day 75.2 僻地5級の福岡県“小呂島(おろのしま)” 漁師の引き継ぎ率ほぼ100%?!

2011年1月25日(火) – ぼくら田舎バックパッカーは福岡県の離島“小呂島(おろのしま)”にいる。

現在、島の小中学校へ向かっている。(前回の話しはこちら

小呂島の学校名は、福岡市立 小呂小中学校(おろしょうちゅうがっこう)。小中併設校だ。

校舎の入口で二人の先生と出会った。英語の力武直子先生と理科の山口哲也先生だ。

福岡県 小呂島 学校 訪問

【福岡県小呂島 – 小呂小中学校にて。(左から)理科の山口哲也先生、英語の力武直子先生、ぼく(中川生馬)(翌日撮影)】

力武先生と山口先生は車で、ストーブ用の給油に行くところだった。

ぼくら田舎バックパッカーが旅をしていること、学校を見学させてもらいたいなどとお話する。

福岡 小呂島

【福岡県小呂島 – 小呂小中学校にて。(左から)理科の山口哲也先生、結花、英語の力武直子先生(翌日撮影)。残念ながら…校長先生とは写真を撮ってなかった】

力武先生は離島旅行好きで、これまで行ったところで一番良かったところは沖縄の離島 新城島(あらぐすくじま)(別名:パナリ島、パナリ)とのことで、宿泊先の連絡先や島の写真をいただいた。宿泊所の連絡先も教えてくれた。

ちなみに、この新城島だが、定期船はないそうなので、船をチャーターしなければいけない。

山口先生は、野鳥の写真撮影が趣味だそうだ。

 

小呂島について話しを聞いた

そして、校長室に行き、水木清太校長先生に学校見学や島について聞かせてもらった。

小呂島は、福岡県で一番小さい島。姪浜港から小呂島までの距離は、約40キロ。人口は、約180人の約40世帯

小学校には9人、中学校には6人の生徒。小学1年生と5年生が一人もいない。

2010年4月、水木清太さんは小呂小中学校の校長先生に就任した。保育所には約5人の子ども。

周囲3.3キロと小さな島だが、生徒が多いほうだと思った。小呂島は、福岡市で、「僻地5級」に指定されている。

1級から5級までの5段階、5が最もへき地程度が大きい。小呂島は最も高レベルな離島かつ僻地であるということだ。

福岡市に入るその他の島々は、能古島、玄界島、小呂島の三つ。

 

島の後継者たち

島の子どもは、中学を卒業すると、親元を離れて九州本土の高校へ行き下宿する。

高校で大勢の人たちと上手く交流できるように、大きな島の学校との交流学習も実施している。

中学生は同県内山中学校へ、小学生は、脇山小学校に行き、交流する。農業体験などをして、他校の生徒と交流するそうだ。

また、小呂島は中国大陸に近いため、鳥の種類も多く、野鳥の保護や調査研究をとおして自然環境の保護もしている「野鳥の会」の人々が、野鳥の観察に来ることがあるそうだ。

この島でのメインとなる産業/仕事は“漁師”だ

水産高校に入学する子どももいる。

そして、驚くことに、ほぼ100%と言っていいぐらい、多くの子どもたちが親の仕事の漁師を継ぐそうだ。島の子どもたちは昔から、漁師である親の仕事を身近で体感して育っている。

先生は、「親に強制されているわけではない」と話す。

漁師の後を継いで、ほとんどの子ども(長男)が戻ってくる島は大変珍しい。

ぼくらがこれまで行った島では、後継者問題に困っている島が多かった。

多くの農家や漁師が、「農家には将来がない」「家計が厳しいから存続を子どもに勧められない」「サラリーマンは安定している」などと事業の後継ぎに不安を抱いていた

そんな中、「この島では、ほとんどの子どもが漁師を引き継ぐ」と言う。

こんな僻地で?本土から40キロ以上離れていて遠いのに、なんで後継者がいるのだろうか?」これは驚きである。

なぜだろうか… 「これについては、この島出身の人たちの話を聞いてみたいなぁ…」

聞けるまで、島から出られないなぁ…

プロの落語家やピアニストも来るそうだ。著名人の学校訪問は、福岡市教育委員会が公募する。

「島」と「僻地」という条件から、多くの有名人が小呂島に関心を持ち、小呂島を訪問することを決めるそうだ。

島には、宿泊場所がないので、学校や島のための訪問客には、島民の人たちが宿泊先を提供するそうだ。

学校や島のためではないと、宿泊させることを拒むそうだ。

福岡 一番小さい島 小呂島

【今夜テントを張る公園 下にいるのはバックパックを背負った結花。】

島の道は、市道や国道でないため、ヘルメットや免許が必要ないそうだ。(これは本当だかわからないが…)

島のお店は、漁協「購買部」の一店のみ。

 

島の魅力...“魚”と“連帯感”

島の魅力は、漁師が採ってくる“魚”だ。時期によって、個人漁や巻網漁に切りかわる。

巻網漁では島のみんなが協力しあって、「ヤズ(魬(ハマチ)や鰤(ブリ)の若魚)」を捕る。

1月~5月が個人漁で、それ以外の7ヶ月間は、島のみんなが協力しあった漁を行う。

7ヶ月間、島のみんなで協力して漁が行われるとは…このような漁の取り組みも初めて聞いた。

島民/住民の「連帯感が強い」と感じられる島だ。

ぼくらが滞在していた1月下旬には、平目や鰈(カレイ)などの魚が捕れるそうだ。

学校での教育には「島への想いがかけられている」と、学校の教育の一環で故郷愛が徹底されている。

島民も積極的に、運動会など学校の活動に参加する。

今日、校長先生から聞いた話はここまで。「島に若者が戻ってくる」、「漁師を継ぐ子どもがほとんど」という点が、これまで訪れた島や田舎と違うところ。

「後継者がいない」という発言をよく耳にしていたので、「ほとんどの若者が引き継ぐ」ことについては気になる…理由を知りたいと思った。

明日、8:40~9:00の間に、校長先生とお会いして、学校を見学させてもらうことになった。

18:00ごろ学校を出たぼくらは公園へと戻り、料理を始めた。

ちなみに、福岡では、「…だけん」という方言がよく使われていた。

この日、なぜだかわからないが、これまでの旅を振り返り、友だちや家族など、みんなとの暮らしと陸で繋がっていた方が良いと感じたのか、ぼくの生活スタイルは「“島暮らし”ではないかもしれない」と思った。<続きはこちら

< 前回のストーリー 『day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~』>

< 次回のストーリー 『day 76 田舎バックパッカー、福岡県小呂島の学校を再訪問 』>

■ これまでの学校訪問の記録

<2010年10月 長野県 茅野市立金沢小学校 「旅5日目で語ったこと…」

<2010年11月 香川県 伊吹島 「アメリカと日本の教育の違い」>

<2010年11月 愛媛県 怒和島 「故郷を捨てない教育」と「故郷を捨てる教育」>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す