Media / PR - メディア掲載

クルマ旅雑誌「ハイエースファン」に“動く拠点” アネックスのファミリーワゴンCが登場 ~ クルマ旅&車中泊に欠かせないグッズ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office

2012年9月29日に発売された「ハイエースファン(TOYOTA new HIACE fan vol.25)」(八重洲出版)で、ぼくらの旅のスタイルが紹介された。

ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office

バックパックを担いで各地を歩く!ハイエースはそのベース基地」をタイトルに、2ページカラーでの掲載となった。

バックパッカーの拠点をハイエースベース車輛の“ファミリーワゴンC”に…

ファミリーワゴンCの中は、ぼくらの”動く住処”として、“ワークスペース”と“リビング”をテーマにしている。このスタイルに辿り着いたのも様々な“つながり”からである…

ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office

 

主なクルマ旅の装備アイテム

装備については写真も交えて、ハイエースファンの雑誌に紹介されている。

  • 長年のアメリカ・オレゴン州での生活から親しみがある「ペンデルトン」(オレゴンが本社)でデザインした内装
  • 電波さえあればどこでもインターネットができるようになるソフトバンクとイーモバイルの電波を活用できるモバイルWi-Fiルーター
  • 2台のパソコン(15インチのPCと持ち運びが楽なVAIO P
  • USBやiPhoneなどに入れた音源データ(mp3など)を読み取り音楽を聴けるパイオニアのオーディオ(ラジオやAUXラインもあり。CDやMDなしのシンプルなもの)
  • 緊急時用の ケータイ充電も可能なソニーの手回しラジオ
  • セルスターのインバーター(簡単に言えば家庭の電源が差し込める機器)

ハイエースのデザイン、クルマ旅の装備に欠かせないグッズ

詳細内容を読みたい方は以下アマゾンから雑誌を購入してくださいね。このクルマの詳細情報もこの雑誌に載っています。立ち読みコーナーはこちら(4ページ目に載っています)。

ちなみに紹介されている「カラフルなボックス」はコールマンのクーラーボックス。二つのクーラーボックスを、積み重ねられるタイプで、トランクにちょうどフィットする。

クーラーボックスとして使用していないときは、モノ入れとして活用する。

先月、ネッツトヨタ静浜サンストリート浜北店(静岡県)での“クルマ旅”イベントで取材していただいた。今後、このファミリーワゴンは、バックパッカーの“動く拠点”として、ベースキャンプ地的な役割を果たすことになる。

もちろん、ロードトリップ/クルマ旅スタイルの田舎旅も楽しんでいきたい。クルマの装備に関する詳細については別途紹介していきたいと思う。

ハイエースファンとは別に、ここでの掲載をきっかけにトヨタにも取材され、同社ホームページハイエースのコーナーにも掲載されている。

その内容はこちら「トヨタのホームページにぼくら田舎バックパッカーが登場 ~クルマ旅…移動型ライフスタイルとは…~

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

Ikuma Nakagawa | Create Your Badge

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 田舎旅するバックパッカー、フィリピン最大手航空会社の機内誌「Sm…
  2. メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変で…
  3. 福井 ユーチューバー 車中泊 スポット メディア掲載: 福井のユーチューバー再び『田舎バックパッカーハウ…
  4. 徳島のラジオ局「エフエムびざん(FM79.1)」にぼくらバックパ…
  5. 日本1周 えりたく夫婦 ユーチューブ メディア掲載: スズキ軽ハスラーで日本一周夫婦のユーチューブ「え…
  6. 今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 今日発売の雑誌「田舎暮らしの本」(2015年5月号)に2ページカ…
  7. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞…
  8. asahi van life 朝日新聞 バンライフ メディア掲載: 朝日新聞にCarstayと『バンライフ・ステーシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

“歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!? 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. 神山 ヒッピー
  4. 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa

ランキング

PAGE TOP