2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 102.1 熊本県天草郡苓北町で聞いたアリューシャン列島での“漁業”話し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

2011年4月4日(月) 熊本県天草郡苓北町 – この日の一日は、「味噌汁飲む?」の一声から始まった。富岡海水浴場でテント泊していたぼくら田舎バックパッカーに、そんな一声をかけてくれたのは、松野鈴代さんだ。(前回のお話しはこちら

松野さん宅で、朝食を食べて、そろそろ鈴代さんの旦那さんと、近所の歯医者と病院へ行った北海道出身のハイエースの旅人 二階堂隆夫さんがやってくるころだった。

しばらくすると、まずは二階堂さんがやって来た。

どうやら、痛んでいた歯の神経を抜いたようだ。二階堂さんは麻酔がまだ抜けてないので、コーヒーだけ飲む。

昼になると、旦那さんの松野福承(まつの ふくつぐ)さんが漁港から戻ってきた。今日は底引き網の修復をしていたそうだ。夏の伊勢海老漁では網を岩場に引っ掛けて、壊してしまう。

今の時期、このあたりでは鰤(ぶり)が獲れる。

やはり漁師ならではなのだろうか、腕の筋肉が半端なく太い。とても60歳の体とは思えない体つきだ。

松野さんは水産専門の苓北高校卒業、22歳のころから日本水産に16年間勤務。アリューシャン列島周辺のベーリング海峡(ロシアとアメリカの間にある海峡)へ遠洋漁業に行くことが多かった。

当時、漁では約10カ月間出っぱなし。漁船は2万トン級の大きさ。中古の商船三井のタンカー船などを購入し、それを改造して漁船にすることが多かったそうだ。

熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

ここからは会話ベースで話しを綴る。

松野さん: 約10年間は、アリューシャンへ行き続けていたかな。

スケソウダラ、明太、鮭(さけ)、鱒(ます)、鰈(かれい)、タラバガニなど、沢山いたよ。今は知らんけど。30数年前は沢山いた。

日本水産、大洋漁業(現在、マルハニチロ株式会社)、太平洋北部その縁海 ベーリング海やオホーツク海での漁業「北洋漁業」でめちゃくちゃ儲かったよ。この家もそうだ。「大洋」っていうのは(今では)「マルハ」で有名だな。

生馬: 1,000人乗りの船の大きさって“ざっくり”どのくらいの大きさなんですか?

松野さん: いや~2万トンの船を改造したって言ってたからね。長さ100メートルくらいはあったんじゃないですか?

今のコンテナ船くらいあるやろね。

俺たちが今乗ってる船は全部装備仕上げて、だいたい2,000万円くらい。

当時の船には作業員が700人。それに魚を捕る漁船に300人、合計1,000人体制ですよ。10カ月出っ放し。



それで3船団のうち一番小さい船団は戦時中にできた船「玉栄丸(ぎょくえいまる)」で、それは500人くらいだったかな…

それでもう1つの“しきしままる”船団(敷嶋丸?)は700人くらい。

1,000人の船は峰島丸(みねしままる)。

長期間、船の上だから、船内には料理人や散髪屋までいたよ。

彼らに「なんで船に乗ったの?」と聞くと、自分の店を持つための資金稼ぎだって。そういった人が沢山いたよ。給料が良いからね。

その時代、他の仕事は月給5万くらいだけど、漁師は月に15万円から20万円も稼いでたからね。それに、船の上だとお金を使わないから、貯まるしね。

生馬: 夜の寝床はどうしてたんですか?

熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

松野さん: そりゃ、もう洋上でアンカつけて漂流するんだよ。陸から5.6マイル離れているからね。台風はこないけど暴風はくるよ。

そういう時でも、そこにいるしかないね。本当に怖いよ。一晩で、ロープは着氷で、でかくなるからね。だから一晩で2回起きて、大型の槌「掛け矢」で氷を取るんだよ。それがもう大変でね。

それをおろそかにした船は転覆するよ。もう絶対に助からないよ。もう寒いもの。何船も転覆してるよ。

昼疲れて夜寝入ってるでしょ?気付かないんだよぉ。

おれたちはニッスイの大きな船だからいいけど、下請けの会社の船は小さいし、強いわけではない。母船と共に出漁して母船に漁獲を売り渡す小型の船で、サケ、マス、カニ漁などを行う「独航船」のうち北海道から下請けの船が10隻くらいきてたもん。

対外事故で沈むのは小さい船だったね。

デッキに魚を積んでるでしょ。母船に魚を上げるにも順番があるから待ってなきゃいけないんだよ。

みんな寝ながら、待っているうちに、海が時化て、吹雪で着氷してね...

それに彼らは個人の船だから獲ったら獲った分がお金になるから“欲”がでるんだよね。100トンしか載せられない船なのに、150トンも200トンも載せたりするんだ。

二階堂さん: 北海道でも昔そういうのありました。10トンしか載せてはいけない船に20トンとか載せるんですよ。それで、重量チェックがあったりするんですよ。それでみんな海の上で漂流して、全然動かないんですよ。

「なんで動かないの」って聞いたら、「あそこで重量チェックしてるから動けないんだよ」って言うんだ。そのころ携帯がないから無線で情報が入ってね。

生馬: その1,000人規模の船って1日何トンくらい獲っていいんですか?

