day 98.2 熊本県天草 うしぶか海彩館の事務局長と出会う ~ 「小さい町でも『ちらりと光る町』で…」 地方の“過疎地まで”景気回復は届くのだろうか ~

2011年3月31日(木) – ぼくらバックパッカーは現在、熊本県天草の「うしぶか海彩館」にいて、牛深ハイヤ大橋の高架下でイカ釣りをしている中学生と話している。

“対自然”を遊びとする田舎の子どもたちだ。釣った魚を今晩のご飯にするという。さすが、主要となる産業が漁業のことだけある。

この“自給スタイル”はいずれぼくらのライフスタイルに取り入れたいところだ。(前回のストーリーはこちら

彼らと話していると、うしぶか海彩館の事務局長の西向英基さんがやってきた。

熊本県天草市牛深 – 牛深ハイヤ大橋のましたにあるうしぶか海彩館

熊本県天草市牛深 – 牛深ハイヤ大橋のましたにあるうしぶか海彩館

お互い笑顔で「こんにちは!」の挨拶から会話が始まった。西向さんは25年前、千葉県柏に住み、漁協の勉強をし、しばらく地元の漁協に勤務し退社。その後、海彩館での仕事が始まったそうだ。

ぼくらの旅の背景について話す。夫婦で田舎/地方を中心にバックパッカー旅をしていることを話すと、「ほぉぉー!」とユニークなトーンで驚いた印象的なリアクション。(旅の主な背景はこちら

このあたりの温泉について聞いてみると、本渡から牛深からのバスで情報収集したとおり「やすらぎの湯」があり、海彩館からこの温泉への無料送迎バスが出ているそうだ。

現在の時刻からだと近々で、14:30発の送迎バスがあり、その後17:00ごろ、やすらぎの湯から海彩館へと戻ってくるバスがある。

「有料バスより、この無料送迎バスで温泉へ行った方が断然お得だなぁ…」っと、ぼくらは14:30発の送迎バスで「やすらぎの湯」へ行くこと。
 
●やすらぎの湯 (天草市宿泊施設やすらぎ荘)

  • 住所: 熊本県天草市久玉町2193
  • TEL:  0969-72-6666
  • 営業時間: 9:00~21:00(休館日: 毎月第3火曜日)
  • 料金: 大人500円・小人(中学生以下)250円・(小学生以下)200円・幼児(3歳未満)無料)
熊本県天草市牛深 – やすらぎの湯(画像:天草市宿泊施設 やすらぎ荘より)

熊本県天草市牛深 – やすらぎの湯(画像:天草市宿泊施設 やすらぎ荘より)

海彩館2階に飾ってある漁船は、NHK新大型時代劇「宮本武蔵」、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」などで、牛深ハイヤ大橋は日産フーガやスバルインプレッサなどの新車CM(コマーシャル)撮影で利活用されたそうだ。

そんな牛深ハイヤ大橋には熊本、長崎、鹿児島をつなぐ夢の三県架橋の構想があるらしい。

地域内外の交流を拡大し、地域の豊かな資源を活かしながら、地域の発展・活性化を図ろうとする」構想とのことだ。

4月15日から17日まで、阿波踊りなどのパフォーマンスがある「牛深ハイヤ祭り」があるそうだ。

夏の「海の日」には夏祭り、コンサート、焼肉パーティー、ビヤガーデンなどの“お祭り”を開催しているそうだ。

そんなこんなの話しを西向さんから聞いていると…

釣りをしている中学生のところに、先生3人がやってきた。長崎出身の先生は数学、ジャージを着た先生は社会、保健体育を教えている。

学校があるときは、お昼に給食を食べるが、春休みなど長期休み期間中は自炊しなければならないため、昼食で外に出ていたそうで、その帰りに、たまたま、うしぶか海彩館/牛深ハイヤ大橋の高架下で生徒たちと会った。

