2011-03-04 Backpacking Kyushu Kumamoto - 九州 熊本へのバックパッカー旅

day 98 熊本県天草の公園でテント泊した田舎バックパッカー、グランドゴルフに初参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
天草 本渡町 公園 テント泊

2011年3月31日(木) – 昨日、熊本県天草 本渡(ほんど)に到着したぼくら田舎バックパッカー夫婦。

その晩、居酒屋/食堂「伊勢元(いせげん)」で天草の郷土料理を食べ、周辺の公園でテント泊をした。(前回の話しはこちら

早朝6:30ごろ、公園でグランドゴルフをする数人のおじいさんたちの声で目覚めた

天草 本渡町 公園 テント泊

数分だけ外に出て、数枚の写真撮影後、眠かったので、テントの中に入り、引き続き寝た。

「そういえば、徳島県小松市でも同じような感じで目覚めたことがあったなぁ~」(四国でのストーリーはこちら

しかし、外のざわめきから、グランドゴルフ・プレーヤーがどんどん増えてきたと…思われる。

たまにかけ声が聞こえ、その声で起きてしまう。

「これは起きたほうがよさそうだなぁ」と思い、テントを出ると、おじさんが「うるさかったか、ごめんね。もっと寝てて」と、公園でテントを張るぼくらに優しい。

6:30ごろから体操を始めて、7:00前から8:00まで第1班8名が、8:05から第2班10人がスタートする。グループの中で72歳の男性が一番若いそうだ。

ぼくらが、鎌倉から天草へ来たことを伝えると、おばさんは「こんなところまで来なくて良いのに」と笑う。おばさんは44年前に天草へIターンした。

グループの一人は行政区長だ。ちなみにここ周辺の地区には約100世帯。天草の人口は約9万人前後。

 

早朝からグランドゴルフ?!
結花の運動神経はいかに…?!

やってみる?」の一言で、ぼくらも一緒に、グランドゴルフを初体験することになった。

おじさんがぼくらのために、公園外に駐車しているクルマから、木製パターをとってきてくれた。

ちなみに、木製パターは安いそうだ。みんなのは、“プロっぽく”格好良いパターを使っている。この“プロっぽい”パターは約1万円以上する上級者向け?!だ。

天草 本渡町 公園 グランドゴルフ

四国でグランドゴルフをみたことはあり、“準備運動だけ!”参加したことがあった。実際、プレーするのは今回が初めて。全8コース。(四国でのグランドゴルフのお話しはこちら

グランドゴルフに年齢制限はない。小学校の子どもからおじいさんまで、みんなで交流しながら行うスポーツ。

この公園の凸凹(でこぼこ)や傾斜を計算して、ポール内のホールに入れるのは難しい。入ったと思ったら、ポールにはじかれて、穴から出てしまうこともある。

「あぁ、せっかく(ポール内に)入ったのに意味なかったですねぇ!」と言い、大笑いしながらみんなでプレイする。

みんな特にゴルフ経験者というわけではない。「ゴルフ経験者には物足りないだろう」と話す。

結花の最初のゲームは、正確に計算すると約8打。1打目は、パターに弾(はじ)いて、横に転がっただけなので、やり直し。

もう2度パターを“振り回した” が、また軽く弾いただけで、同じく真横に転がる。

ボールは、ほんの3メートルぐらい横にはじかれただけだった。

天草 本渡町 公園 グランドゴルフ

何度も悪いと思ったのか、結花は、「すみません~~!もう今回はやり直しは無しでいいです~~!」と、既にホール近くにいるぼくらに叫ぶ。

結花の第4打目は、公園によくある動物のお遊戯にぶつけてしまい、また振り出しに戻る。

4打目でようやくホール付近に近づけたが中々ホールに入れられない。

苦戦して実際8打のところを、結花は笑いながら「4打か…」と笑顔でみんなにボソッと言う。どうやら…球技は不得意のようだ…

約1時間8コースをプレイして、本渡(ほんど)バスセンターから、天草で一番南に位置している牛深(うしぶか)方面へと向かった。

牛深ではまず田舎の中学生と出会うことになる。田舎の中学生の遊びとは!?(続きはこちら

 
<前回のエピソード 『day 97.1 天草の“地”居酒屋食堂「伊勢元」で郷土料理 ~ 押包丁とは?! ~』>

<次回のエピソード 『day 98.1 熊本県天草 牛深「うしぶか海彩館」へ』>

 
結花のブログはこちら

 
●関連するストーリー:

  • 旅の背景はこちらから
  • 【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅こちらから
  • 【2011年1月】能登・穴水町椿崎での田舎暮らし体験はこちらから
  • 【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから
  • 【2011年3月~4月】熊本県天草へのバックパッカー田舎旅はこちらから

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 天草 さくら公園 川 day 101 熊本県天草市下田温泉 バックパッカー歩き旅とクル…
  2. 天草 伊勢元 いせげん 郷土料理 岩下さん day 97.1 天草の“地”居酒屋食堂「伊勢元」で郷土料理 ~…
  3. 小呂島 福岡県 EXILE 島田乾生 day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクー…
  4. 熊本県 天草 苓北町 松野さん Kumamoto Amakusa Reihoku Matsuno 熊本県苓北町でアリューシャン列島 “超”遠洋漁業のお話し
  5. 天草 苓北 松野鈴代さん 中川生馬 day 103 熊本県天草郡苓北町から鎌倉へ ~ 一人旅と二人旅…
  6. 富岡城 跡 3D映像 テレビ 天草 海中 day 102.2 熊本県天草郡苓北町の富岡城で“懐かしの”3D…
  7. 熊本県 天草 100円野菜 無人販売所 day 100.1 熊本県天草 白鶴浜海水浴場へのバックパッカー…
  8. 100系ハイエース クルマ旅 day 99.6 牛深で…北海道の旅人 二階堂さんの“自宅”10…

コメント

Pickup Post

winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP