day 81.2 長崎県 池島 「一体ここで何があったの…!?」っと、思ってしまう島に到着した田舎バックパッカー夫婦

2011131日(月) ぼくらは現在、長崎県にいる。昨晩、大瀬戸の岡﨑製パン所に1泊させてもらい、大瀬戸を出発して、池島に到着した。

長崎県 池島 このバックパッカー旅にようやく慣れて、
旅が好きになってきた結花


定期船の待合所周辺には、野良猫が沢山いる。“炭鉱”と“”…あまりつながらないなぁ…

小さな島なのに…アパートなのか“コンクリートって感じの建物が多い。
とりあえず、定期船発着所から出ている“100円バス”に乗り、島を散策!

長崎県 池島 100円のコミュニティバスで島の終点へ


バスの運転手さんから話しを聞いたところ、池島の人口は約300人。炭鉱は8年前に閉山した。(池島に来る前は、5年前と聞いたけど。一体どっちなんだ…)
2001年(平成13年)11月に池島炭鉱は閉山。実際は10年前だった。

その後、この島で、産業廃棄物リサイクル事業を開始。インドネシアベトナムなどの国々からこの小さな池島に、炭鉱の研修に来ているとのことだった。

1985年(昭和60年)ごろの全盛期、池島には8,0009,000もの人がいたそうだ。三井松島の炭鉱会社には1,2001,800人の従業員がいて、池島の人口も多かった。

現在、従業員のほとんどが、インドネシアやベトナムなどへ長期的に出張して、炭鉱技術のノウハウを教えに行っているらしい。炭鉱に関する現場での実務までコンサルティング事業を展開しているの会社は、三井松島リソーシス株式会社


ちなみにこのバスは、港からぼくらが降りた島の奥のアパートまでの区間を117往復している。

ぼくらは、終点まで乗った。

長崎県 池島 空っぽのアパートが建ち並ぶ…使われてないようではもったいない


ぼくらが下車したあたりは、ゴースト化のアパートが、10棟近く建っている。
え!どうしたんだ?こんなに大きなコンクリートのビルが沢山あるのに、人が住んでいる気配がない…一体何があったのだろうか…?」この島の第一印象はそんな感じだった。“沢山建物はあるが、人の数とバランスがとれていない。

この島…テントならどこでも張れそうな感じだ。


長崎県 池島 空っぽのアパートが建ち並ぶ


Brad Pitt(ブラッド・ピット)やBruce Willis(ブルース・ウィルス)が出演した映画「12 monkeys」(公開:1955年)を知っているだろうか?何者かが、地上になんらかの菌をばら撒き、人間は地下に住み始める。地上の研究のために、ブルース・ウィルスが、地下から、廃墟ビルが建ち並ぶニューヨークの地上に、「なんだ…ここは…?!」と初めて地上に出るシーンがあるのだが…そんなシーンを思い出す。

長崎県 池島 空っぽのアパートが建ち並ぶ先を歩く…
建物の前のパイプは一体なんなんだ?


一部建物の窓ガラスは割れ、一部窓や入口は、ベニヤ板で防がれている。8,000が一気に消えてしまったのか…「ここはどうしたのだろうか?」 今の人口は300と言っていたが、実質、そんなに沢山住んでいるようには思えない。

道横の上には、ガス管、水道管なのか、何らかの細いパイプが通っていた。

多くの立派な建物があるわりに、極端に人がいない島は今回が初めてだった。

とりあえず、歩き始める。しばらく行くと、廃墟化されたアパートの前に学校がある。

長崎県 池島小中学校


あまり人を見かけない。子どもも多くいるようには思えない。
学校は…無駄にかなり大きいような気がする。この学校には、何人の生徒が通っているのだろうか…学校近くには、信号がある。ずっと青の状態に見える。この信号は…いるの?電気代の無駄のような気もする。

長崎県 池島 この信号は必要なのだろうか…
遠くからずーっと見ているのだが、中々、赤や黄色にならない
長崎県 池島 長崎市設池島総合食料小売センター

学校から先へ進むと、「長崎市設池島総合食料小売センター」と書かれた看板が、ビルに張られていた。この島では、食料に困ることはなさそうだなぁ~っと、とりあえず中に入ってみる。中には、スーパー「Pine(パイン)」の店長の荒川さん、従業員の尾崎さん、食堂「かあちゃんの店」の脇山鈴子(わきやま すずこ)さんがいた。

荒川さんは年配の人だが…雰囲気が微妙にラッパーのJay-Zに似ている…

長崎県 池島 シンプルなおしゃれ…荒川さん
雰囲気的にイメージがラッパーのJay-Zに似てるような

到着早々、「ゴースト化したアパートばかりだ」という印象が強い島だった。
さて、この池島…“炭鉱の島”ということはわかったが…多くの建物があるわりに、極端に人がいない。建物と人の数のバランスが取れていないわけだ。

池島で一体何があったのだろうか…「長崎市設池島総合食料小売センター」のお店にいる人たちにいろいろと聞いてみよう(続く

長崎県 池島探検ガイドマップ


<前回のエピソード day 81.1 長崎県“池島”に何のご用で?』>

2件のフィードバック

  1. Anonymous より:

    パイプは熱湯が通っていて、公衆浴場や一部の職員用住宅のお風呂用に給湯してました。by8000人いた頃の住人。最盛期でも9000人はいなかったですよ。

    • Ikuma Nakagawa より:

      コメントありがとうございます。現地にいらしたのですね!ありがとうございます!住民数についてもありがとうございます。現地の方々から聞いた数をそのまま書いてました。<br /><br />人は減少しているようですが、ぼくは池島の雰囲気や人が好きですね。また池島へ行ってみたいです。今年は島が映画化されるようで、楽しみです。

コメントを残す