2011.03-04: <熊本県天草へのバックパッカー旅>

day 99.3 二階堂流クルマ旅スタイル 旅先の温泉の上限価格は?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年4月1日、熊本県天草市牛深町 – 前回に「北海道のお薦めスポット“ラオス”」トークに続き…北海道出身のクルマ旅人・二階堂隆夫さんとの会話は続く…(前回のストーリーはこちら

彼との話しは長く…ディープ?!

 

旅の節約 話し 温泉500円なら入らない!?

そして、会話は…節約トピックに…

ぼくらはテントと寝袋で旅をしていて、バックパッカー旅の最中は基本、“道が家”。

宿泊費はかからない。米、パスタ、調味料、自炊道具などもバックパックに積んでいるので、可能な範囲で自炊をしている。

二階堂さんは自身を「程度の良いホームレス。段ボールやブルーシートではない、ちょっとリッチなホームレス」と笑いながら自慢げに話す。

ハイエースの旅人と天草で出会う。

ハイエースの旅人と天草で出会う。

これから、二階堂さんは、ぼくらと同じように天草の西海岸線沿いへと向かおうとしている。

西海岸あたりでは、魚が釣れるそうだ。その後、長崎へ。福岡では魚が釣れないので、福岡では止まらず、下関へ行く予定とのこと。日本海沿いを走って、舞鶴からフェリーに乗ることを検討している。青森の大好きな浅虫温泉へ行くことも考えているそうだ。

さて、温泉だ…

昨日入った「やすらぎの湯」が500円かかることを話すと…

え~!?500円なら入りたくないよ。300円以上出したくない。無料、100円、せいぜい200円ぐらいの温泉がベスト

温泉の料金については個人差があるかと思うが…

まさかの「100円から200円」だ。

なんともすごい節約型のクルマ旅人だ…

二階堂さんによると、熊本には100円温泉が沢山ある。長湯温泉は炭酸泉で“ぶくぶく”していて100円だそうだ。

“炭酸”型の温泉なんてあるもんだなぁっと感心している自分。ぼくはそこまで温泉には詳しくなく…温泉が大好き!って言うほどの“ビッグファン”ではないんだよね。

その長湯エリアには、ぽつんと、道端に露天風呂があるそうだが、恥ずかしすぎて入れなかったと言う。

ぼくらの場合、基本、鈍行列車と歩きのバックパッカー旅スタイルなので、行ける温泉が限られる。

これまでの旅記録を読んでいれば、わかると思うが…3日~4日入れないこともあるほど。

その先に、銭湯や温泉があったら感謝!という感じで、500円から700円程度だったら、ありがたく入る。

次の旅先に温泉がない場合もあるので、お風呂施設があるときが“勝負”なんだよね。

乗り物旅とは違い、“足”が自分の“乗り物”のためスロー。そして“ダイレクト”で体力を消耗するわけだから、お風呂へは行けるときに行きたい。

 

“旅の足”はクルマだ!

クルマでの旅は便利。バイクは寒くて、雨降られたら運転は危険だし、屋根がないため全身濡れてしまう。

クルマは中で寝られる。動くシェルターだ。ハイエースであれば、マイナス20度でも寝泊まりできると話す。

二階堂さんは以前、真冬に道の駅で車中泊した。真冬だったので、駐車場に停まっていたのは二階堂さんのクルマ1台だけ。

もしかしたら、死んでいるかもしれない

と、誰かに通報されたことがあったそうだ。

まぁ、そんな真冬でも、防寒をしっかり整えれば、クルマ旅は、成り立つわけだ。(続きはこちら

 
<前回のストーリー『day 99.2 北海道からのミステリアスな旅人のお薦めスポットは北海道の“ラオス”…!?』>

<次回のストーリー『day 99.4 クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅道具』>

 
結花のブログはこちら

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



関連記事

  1. 美しい海 玄界灘 day 76 田舎バックパッカー、福岡県小呂島の学校を再訪問
  2. 旅人 バックパッカー 女性 day 76.5 福岡県 小呂島でEXILEのボーカル・オーディ…
  3. day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー…
  4. day 98.3 熊本県天草市牛深「うしぶか海彩館」から地域初の…
  5. モバイルハウス 動く家 ハイエース クルマ旅 車中泊 “動く拠点”『ファミリーワゴンC』導入 移動型定住『モバイル・ハ…
  6. 道の駅 能登食祭市場 混雑 今夜の“自宅”は『道の駅 能登食祭市場』 ~ ソニー元仕事仲間と…
  7. 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?!…
  8. day 99.4 クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 > 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 田舎で仕事: 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. スザーンロス
  4. 神山 ヒッピー

ランキング

PAGE TOP