day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロスさんの取り組みは?


 

能登・輪島市(石川県) – 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんは現在、自身のネットワークを活用して、後輩や若い職人に仕事のチャンスを提供しようとしている。

年内に都内デパートで、輪島塗の展示会の開催が予定されている。

スザーンさんは、輪島塗の工程ごとに、仕事を発注している。

蒔絵などのデザインの部分に関しては、スザーンさんが担当する。

スザーンロス

【石川県 輪島市 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん】

 

自分にしかできないデザインで勝負

デザインには、スザーンさんの味を取り入れる。

展示の仕方も工夫して、活用方法も説明する。また、漆塗りの作業は、6人の先生にもお願いしている。

デザインは、スザーンさんの味で勝負して、進化した新たな輪島塗の印象を市場に発信する。

スザーンさんは2009年ごろから、ようやく漆塗りで稼げるようになった。

プロ当初は、「仕事をお願いします」という姿勢だったが、今では注文数が多くなり「少しお待ちください」に変わってきた。

スザーンさんに注文した作品を3年待っている人もいるぐらいだ。

工程ごとで、輪島塗の職人たちに仕事をお願いすることも多くなった。

発注先の職人の技術力がわかってくるにつれ、スザーンさんならではの仕事のサイクルが回り、スザーンさんはデザインに集中できる。

漆芸作家 スザーン イギリス

【石川県輪島市 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん 輪島塗の工程などについても説明してくれた】

「今は、多忙なので、新たなデザイン作りをする研究をすることが難しい。自分らしい仕事のバランスを取り戻さなければならない」と、さらに自身を進化させようとするスザーンさん。

2010年3月には広島、4月には名古屋、11月には大阪で個展があるそうだ。

都内でも展示が予定されているそうだが、時期は未定。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん』>

<次回のストーリー 『day 70.8 “神”の領域にある“Pure Beauty(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す