“牡蠣の穴場”で体験をベースにした旅「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」最終話

前回の「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の牡蠣バーベキュー“小さな”「牡蠣祭り」の続きだ。(前回のストーリーはこちら

石川県 能登半島 穴水町 タラ汁 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ Cod Miso Soup

牡蠣うまっ!」という中、ぼくの今回の新たな“ヒット食”は、新田さんの奥さんが作った「鱈汁(たらじる)」だった。

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

こんなに新鮮で美味しい牡蠣を鱈腹食べることができる“旅”は、きっとこの田舎体験くらいだろう。「もうお腹一杯」と思いつつも目の前にこれだけの牡蠣が並ぶと、ついつい食べてしまう。

石川県 能登半島 穴水町 牡蠣 炭火焼き バーベキュー Ishikawa Noto Oyster BBQ

みんな、美味しいものをこれだけ食べたら、さすがに、もうお腹一杯!

去年の夏、「洋上パーティー」でお世話になった伊豆田さん夫婦も参加。生岩牡蠣のポン酢漬けを持ってきてくれた。岩牡蠣も…美味しすぎる!

穴水町 酢の物 ナマコ

そして、穴水町と言えば、コラーゲン豊富な海鼠(ナマコ)も有名!これは大根おろしと酢に漬けた海鼠だ。

そんなこんなで、能登“牡蠣食べ放題”のバーベキューは終了し、あっという間に2泊3日の田舎体験が終了した。

 

田舎暮らしを“ちょい”体感できる“旅”

田舎へのバックパッカー旅で、能登とつながり、始まったこの地元に根付いた「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」、あらゆる“イベント”をとおして、田舎現地を体感することができる。

「旅で、現地の人と触れ合うことで、真の現地の姿を知ることができるんだ…」ということも体感できる。

今回も2泊3日と短い「田舎体験 旅」だったが、なにかと“忙しい”でも、なにかと“楽しい”、“寒い”けど人が“暖かい”…そんな田舎での一時を感じることができたと思う。

都会での忙しい暮らしも良いけど、環境異なる“自然だらけ”の田舎でのライフスタイルも良いもんだよね。

穴水町 田舎体験 バックパッカー夫婦 新田信明

穴水町 現地では新田信明さんのサポートで、「冬の“楽暖”な能登の田舎」を全身で感じて満喫することができた。

穴水町 岩車 簡易郵便局 ゴルフ

東京方面へ出発前、穴水町岩車を散策していると、簡易郵便局前の雪の上で、ゴルフの練習をしている人が…!?

穴水町 岩車 どんたく タラ 鱈

そして、穴水町の地元・スーパー「どんたく」で土産の買い物。鱈(タラ)が丸々一匹
売られているのには驚いた…田舎のスーパーならではの品はインパクトあるなぁ~。

こうして、ぼくらは翌日、能登から関東方面へと戻り、都会の生活スタイルへと戻った。

また近い将来?!能登がぼくらに「おかえり!」と、再び歓迎してくれることだろう。

クルマ旅 ハイエース アネックス ファミリーワゴンC

石川県 能登 穴水町 岩車 田舎体験



<前回のストーリー: “牡蠣の穴場”で冬の「ざっくばらんな田舎ライフスタイル体験」2日目・後編 ~ 能登の里山里海を味わう ~

<次回のストーリー: 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バックパッカーが出会った“アイランドな”ライフスタイル ~

 
■ 関連するストーリー:

・冬の“楽暖”で「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」2話目はこちら

・夏の“イベリコ豚”と“洋上パーティー”の『“ざっくばらん”な田舎体験』はこちら

・秋の“キリコ祭り”の『“ざっくばらん”な田舎体験』はこちら

・2010年に初めて能登半島をバックパッカー旅したときの話しはこちら

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

コメントを残す