松野さん: それはアメリカの取り決めだよ。アリューシャン列島周辺はアメリカの海域だから。その10カ月の期間中に、獲れる漁獲量が決まってるんだ。

100万トンなら100万トンって決められるんだよ。

鱈(たら)、タラバガニなど魚種で何トンって決められてるからね。

だから、もし100万トン獲ったら、10カ月いなくても、そこから出て、日本へ帰らなければいけないんだよね。



ぼくたちはスケトウダラのすり身が目的だったから、タラバガニが沢山獲れても、鱈が多かったら、タラバガニは海に戻してしまうんだよ。

アメリカのオブザーバーが乗ってて、監視しているからね。

二階堂さん: もうタラバガニを海に戻すころには、既に死んでいるんじゃないですか?死んだ魚も海に返すんですか?そうだったら、もったいないなぁ。

生馬: 獲った魚はどのように保管するんですか?

松野さん: いやいや、鮮魚だよ。例えば、母船の処理能力が1日千トンだとするでしょ。それを115トン入るでかい網に全部移し替えて、船にぶら下げておく。その魚を中積船が1週間に1回取りにくるんだよ。

そのときに、中積船が、東京の晴海ふ頭から郵便物や食料とかも届けてくれるんだ。

中積船も3,000トンくらい載るんだよ。

おれたちは長崎を出発してベーリングまで12日間かかるんだけど。ルートは日本海から津軽抜けて函館とおる。

長崎からの出航だから、そのルートが近いんだ。

私は長崎支社のニッスイだったからね。北前船ってやつ。

生馬: アメリカにいくら払うんですかね。

熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

松野さん: いや~知らないなぁ。アリューシャンでの漁の場合はアメリカ、北方領土はロシアに払ってるからね。

日本の領域にはスケソウダラで儲けるほどの漁獲高がないんじゃないですかね。

アメリカまでいかないと。アメリカはどちらかと言うと牛豚文化で、そこまで魚を食べないでしょ。だからちょうどいいんじゃないかな。

生馬: 国境越えて漁をする場合、その国にお金を払えば、どこで漁を行ってもいいんですか?

松野さん: いや、それはわからない。北方領土はロシアに払えば漁できるけど。韓国は知らない。そういえば、韓国船もベーリングにきてたよ。中国船はきていなかったかな。

生馬: 船の上で他国の船との交流はあるんですか?

松野さん: それはあるよ。お金ではなく、物々交換はするよ。でも、美味しいものなんて全然ないよ。酒もまずいし。唯一うまかったのはバターくらいだよ。

タバコもまずいし、ウォッカなんか飲めるかって。タバコなんて、こんな長くても1/3しか中身が入ってない。

 
そんなこんなで当時の遠洋漁業の話しを聞かせてもらった。東京では漁の話しを聞く機会なんてないし、実に興味深い話しだった。

最近では、水産高校に行っても、漁師になる子どもたは少ないそうだ。

遠洋漁業も行うそうだが、今では、1カ月出っ放しってことはないそうだ。

地元の水産高校には生徒が100人、漁業科や、普通科もあったり、すり身などの加工品を作る科もある。

ここは海と山の幸が豊富で、生活がしやすい。食べる分の魚はもちろん、海藻も豊かで、サザエ、ミナなどの貝、ウニなどもいる。そこまでひどく寒くもならない。

熊本県 天草 苓北町 松野さん 刺繍 Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

松野さんが作った刺繍アートの作品なども見せてもらった。漁師は仕掛けの網などを自身で編んだり、修復するなどしている。この刺繍の器用さは、漁師だからなのだろうか。約10日間で完成したそうだ。スゴイ作品だ。

熊本県 天草 苓北町 松野さん 刺繍 Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno

富岡城にはビジターセンターがあり、そこにも、松野さんが作った龍の置物が飾ってあるそうだ。

この夜、松野さんのお誘いで、カラオケがあるスナックで飲みに行くことになった。

さて、これから、“ちょい”地元観光で、富岡城跡へと向かった。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 102 熊本県天草郡苓北町で松野さん夫婦との出会い ~ 「味噌汁飲む?」から始まった豪勢な1日の始まり ~』>

<次回のストーリー 『day 102.2 熊本県天草郡苓北町の富岡城で“懐かしの”3D映像で天草の海中へ』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 天草 さくら公園 川 day 101 熊本県天草市下田温泉 バックパッカー歩き旅とクル…
  2. 熊本県 天草 テント 野宿 バックパッカー 話題の天草へのバックパッカー旅…密かに更新中
  3. 鎌倉 江ノ島 富士山 サーファー 熊本県天草へのバックパッカー旅記録 “ぞくぞく”と身震いする強い…
  4. 中川生馬 day 100 田舎バックパッカーとクルマ旅人、天草のお万ヶ池公…
  5. ハイエース クルマ旅 二階堂隆夫 day 99.8 熊本県天草市牛深で…ハイエースの旅人、衝撃の小…
  6. 天草 苓北町 スナックトミー 旅人たち day 102.3 熊本県天草郡苓北町のスナックトミーへ ~ 旅…
  7. 熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno 熊本県苓北町でアリューシャン列島 “超”遠洋漁業のお話し
  8. 三角みかん 坂園 day 96 熊本県三角町で“戦争”と“震災”の違いについて語る…

コメント

Pickup Post

能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP