2011–02 Backpacking KYUSYU <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 78 佐賀県を通り過ぎ、長崎県の“居酒屋駅”近くでのテント泊 ~ 今日は移動日 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
巨大 日本 生物

2011年1月28日(金) – 早朝5:30に起きて、福岡県小呂島を出発する準備をした。

今日、ようやく船がでる。待合所で姪浜(めいのはま)への定期船を待っていたが、まだ時間に余裕があるので、港を見に行った。

小呂島

【福岡県 小呂島 早朝6:00前から漁港は賑やか】

小呂島 漁港

【福岡県 小呂島 早朝6:00前から漁港は賑やか。魚の分別作業中】

6:00前だというのに、小呂島の漁港は明るく、島中の人がここに集まっていて賑やかな雰囲気だった。

島田さん家族は作業で忙しそうだったが、お礼と挨拶をして、漁港の見学を続けた。(小呂島 到着初日のストーリーはこちら

 

小呂島であがった巨大あんこう

巨大 日本 生物

【福岡県 小呂島で見た巨大鮟鱇(アンコウ)“噛む力”ってどのくらいなんだ?!痛いのだろうか…。疑問だらけな深海魚である。】

すると、かなり大きく口開け生きている鮟鱇(アンコウ)が荷台で運ばれていた。



「この世の物を全て食いつくす!」と言っているかのような、かなりどでかい鮟鱇だった。

【福岡県 小呂島で見た巨大鮟鱇(アンコウ)を動画で見る】

腕を丸ごとこの口の中に入れられるぞ…。“噛む力”ってどのくらいなんだ?!痛いのだろうか…。疑問だらけな魚である。

 

小呂島から次なる旅先へ

さて、小呂島を出発する。6:45発の定期船で姪浜港へと戻った。

港から、姪浜駅(めいのはまえき)まで徒歩で戻り、どでかい荷物を担いだまま、電車の中でコーヒーを飲む。

特に行き先は決めてないが…長崎県へと向かった。

佐賀県は…通り過ぎる。

途中で、手袋を失くしたことに気付いたぼくは、乾生くんに連絡をとった。

定期船の待合室で、手袋をベンチの下に落とし、後で拾おうとして、忘れてしまった。

「忙しいのにごめん!申し訳ないけど、着払いで送ってもらえますか?」と乾生くんにお願いした。

乾生くんは笑いながら「わかりました。待合所を見に行って、探してみます」と電話を切った。

しかし、残念ながら、見つからず…寒い中、手袋紛失。

お昼過ぎごろ、佐賀県の久保田駅で降りて、駅にいた工事の作業員さんに、周辺の昼食場所について聞いた。

聞くところによると、駅近くにはないそうだ。タクシー運転手さんにも聞いてみると、約15分先に、定食屋があるとのことだった。

バックパックは、重いので、「こんなもの盗む人いなだろう」と駅の待合所に置いて、歩き始める。

駅を出て、左に曲がり、線路沿いを真っすぐ行き、踏切を越えて、まっすぐ行くと、魚定食の「オルゴール」(佐賀県小城市三日月町金田1154-1、0952-72-7108)に着いた。

1050円の定食と結構高いが、定食の他、バイキングで小魚のフライ、天ぷら、サラダが食べ放題。

野菜不足のような気がしたので、2人でかなりの量のサラダを食べた。

久保田駅に戻り、この先の相知駅(おうちえき)で降りて、しばらく歩く。特に行き先は決まってない。

ふらふらと、犬がぼくらの後をついてきたが、「ダメだよ。ついてきたら~」と、先に進む。

 

今日のテントを張る場所は!?

「居酒屋駅」という、おもしろい名前の駅がみえてきた。この時点で、ぼくらはいつの間にか、長崎県に入っていた。

「おもしろい駅の名前だなぁ~」と思ったが…JRの駅名ではなく…ただの居酒屋で、長里駅が20~30メートル先にあった。

「なんだ…ただの居酒屋さんかぁ…」

居酒屋駅 長崎

【長崎県 「居酒屋駅」という看板の建物があった。「おもしろい名前の駅だなぁ~」と思ったが、残念ながら、普通の居酒屋さんで駅名ではなかった…】

長里駅は無人駅。JR長崎本線で、長崎駅までは、約1時間。今夜、ぼくらはこの駅の外でテントを張って、寝ることにした。

【これまでのルートを地図で見ると… (Eが小呂島。Hが長里駅)】

中にもテントを張れそうだったが、駅内はかなり煙草臭かったので、中にはテントを張らなかった。

長里駅 長崎

【長崎県 長里駅となりにあるちょっとした“スペース”に…テントを…】

ここで、ご飯を作って、食べ始めた。今日はかなり寒かった…もし雪が降ったら、中に入ることにして、外にテントを張った。

そして、明日…「さて、どこへ行くか」(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 77 福岡県 小呂島で“漁”へ行く田舎バックパッカー ~ 昼過ぎの網“仕掛け”と夜中の網揚げ~』>

<次回のストーリー 『day 79 長崎駅前で1日リラックス ~ 桜町公園でのテント泊 ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 小呂島 福岡県 島田乾生 day 77 福岡県 小呂島で“漁”へ行く田舎バックパッカー ~…
  2. 中川 穴水町 移住 day 74.2 福岡県博多に向けて出発 ~ カードと携帯紛失事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ハイエースファン 中川生馬 掲載 hiace traveler workandtravel hiace office ハイエース専門誌「ハイエースファン」に“動く拠点” アネックスのファミリーワゴンC登場 ~ クルマ旅&車中泊に欠かせないグッズ ~ 鯉のぼり 富士山 Fish on Mt Fuji 約80匹の鯉のぼりが朝霧高原から富士山へ 『子どもの日』に家族で楽しめるバックパッカー×田舎車旅スポット campervangelist ikuma nakagawa vanlife station 【メディア掲載】英字ニュースに『CAMPERVANGELIST<キャンパーバンジェリスト>』として登場 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! kinto carstay キャンピングカー プレゼント 4組に1泊2日の秋のキャンピングカー旅プレゼント!今日から応募開始!KINTOもCarstayと共にバンライフの世界に進出?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス
  1. はなびらだけ 大井川電機
  2. 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  3. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  4. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  3. 田舎体験 能登
  4. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan

ランキング

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP