2011.03-04: <熊本県天草へのバックパッカー旅>

day 99.4 クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅道具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年4月1日、熊本県天草市牛深町 – 二階堂隆夫さんのトークは続く…果てしなく続く。(前回の話はこちら

 

クルマ旅の燃料費…ディーゼル型ハイエースの場合

クルマ旅か…面白そうだなぁ…と思い燃費などについて聞いてみた。

去年の燃料費だが…二階堂さんは9,000キロ走り、9万円かかったそうだ。燃料は旅を始めたとき、85円だったのが、130円に値上がった。

クルマなど燃料が必要な“旅の足”は、言うまでもないが、燃料費が高騰するときは大変だ。

二階堂さんは3年前に、旅を始めた。

最初は2週間の旅で、クルマで札幌から鹿児島へ。

2週間の旅、北海道から鹿児島の往復の旅だと、「急ぎの旅」になる。毎日500キロ、1日13時間走る。

が、今回の旅は仕事の心配もなく、1日の走行距離は50キロほどで、ゆっくりと旅をしている

クルマ旅の燃料費は、そのときの価格、走行距離や速度など、旅スタイルによって変動するので、あまり参考にならない。

当たり前だが、「ゆっくり旅」で、そこまで走らなければ燃料は減らず、低速で進めばガソリンの燃費はそこそこで、減り具合は異なる。

 

好いとこ取りができるクルマ旅 釣りで自給自足も

釣りは去年9月から始めたばかり。

餌代ぐらいかと思うのだが…釣りは結構費用がかかるそうだ。まぁその点については深く突っ込まなかったが…

二階堂さんは年間で旅の行き先を決めている。

今の時期は暖かい九州、夏の時期は涼しい北海道、10月と11月は東北あたり。

去年12月は北海道積丹(しゃこたん)でホッケ釣りへ。ホッケを約50匹釣り、開きにした。

12月はホッケの産卵時期でお腹に卵がたまっている。その卵を醤油漬けに、一部のホッケは開いて干し、実家に送って冷凍保管する。

これがめちゃくちゃ美味いよ!

いいなぁ…確かにうまそうだ。

熊本県天草にて、クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅道具

熊本県天草にて、クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅道具

同じく北海道の標津(しべつ)という地域では、鱈科の氷下魚(コマイ)を釣る。

このもめちゃくちゃ美味い!

と話す。

そんな感じで、『美味い』トークが続く…

羅臼では、メバル(がや)を釣り、本来塩漬けのところ、醤油漬けにしてしまい、大変なことになったそうだ。

とにかく、寒い時期の卵が美味しい!という二階堂さんのお話だ。

苫小牧(とまこまい)のニシンも甘くて美味しい!

今回の二階堂さんの旅は、釣りをしながらまわっているので、一つの場所に滞在する期間が長い。

ちなみに、二階堂さんは営業で外回りが多かったことから、一つの場所に永住することはしたくなかった。

年中、Tシャツで、着る物がいらない、暖かいという理由から、二階堂さんは、赤道直下マレーシアのペナン島に永住したかったそうだが、喋れないから無理と断念したそうだ。(続きはこちら

 
<前回のストーリー『day 99.3 二階堂流クルマ旅スタイル 旅先の温泉 上限価格は?!』>

<次回のストーリー『day 99.5 仕上げに綺麗なお湯を使えば風呂はいらない…という新しい“旅人”的発想』>

 
結花のブログはこちら

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!
 

 
●スポンサーリンク

 



IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 99 熊本県天草市牛深で…気になる“黒い旅人…
  2. 福岡県 小呂島 day 76.1 福岡県 小呂島 子どもたちの“漁師への想いと夢…
  3. 熊本県 天草市 崎津 十字架 モニュメント バックパッカー 田舎旅 熊本県天草へのバックパッカー旅 『ハイエースでの小便事故の衝撃』…
  4. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川く…
  5. 五島列島 宇久島 Goto islands ukujima イナ旅スポット:五島列島がロケ地の『出川哲朗の充電させてもらえま…
  6. day 99.3 二階堂流クルマ旅スタイル 旅先の温泉の上限価格…
  7. day 99.1 熊本県天草市牛深で…北海道からやってきた気にな…
  8. 小呂島 福岡 day 76.4 福岡県 小呂島にEXILEメンバーが!?「人か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

長野県 みどり湖 振り向くカモシカ day 3 長野県 みどり湖と白駒の池 カモシカと遭遇 ~ 今夜はどこで寝るのか… ~ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から day 10.1 石川県 舳倉島への定期船 【メディア掲載】日経本紙と日経電子版『奥能登に「車中生活」拠点、旅しながらリモートワーク 「ライフスタイル幅広げる」』 バックパッカー夫婦 写真 day 6 石川県 津幡の焼肉屋「カルビ大将」で約4時間30分、今夜はどこでテント泊?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。