【田舎ライフスタイル体験 in “里山&里海”能登・穴水町】 Day 1: “猪部里児豚(イベリコブタ)”BBQ!能登へのクルマ旅!

出発当日、ぼくら田舎バックパッカーは早朝4:30ごろ(この時点でのクルマの走行距離は912キロ)、鎌倉高校駅前あたりで平田さんと田原菜津子(たはら なつこ)さんを、6:00ごろ八王子駅で、“古里を愛する“という まさに今回の企画に“ぴったり”の名前の持ち主 田代“愛里”(たしろ あいり)さん、藤田牧子(ふじた まきこ)さんをピックアップ。

長野県、岐阜県などを経由して石川県穴水町(あなみずまち)へと向った。(この企画内容や「穴水ってなに?」は一話目のこちら

穴水町 ボラ待ち櫓 里海

【石川県 穴水町の一年中穏やかな海 今回の田舎体験ではこの海で洋上パーティーを行う予定】

 

田舎体験参加者ってどんな人?

今回の参加者は、ぼくら含め合計6人なので、ロードトリップ/クルマ旅にはちょうど良い人数だった。

全員がアメリカのオレゴン大学時代からのつながり。

平田さんはみんなと初対面だが、メンバー全員が基本“ざっくばらん”な感じで、みんな昔から知っているような感じがする。

平田さんは昨晩、仕事で徹夜…寝ていない状態だったか、クルマで寝ながらも、この田舎ライフスタイル体験に参加。

田舎体験 能登

【今回、田舎ライフスタイル体験ロードトリップに参加してくれたみんな】

 

能登までの長い道のりを、快適に過ごせるように工夫を…

クルマは、ハイエースだが、ただのハイエースではない。

横になることはもちろん、ハイエース・バンが“旅”仕様に進化したタイプなので、快適なロードトリップができる。

そして途中には、あの懐かしい…1984年に放映された映画「ドラえもん のび太と竜の騎士」を見ながらの… 実にざっくばらんなロードトリップとなった。

映画を見ながら移動できるというのも、ロードトリップの魅力の一つだ。

 

ロードトリップの途中、長野に寄り道

八王子から長野県松本インターまで高速で行き、変わらない景色の高速ドライブに飽きると、田舎の自然をドライブ。

山梨県北杜市の道の駅「はくしゅう」を8:10ごろ通過。長野の道の駅「風穴の里」で一休み。

「風穴の里」に着いたのは、9:30ごろ(クルマの走行距離は1231キロ)。安房峠(あぼうとうげ)を抜けて、飛騨へと向かった。

道の駅 長野 風穴の里

【長野県 関東から北陸方面へ向かう国道158号線沿いにある道の駅「風穴の里」でジャンプする菜津子!】

途中、“マイペース“な集まりなぼくらは、岐阜県の飛騨高山でお昼を食べつつも、上二之町(かみにのまち)や恵比須台(えびすたい)の古い町並みも見学。

岐阜 飛騨

【岐阜県 飛騨の古い町並みにて】

今夜のお楽しみの “のと猪部里児豚(いべりこぶた)“にそなえ、飛騨牛を我慢して、お昼には明治31年創業の手打ちそば「恵比須」で、蕎麦(そば)を食べた。

1時間ほど、飛騨でお昼休みをして、12:30ごろ飛騨を出発した。ここまでの走行距離は379キロ。

 

ようやく石川県に到着

穴水まで約20キロ手前に位置する七尾(ななお)の国民宿舎「能登小牧台」の温泉(500円/人、休館日: 火曜日)で、七尾湾を目の前に、40分ぐらい温泉で体を癒し、穴水までの最後の道のりを進む。

そんなこんなのロードトリップを楽しんでいるうちに、17:00ごろ、穴水町 岩車(あなみずまち いわぐるま)に住む現地の世話人 新田信明さん宅に到着。

田舎体験 岩車

【石川県 穴水町に到着】

ずっと運転していたわけだが…みんなのおかげで、そんな長時間・距離を運転している感じはしなかった。

 

石川県 岩車周辺を散策

穴水町に到着早々、まずは新田さんの手作りシーカヤックの説明を聞いて、岩車周辺を軽く散策。(新田さんの手作りシーカヤックの話しはこちら

シーカヤック 新田信明

【穴水町 岩車の新田さん宅のガレージで まずは新田さん手作りの杉材で作ったシーカヤックの説明。 3人は世界チャンピオンからシーカヤックを習っていた 「シーカヤックなら任せて!」と愛里】

