせる範囲の収入でハッピーな能登の田舎での暮らしを満喫している。

これまでの3年間…まだまだたったの3年だが、ゆっくりだけど、着々と自分たちが目指す未来へ向かっている自分らを見つめなおすと、「よくもまぁ、ここまでやってきたなぁ・・・」と感じる。

まだまだこれからすごい未来が待っていることを既に感じ始めているが、これだけの距離を“歩いた”かいがあった。

っと思う一方で…今“歩いている”のは、田舎で出会ったみんなの協力のおかげなのだ。

全ての“きっかけ”はイナ旅から…

これからも“究極な田舎フリーランス”を目指したい(笑)

今、徳島県上勝町にいるのも、田舎へのバックパッカー旅が全てのきっかけだ。一般社団法人マチのコトバ徳島の代表を務め、いろどりのスタッフでもある滑川里香さんとたまたま、上勝を歩いているときに出会い、意気投合。“田舎を元気にする”プロジェクトに声をかけてもらった。また、里香さんとの仕事も、自由~にもろもろやらせてもらっているので、自分にとっては、気分が良いしとにかく楽しい。里香さんにホント感謝。そんなこんなで今年3月末まで、半上勝・半能登のライフスタイルを送っているわけだ。

そしてもう一つは、物事のHow-to/マニュアルを簡単かつ分かりやすく写真つきで作成することができるウェブサイト「Teachme」を運営する東京のITベンチャーの広報を、能登…もしくは“旅先”からサポートさせてもらっている。これまでメディア掲載がなかった「Teachme」は現在、多くの主要メディアに取り上げられ始めている。「Teachme」のものすご~く理解あるメンバーの方々にもホント感謝だ…(記事には「籍を置く…」となっているが、そこはちょっと表現が違うかな)

里香さんと「Teachme」に関しては、もろもろ語ることが沢山あるので…別途ストーリーを載せることにしたい。

能登や上勝のような田舎、“動く拠点”であるキャンピングカー(ハイエースがベースのアネックス・ファミリーワゴンC)など、どこにいても仕事ができる時代になってきていることを自身 実体験している。

会社生活で自分の中にあったあらゆる価値観を捨て…いや価値観をより拡大させたと言った方が正確だろう。そんなスタイルに巡り合えてホントよかった。

これからも、ポジティブに一歩一歩前進していく!

ライフスタイルはいろいろある。どんなスタイルが良いのかなんて誰もわからない。これからもバックパッカー旅は続くぞぉ~~

ライフスタイルはいろいろある。どんなスタイルが良いのかなんて誰もわからない。これからもバックパッカー旅は続くぞぉ~~

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

3件のフィードバック

  1. 2015-05-15

    […] 昨日のブログにも載せたとおり、以下が北國新聞に掲載されたぼくに関する記事だ。徳島県上勝町から能登へもどり、昨晩ようやく確認できたので、記事のイメージをここに載せたいと […]

  2. 2015-05-16

    […] ・ニッポンの「グローバル」を田舎で… “究極な田舎フリーランス”を目指して… ~今日の北國新聞に ぼくらバックパッカーに関する記事がデカデカと掲載されている?!~ […]

  3. 2015-05-22

    […] ・ニッポンの「グローバル」を田舎で… “究極な田舎フリーランス”を目指して… ~今日の北國新聞に ぼくらバックパッカーに関する記事がデカデカと掲載されている?!~ […]

コメントを残す