INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』実施!一足早い夏休みを能登・穴水町で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎体験 能登

ぼくら田舎バックパッカーは、2012年7月27日(金)から29日(日)の2泊3日で、バックパッカー田舎旅で出会った人と連携した、初めての田舎体験企画『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水』を実施した。

 

日本の田舎をかけ巡ったバックパッカー旅がつなげてくれた縁

穴水での世話人で、ぼくら夫婦が2010年10月にバックパッカー田舎旅で出会った新田信明(にったのぶあき)さん(穴水町 議会議員、元・穴水町役場 職員)との連携のもと、実に“ざっくばらん”感ありの、能登・穴水での“田舎ならではの活動”と、現地に住む人たちとコミュニケーションを掛け合わせたユニークで小規模なロードトリップ/クルマ旅型の田舎ライフスタイル体験となった。(2010年のバックパッカー旅についてはこちら

バックパッカー旅の途中、穴水を半日かけて案内してくれた新田信明さん。

中川生馬 移住者

田舎の良さを熱心に語ってくれた。そんな出会いがきっかけで、何度も穴水を訪問した。(2010年10月、当時は町役場勤務)

 

体験先に選んだ穴水町ってどんなとこ?

今回初めて企画した田舎ライフスタイル体験のスポットは、奥能登の“玄関口” で“スロー”な時間を楽しめる石川県穴水町

能登半島は、日本海に面していることから“荒れた海”のイメージが強いが、内海に面している穴水の海は一年を通してずっと穏やかだ。

能登 穏やかな漁港 岩車 quiet ocean japan gulf harbour

【石川県 能登半島 湖のように穏やかな穴水の海】

穴水を拠点にして、その先にも“里山”や“里海“を実感できる“奥能登”と呼ばれる輪島、狼煙(のろし)、珠洲などがある。

日本…都会に人口が集中して、「田舎にはなにもない…」と思う人がほとんどかもしれなれいが、田舎を深く知れば知るほど、そこでは、シンプルかつ贅沢でスローに流れる時間を、田舎で満喫できる。

その穴水の中でも、ぼくらが主にいた地域は、岩車(いわぐるま)と鹿波(かなみ)。

田舎体験 能登ワイン

【石川県 田舎体験の舞台となっている穴水町】

古里の海と山の両方を満喫しながら田舎体験や田舎旅ができ、海や山の幸を満遍なく贅沢に楽しむことができる。

普段の都会での忙しいライフスタイルを忘れ、気持ちもリラックスしてゆったりした“田舎ならではの時間”を過ごせる。

 

「世界農業遺産」に選ばれた穴水町含む奥能登

穴水は2011年、国内で初めて国連食糧農業機関に「世界農業遺産」として認定された「能登の里山里海」の一つの町としても知られ、日本の“里”が感じられる田舎の穴場だ。

穴水町 ボラ待ち櫓 里海

【石川県 穴水町 町のシンボルのボラ待ちやぐら】

 

農山漁村が地域の文化や生物多様性の維持などに重要な役割を果たしていることから、石川県七尾市(ななおし)、輪島市、珠洲市(すずし)、羽咋市(はくいし)、志賀町(しかまち)、中能登町(なかのとまち)、穴水町(あなみずまち)、能登町(のとちょう)の4市4町から成る能登地域が「世界農業遺産」として認定されている。

道路整備や人口減少の影響で、2001年に穴水と穴水の北に位置する輪島間、2005年には穴水と穴水の東に位置する蛸島(たこじま)間の能登線が廃止となった。

列車で行ける能登半島の最終の駅がここ穴水。能登半島の先端「奥能登」の玄関口の町でもある。

都内から穴水までは、約450キロから約570キロ…と走行する国道もしくは高速によって、穴水までの距離、所要時間、料金は大幅に異なる。

最速、都内を早朝に出発すれば、昼過ぎには穴水に到着できる。ほどほどの距離と料金で行くことができる。

田舎体験 中川生馬

【能登・穴水町(石川県)の穏やかな海で里海体験中】

 

田舎体験ってどんな内容なの?

今回の田舎体験の主な内容は、“循環型”家畜農家(のと猪部里児(のとイベリコ)、ヤギ、牛などの家畜)の道坂一美(みちざか かずみ)さん宅での農家体験。

1人約300グラムのイベリコ豚や野菜含む“里山の幸BBQ”。

道坂一美 イベリコ豚

【能登・穴水町 能登イベリコ豚のステーキで里山体験中】

岩牡蠣・サザエ・阿古屋貝(あこやがい)・旬の魚など“里海の幸”含む新田信明さんの“洋上パーティー”。

都会では味わえない、田舎の“おもてなし”含む盛り沢山な体験!

そして、ロードトリップ/クルマ旅ならではの、“突発的”な内容も盛り込まれた。

“ちょい”クルマ旅を含めた“ロードトリップ型”の田舎体験となり、行きと帰りは…“ついでに世界遺産のあそこや、ここへも行っちゃおう!”と予定外の場所も散策。

フレキシブルかつ実に“ざっくばらん“感ありだった。

さぁ、一体どんな田舎ライフスタイル体験だったのか…いくつかに分けて紹介していこうと思う。(続きはこちら

<前回のストーリー 『最近の動向について』>

<次回のストーリー 『【田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水町】 Day 1: 夏はやっぱり “猪部里児豚(イベリコブタ)”BBQ!ハイエースでの能登への田舎ロードトリップ/クルマ旅!』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 穴水町 キリコ祭り Kiriko festival in Noto Anamizu Town 穴水町岩車の『キリコ祭り』9月26日開催!NHK朝ドラ「まれ」主…
  2. 穴水町 岩車 キリコ祭り 写真 第2弾目『田舎体験』最終話 – 『キリコ祭り』翌日の…
  3. Noto Wine lunch 能登ワイン ブランチ 食事 田舎体験:ぶどう酵母パンと魚の“豪快唐揚げ”で『能登ワイン』ピク…
  4. 中川生馬 スーツ 田舎でスーツ着るの 『ヤスヨとヤスコ』の田舎体験最終日、七尾のスイーツ「ル ミュゼ …
  5. 穴水町の空き家 田舎の空き家情報 empty houses in japan rural area countryside <写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
  6. 穴水町議会 一般質問 移住定住が焦点に、役場側の答弁は?!
  7. 能登半島 豪雨 Huawai Mate9 カメラ <動画あり>豪雨が続いた能登半島・穴水町 ~ 蒸し暑くなってきた…
  8. 奥能登一周 地図 map of noto sightseeing spot map 田舎体験 奥能登一周のまとめ地図

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中 van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 田舎で仕事: 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP