バックパッカー旅、次はどこへ… 大震災後 鎌倉散策しながら村尾茂雄さんと語る

2011年3月19日(土)神奈川県鎌倉市 – 東日本大震災の翌日から、ぼくはほとんど家で、地震の被害をテレビで見つつも、これまでのバックパッカー旅の記録や写真を整理して…「今後どうしていくか」含め自分の頭の中を整理していた。

樹ガーデンで語る 中川生馬と村尾茂雄

行動も重要だが、立ち止まって考えるバランスも重要だろう。

ぼくらは旅先でほぼ毎日と言っていいほど、人と出会い様々な話しを聞き、そこで感じたことを細かくメモをしていた。

主に聞く話しはそこの地域のこと、出会った人の生きざまや暮らし方/ライフスタイルや働き方などについて。

2010年10月から始まった旅だが、厚さ1センチ程度のメモ帳が数冊、写真と動画のデータ量は既に2テラバイに達していた。

村尾茂雄

 

自分ができることを行い進む

それはともかく…

長年の広報の職業柄、震災に関する政府の記者会見の様子をテレビで見ていると、思うことは沢山ある。

「原子力安全保安院の広報はすごく緊張しているなぁ」と思ったり…

あらゆる場所で記者会見が開催され情報が入るが、同じタイミングで、官房長官と原子力安全・保安院の会見が開催され、情報が錯綜する。

もう少しタイミングをあけてほしいなぁ…などと思ってしまう。

気になるのが…福島県の原子炉だ。原子力発電所にて、なんらかの爆発的事象があったとされる。

原子炉そのものの爆発なのかは確認できていない…専門家を交えて調査中らしい。

福島第二原発では10キロ圏内の退避勧告がでている。10キロだけで大丈夫なのだろうか…

そして、津波の影響で、海と民家の境目がわからないほどの状態になっていた。

鎌倉 大仏 斜め角度から 撮影

「被災地に行って現地で困っている人たちのサポートをしに行くべきか…」地震が起きた時から考えている。

しかしながら、今後、結花は子どもを産む可能性もある。自分の体への放射能の影響も心配だ。「被災地へ行くべきではない」とも考えてしまう。

それに、現地での宿泊、食料、風呂など…被災者のほうが必要としており、個人が行っても余計な資源を使ってしまい、逆に迷惑になってしまうかもしれない。

NPOや役場の広報をサポートするなど、自分の広報スキルを活かしたサポートの仕方があるのではないだろうか。

全国紙記者の友人に連絡し…現地の状況含め「できること」を聞くなどした。

だが、どうしても東北方面へ足が向かないのだ。原発から発生する放射能の人体への影響が心配だ。

そして、ぼくら自身が今後進むべき道も決まっていない。

今は自分たちに比重を置いて物事を考える時期ではないだろうか…

などと…あれこれ考えた。

 
最終的に「できることをする」しかないと考え、母校・オレゴン大学と大学日本人同窓会のメンバーと義援金を募ることにしたのだ。

そして、余震や結花の体調が落ち着くまで、鎌倉に滞在し、気分転換に手広のファミレス「ジョナサン」に行くなどして、旅の記録を書いたり、写真の整理を続け、時は過ぎていった。

 

震災から1週間後…

久しぶりにオレゴン大学からの友人 村尾茂雄さんと再会した。

震災の影響で、週末なのに、全く混雑していなかった鎌倉を散策しながら、今後について思ったことを語った語り合った。

オレゴン大学 ポニーキャニオン 村尾茂雄

村尾茂雄さんは長崎県佐世保出身。現在、東京で映画関係の仕事をしている。

将来的には、プロデューサーとして、才能ある監督や俳優などと共に、映画をつくり、自分がプロデュースした映画で、みんなに感動を伝えたいと考えている。

映画のジャンルは問わず、茂雄さんがプロデュースした映画で、観た人の「人生観が変わったり・豊かになる映画をつくりたい。日本が“外”に目を向けたり、“外”が日本に目を向かせるような映画をつくりたい。人の悩みを解消させたり、観て元気づけられる映画づくりに励みたい」と熱くもろもろ細かく語る。

ポニーキャニオン 村尾茂雄 Pony Canyon Shigeo Murao

茂雄さんはとにかく、良い意味で“必要以上に”あらゆることを熱く語るオレゴン大学時代からの友だちだ。

映画に関しても、語り出すと、止まらない。

あ~そうかそうか…」と流す人たちもきっと多いのだろう。そのあたりはぼくも似ているかもしれない(汗)

茂雄さんとは大学のころから、ざっくり言えば「今後の人生どうするよ?」を“とにかく”熱く語り合ってきた。

樹ガーデンで語る 中川生馬と村尾茂雄

【神奈川県鎌倉市 – 鎌倉で一番お気に入りのカフェ「樹ガーデン」にて(樹ガーデンの詳細はこちら)】

この日、茂雄さんが「旅してて、今後住みたい場所や、理想なライフスタイルは見えてきた?」と聞いてきた質問が…まだまだ“考えている段階”にあった自分だったからだろうか…質問と回答が深く頭に刻まれていた。

ぼくは旅が好きなことは言うまでもない。このとき、ぼくが茂雄さんに伝えた回答のいくつかのポイントは:

・日本各地の田舎/地方には住みやすそうな良い場所が沢山ある。

・そんな理由から、「ここだ!」と選んで、中々、移住先/引っ越し先を決めることができない。能登や五島列島・宇久島は良かった。しかし、現時点では“そこに住む”レベルまで一歩踏み込めない

・田舎のライフスタイルを探求した旅先全てを良い場所だぁ~っと思ってしまうことから、可能であれば、今後長い間、バックパッカー旅を継続して、常に移動生活する“遊牧民的”で、移動型定住が理想だ。

と、この三点を伝えた。

特に三点目の“移動型定住”を伝えたときは…「まぁ、無理だと思うけどね!でもやってみるわ!」っと笑いながら話した理想だった。

そして、ずらずらと…

人生勝負するなら、人と同じことをやりたくない。他の人と同じことをやっても、おもしろくない。

人がやってないことをやって注目されたい。自分の存在をこの世界に広げたい。それで、だめだったら、また違う道をチャレンジすればいい。

鎌倉 富士山 江ノ島 村尾茂雄

とにかく、自分がハッピーでなければ、他の人にそのハッピー感を伝えることができない。

自分の生き方は都会だけではない、様々な生き方が人生にはある。ユニークな生き方もありなんだということを皆に情報発信したい。

田舎/地方がこれだけ良い場所。自分の住処は都会だけじゃない。選択肢が広い、ということを皆に伝えたい。

もろもろの理由や背景は頭の中に入れつつ…この日の記録をずらずらと…綴っていた自分だった。

そして…バックパックを担いだぼくと結花は、九州・熊本県天草へ足を向けていた。(続きはこちら

樹ガーデンで語る 中川生馬と村尾茂雄

村尾茂雄

<前回のストーリー: 田舎へのバックパッカー旅は継続なるか… ~ 都会から飲食料品が消えた三陸沖地震…東日本大震災の日 ~

<次回のストーリー: day 95-96 バックパッカーのスマートな交通手段“夜行バス”で熊本県天草に向けて出発 ~ 熊本県宇城市三角町で“戦争”と“震災”について語る75歳のおばさん ~

結花のブログはこちら

■関連するストーリー:

・バックパッカー旅の背景はこちらから

・【2010年10月】能登半島へのバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2010年11月】四国“左周り”のバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2010年12月】四国“右周り”のバックパッカー田舎旅はこちらから