愛里、牧子ちゃん、菜津子の女性陣3人はシーカヤックを世界チャンピオンから習っていたので、相当なスキル保持者たちのようだ。

出発前から、愛里からは、「シーカヤックなら私にまかせな!」とのメールが飛び交っていた。

新田信明 能登 田舎

【穴水町 岩車の新田さん宅周辺を散策. 湖のように穏やかな七尾北湾穴水町 岩車の新田さん宅 ぶら下がっているのは玉ねぎ】

さて、これから穴水町鹿波(かなみ)の農家体験先 道坂一美(みちざか かずみ)さん宅へと向かう。

道坂さん宅に近づくにつれて、田舎道になるので、道幅が心配だったが、なんとか通過。

 

イベリコ豚BBQの準備に取り掛かる

新田さんの軽トラックに積んだBBQ(バーベキュー)セットをおろしたり、ジャガイモの皮をむいたり、野菜を切るなどして、みんなでBBQの準備をする。

道坂 イベリコ豚 酪農

ミント 虫よけ

【穴水町 鹿波の農家 道坂一美さん宅で里山の幸BBQの準備. まずはミントで虫よけ. お待ちかねの猪部里児豚(イベリコブタ)ももうすぐ食べられる】

自然の山中に道坂さんの家がポツンと一軒。当たり前のBBQのように聞こえるかもしれないが、かなりのオープンスペースと緑に囲まれた中でのBBQだ。

あたりにはブヨがいたが、道坂さんの“家畜の庭”で採ってきたミントを、体に擦りつけ虫よけがわりに。ミントの香りは、虫に効くのだ。

まぁ、そんな感じで、みんなで準備をしているわけだが…

道坂一美 イベリコ豚

【穴水町 鹿波の農家 道坂一美さん宅で里山の幸BBQの準備】

みんな“早く飲みたい!”ムードになってきているところ。

穴水到着前、「早く飲みたいよね」と騒ぎ、ドライバーのぼくはもちろんのこと、みんなも飛騨の地ビールを我慢していたぐらいだ。

そんなタイミングとぼくらの心を読んでいたかのように、

新田さんが「道坂さん、一杯やりながら準備するというのはどうでしょうか?」の一言!

この “すばらしい一言“が…みんなの耳に鳴り響いたのだった~!

この時、皆の笑顔が本当に“素直”に芯から嬉しい!って感じだった…

新田さんのグッドタイミングな掛け声から始まり、みんなの表情が“にやにや”だらけの笑顔へと切り替わった。

イベリコ 道坂一美 能登

【穴水町 鹿波の農家 道坂一美さん宅で、飲みながらの里山の幸BBQの準備 「穴水にようこそ!」】

 

イベリコ豚&里山BBQスタート!

そして、ここから始まる “のと猪部里児豚(イベリコブタ)” だ!今晩のお楽しみ食材!

イベリコ豚 能登 鹿波

【穴水町 鹿波の農家 道坂一美さん宅で里山の幸BBQ. のと猪部里児豚(イベリコブタ)の鉄板焼きステーキ!これがうまい!】

とんでもなく大きい道坂さん家畜農家自家製“のと猪部里児”のステーキ、ニンニク、トウモロコシ、ジャガイモなどの鉄板焼きや野菜の炭火焼が始まる。

イベリコ豚 田舎体験 能登

【愛里と猪部里児豚(イベリコブタ)。能登・穴水町鹿波の酪農家 道坂さん宅】

この “のと猪部里児豚” のサイズはなんと…厚さ約2センチ、幅…約20センチから30センチある。

そんな猪部里児豚を、炭で熱くなった鉄板で豪快に焼くわけだ!

お~!何とも言えない贅沢な食の楽しみ…!!ここにいるメンバーしか味わえない楽しみだ~!

田舎体験 能登 道坂一美

【平田さんとジャンボサイズの猪部里児豚(イベリコブタ). 能登・穴水町鹿波の酪農家 道坂さん宅にて】

お腹空いているぼくらにとっては、たまらない!

その上に、道坂さん宅の庭で採れたミントをふりかけ…その香ばしさもすばらしくたまらないわけである。

今回の田舎ライフスタイル体験を企画した側だが…もうこれは想像以上だった!!