熊本県天草市牛深 – 牛深ハイヤ大橋の下にあるうしぶか海彩館で釣りをしている子どもたちのところへ、昼食を終えた先生たちがやってきた

熊本県天草市牛深 – 牛深ハイヤ大橋の下にあるうしぶか海彩館で釣りをしている子どもたちのところへ、昼食を終えた先生たちがやってきた

西向さんと、海彩館事務局のもう一人の方が、「“冒険記”見ましたよ」と笑いながら、外に挨拶にきてくれた。

 
●牛深と天草の合併…「小さい町でも『ちらりと光る町』で…」

2006年、牛深はその他周辺の町と合弁し、天草市になった。

天草と牛深が合併後、“町”が大きくなりすぎたそうだ。合併の影響で行政が遠い存在になり、地域全体の状況を把握することが困難。

企業や人は役所本庁周辺に集まる。牛深にはビジネスマンが少なくなり、その他様々なことが積み重なり、一部地域は廃れて、過疎化が進行するデメリットがあるそうだ。

行政関係の手続きが近くにあると、なにかと便利だが、役所本庁があるところに人が移り、企業が集まっていく。役所から離れた地域に住む人たちにとっては、手続きが面倒になってしまうそうだ。

天草との合併後、地域がさらに拡大したため、牛深など一地域に集中して投資することができなくなった。

五島列島の宇久島でもそんな話しをきいたことがあった。

「宇久は佐世保市と合併したため、宇久ではなく、“より大きくなった組織”の佐世保市に税金がいってしまう」

合併にともない、宇久島の役場は支所になる。宇久の役場勤務だった若者や、その家族が佐世保市内へと引っ越してしまい、宇久島の過疎が進行してしまう。

「(牛深の)やすらぎ温泉や、海彩館のような物産館も地域興しの“核”になりたい。これら施設は“核”になるために創られたんですけどね…」

売り上げは平成8年から下がり気味。

「小さい町でも『ちらりと光る町』でよかったのかもしれない」と海彩館の人たちは話していた。

「景気が回復し始めたと『地方』は言うが、過疎地にまで届いていないのが現状。地元がもう少し海彩館のような施設をフル活用してくれれば、地域おこしの拠点…“核”になる」と話す。“地域おこし”というのは中々難しそうで…奥が深そうだ。(続きはこちら

熊本県天草市牛深 – まだまだ牛深ハイヤ大橋下での釣りは続く

熊本県天草市牛深 – まだまだ牛深ハイヤ大橋下での釣りは続く

<前回のストーリー 『day 98.1 熊本県天草 牛深「うしぶか海彩館」へ ~ 「牛深ハイヤ大橋」の下で…ミズイカ(アオリイカ)釣りする中学生 ~』>

<次回のストーリー 『day 98.3 熊本県天草市牛深「うしぶか海彩館」から地域初の温泉「やすらぎの湯」へ ~ 牛深ハイヤ大橋高架下での快適な“デッキ”テント泊 “運命的”かつ“必然的”な出会いの前夜 ~』>

結花のブログはこちら

●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年 1月】能登・穴水町岩車椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年 2月~ 3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年 3月~ 4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 



4件のフィードバック

  1. 2015-05-15

    […] ぶか海彩館の事務局長の西向英基さん、釣りをしている中学生、中学生たちの先生たちとの会話を楽しみながら、牛深について話しを聞いているところだ。(前回のストーリーはこちら) […]

  2. 2015-05-18

    […] た魚介類を、夕飯に食べることが多いそうだ。(続きはこちら) […]

  3. 2015-05-18

    […] ぶか海彩館の事務局長の西向英基さん、釣りをしている中学生、中学生たちの先生たちとの会話を楽しみながら、牛深について話しを聞いているところだ。(前回のストーリーはこちら) […]

  4. 2015-05-18

    […] フェリーにクルマを積んでここまできたようだ。昨日、ぼくらが「やすらぎの湯」へ行ったあと、調べていたあのフェリーだ。 […]

コメントを残す