・【2011年1月】能登・穴水町椿崎での田舎体験暮らしはこちらから

・【2011年2月~3月】福岡県 小呂島、長崎県 五島列島や池島の島々へのバックパッカー田舎旅はこちらから

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

inaka-backpacker

日本の田舎/地方をバックパッカー旅する中川 生馬(なかがわ いくま)。バックパッカー✖ハイエースがベースの“動く拠点”(ファミリーワゴンC)で、聞いたことがない田舎を旅して、そこでのライフスタイルを探求する。ときには、飛行機、電車、夜行バス、スクーターなどの乗り物のテクノジーも活用。   旅先は基本、これまで聞いたことがない田舎/地方のマイナースポット。 小学校・中学校のころ、社会科で使用していた帝国書院の地図をパッと開き、「ここは聞いたことがない!」と思た場所。途中、『ここもいいねぇ~』と“気になるスポット”を見つけたら、寄り道して、“気になるスポット”も探求する。トラベルスタイルは自由奔放。   基本、旅先の事前調査などはせず...現地の人に話しかけながら、一歩づつ進む。   約10年間の東京や鎌倉での会社中心の生活を経て、2010年10月から、会社中心以外の新たなライフスタイルを探求したく、都会での生活を離れ、“聞いたことがない”日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅へ。   「自分が過ごしたいライフスタイルは、これまで過ごしてきた場所以外にあるかもしれない、自身で体感したい」「ライフスタイルやワークスタイルにもっと選択肢はないのか?」という疑問を抱き始め、旅歩くことを始めた。旅先の田舎で出会う人々とコミュニケーションをとり、より自身に合いそうな田舎でのライフスタイル(暮らし方)を探す...   仕事面に対しては『約10年、企業で培ったスキルをフル活用、今後も仕事して学んでいくから、仕事はなんとかなるだろう!』という楽観的な考え方。バックパッカー旅への初めの一歩を踏み出す。   気になる...知らない...スポット...日本の“マイナー”スポットだからこそ発掘しがいがあるのだ。「日本のマイナーな田舎/地方を発掘、そこでのライフスタイルも実感する、そして人生/ライフスタイルの選択肢は幅広いことを多くの人に届ける」ことを、ぼく自身を軸に発信する。   ITベンチャー、国内独立系最大手の広報代理店 共同ピーアール株式会社や、電機とエンタテインメント世界大手企業 ソニー株式会社などで広報職を経て、フリーランスで独立。   2013年5月、能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)に移住。大抵、ぼくと同年代であれば、“仕事ありき”で移住することが多いが、『自身のスキルと現在のテクノロジーをフル活用すればなんとかなる!』という、漠然とした根拠と楽観的な考え方から二歩目を踏み出す。   移住後、自身のスキルをフル活用し、東京のベンチャー起業・地方/田舎の小規模企業などの広報、ライター、執筆・撮影・基盤構築含めたウェブ制作、海外の著名人への取材依頼・現場取材・ラフ原稿執筆含めた取材コーディネート、ブロガーとして活動を開始。 能登では、地元の人たちと連携して「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」、「田舎旅するショッピング」として地元の海産物の販売サポートなども行っている。   フリーランスや田舎バックパッカーとしての主な持ち物は...テント、寝袋、自炊道具、衣類など生きるために必要な道具。そして、メモ帳、スマートフォン『Huawei Mate9』、タブレット『Surface Pro 3』、ミラーレス一眼レフカメラ『ソニーα6000』、一眼レフカメラ『キャノン7D』、ICレコーダーなどのIT/ガジェットグッズ。   鎌倉の深沢中学校卒業後、1994年、15歳のときに1人、アメリカ・オレゴン州のValley Catholic High School(バレー・カトリック高校)へ。半自給自足生活をする家族と3年間暮らす。2001年に同州・オレゴン大学を卒業。約8年弱のアメリカでの田舎暮らしを経て、帰国。   現在の拠点は能登の岩車(石川県鳳珠郡穴水町)の古民家(家賃1万円)と、ハイエースがベースの“動く拠点”『ファミリーワゴンC』。家族3人で暮らしている。1979年生まれ。   働き方/ワークスタイルは基本『とにかく自由奔放』で、いずれ、常に移動して暮らすことが定住のような『遊動民』的なライフスタイル『移動型定住』を目指している。  

2件のフィードバック

  1. 2015-05-18

    […] <前回のエピソード 『大震災後のバックパッカー旅・・・次はどこへ ~ 鎌倉を散策しながら村尾茂雄さんと語った ~』> […]

  2. 2017-03-04

    […] <前回のエピソード 『大震災後のバックパッカー旅・・・次はどこへ ~ 鎌倉を散策しながら村尾茂雄さんと語った ~』> […]

コメントを残す