ぼくがイメージしていたのは、チャーシューぐらいのサイズを細々と焼いて食べる…という感じだった。

イベリコ豚は…約200グラムから300グラムのステーキから始まり、結局、つまみ食いなどもありで、一人合計300グラム以上は食べたのではないだろうか。

イベリコ豚 田舎体験 能登

【大喜びの菜津子と猪部里児豚 能登・穴水町鹿波の酪農家 道坂さん宅】

そもそもイベリコ豚…ってよく聞くけど、想像しづらくないだろうか??よく耳にするけど食べるのは初めてだったりする。

イベリコ豚 能登 田舎体験

【能登 里山の幸 猪部里児豚(イベリコブタ)を黙々と食べる牧子ちゃん. 能登・穴水町鹿波の酪農家 道坂さん宅】

道坂さん宅で採れるやニンニクとミント、塩コショウをイベリコ豚にかけて、各自、豚をレアからミディアムに焼くわけだが…

最高にうま~い!穴水へ行く途中、飛騨の町並みに寄って、飛騨牛を食べなくてよかった~と思える一品。

その他の食材は、循環型農家ならではの、トウモロコシ、ジャガイモなど。野菜は新田さん宅で採れたもの。

能登 田舎体験 穴水町

【里山の幸 猪部里児豚(イベリコブタ)を食べて外でみんなで語る 能登・穴水町鹿波の酪農家 道坂さん宅】

 

蛍を見に行く…

これら野菜は普段、猪部里児豚、牛、ヤギの飼料となるものだが、全く問題なく人も食べることができる。

サイズや小さなキズなどが原因で、農協から出荷されない農作物が道坂さん宅に届くわけだ。

道坂さんは、ジャガイモ、トウモロコシ、豆腐、おから、スイカなど 消費者の手に届かなかった農作物を家畜の飼料として再活用して、ヤギ、牛、豚などの家畜を育てている。

そして、家畜からの堆肥を、放牧地や畑などで再活用している。この堆肥で育てられた草や野菜などを、家畜が食べる。そしてまた堆肥が作られる…っと、このプロセスが循環されているわけだ。

道坂一美 中川生馬

【石川県 穴水町 循環酪農家の道坂一美さんと中川生馬】

ちょっとしたキズで野菜が出荷されず、商品にならないことを考えると、贅沢な世の中だと思う一方、ここの家畜は最高の食べ物で育っていることがよくわかる。

BBQセットを片づけ、「蛍(ホタル)を見に行きますか」と、新田さんと数人で少し歩き始める。

さすがに時期が外れていたので、残念ながら、多くのホタルには遭遇できなかったが、数匹のホタルが、山の中でぼくらを迎えてくれた。

そんな感じで、1日目のロードトリップと、山の幸BBQが終了した。

この日は、道坂さん宅で、農家体験民泊(のうかたいけん みんぱく)。

さて、明日午前中は“ちょい”酪農農家体験。

そして、昼過ぎからは“里海”での “洋上パーティー” だ。(続きはこちら

田舎ライフスタイル体験ロードトリップin “里山&里海”能登・穴水町の最初のお話しはこちら

 

写真で振り返る『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験ロードトリップ1日目』

飛騨 岐阜 古い町並み

能登 田舎体験

中川結花子 バックパッカー

中川生馬

能登 イベリコ豚

イベリコ豚 能登

道坂一美 鹿波 田舎体験

田舎体験 能登

能登 里山 農家

<前回のストーリー 『田舎バックパッカー、第一弾目『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』実施!一足早い夏休みを能登・穴水町で』>

<次回のストーリー 『田舎ライフスタイル体験ロードトリップ in “里山&里海”能登・穴水町 Day 2: 映画のような田舎での夏休み…「たくましいみなさん」と “ちょい”農家体験と能登・里海を活かした“洋上パーティー”』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

  1. 新田信明 より:

    ようこそ能登穴水へお越しいただきました。<br />私も大変楽しい一時を過ごさせていただきました。<br />道坂さん宅での猪部里児豚は美味しかったですね。<br />また、道坂さん宅は動物〈家畜〉と共存・共生していて、誰でもやさしくなれる場所だと思いました。〈動物は飼い主に似てくるのでしょうか?〉<br /><br />次回の「洋上パーティ」も楽しみにしています。

コメントを残す