2011.01: <北陸>石川県穴水町での田舎暮らし

day 70 石川県穴水町 “体にスーっと入っていく…”『100個の能登産 焼牡蠣』の夕べ ~『田舎の倉庫』での夜の楽しみ!「牡蠣の炊き込みご飯」と「海鼠(ナマコ)酢漬け」の作り方も(“ざっと編”)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011115日(土) – Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんを訪問後、三井の100円温泉に行き、今夜はまたまた「牡蠣の夕べ」!前回の蒸し牡蠣に続き、今夜は“焼き”牡蠣!しかも約100個!最高の能登産 牡蠣だ。

味噌作りをした倉庫で、「夕べ」の準備。そして、日本酒と能登ワインも!ベニヤ板の上に、炭が入った長細い、炭焼きコンロをセットし、火をつける。この炭焼きセットは、山を削って作ったコンロで、約15千円で購入できるそうだ。炭が熱~くなったところで、牡蠣を網におき、「まだかな~」としばらく待つ。“田舎の倉庫”でここまで美味しいものと温かい“田舎時間”を過ごせるとは思ってもいなかった!本当に美味しい!

石川県 穴水町 岩車 “美味しすぎる”牡蠣にかぶりつく結花
石川県 穴水町 岩車  牡蠣を網焼きにして日本酒とともに。最高の贅沢だ 


結花は「この牡蠣、体にスーっと入っていきますね」と何度も言う。そして、ぼくは「あー、本当に美味しいですね」と純粋で“深~くて”気持ちがこもった発言以外、言葉が出なかった。本当に自然の海の味というのだろうか…。“海のミルク”=“ミネラル豊富”の意味がよくわかる瞬間だった。海の塩水と牡蠣の汁が混ざった絶妙な風味…。

“海の自然”、山を削ってつくったコンロと炭を活用したこの食べ方…。「これは本当に美味しいですよ」と同じことを何度も言う。それ以上のコメントがない。何度も言うのも芸がないので、“美味しそうに食べる笑み”をうかべ、静かに“がつがつ”と食べ続けたぼくら。

石川県 穴水町 岩車  火おこしの仕事をさぼり、
牡蠣に舞い上がる自分(中川生馬)


さて、結花の大好きな海鼠(ナマコ)だが、ナマコを酢漬けにするだけで食べることは少ないらしい。

■海鼠(ナマコ)の調理方法(“ざっと編”)

大根おろし、柚子(ゆず)を入れて、味噌、酢を使ってナマコを酢のものにすると美味しくなるそうだ。結花は「おいしい、おいしい」と ナマコ を食べている。しかし…(以前のエピソードにも書きましたが)残念なことに(?!)ぼくは、そこまで好んでナマコを食べる気にはならない…。まぁ、ナマコの話はともかくとして…

新田さんの奥さんが、牡蠣の炊き込みご飯を持ってきてくれた。これも美味しい!新田さんのお宅で食べるものは本当になんでも美味しい。ホントにそれしか言うことがない。様々な“自然の食材がお互いの味を引き立てる料理”なのだ。

■牡蠣の炊き込みご飯の作り方(“ざっと編”)
まず、牡蠣を煮る。煮汁を入れて、ご飯を炊く。煮汁と水の割合は、煮汁のほうが多いぐらいでいいそうだ。そして、ご飯が炊き終わったら、牡蠣を入れる。炊き始めのご飯に、始めから牡蠣を入れてしまうと、牡蠣が炊きすぎの状態になってしまうので、ご飯が炊き終わったら混ぜ、舌味をつけた牛蒡(ごぼう)と油揚げもご飯に混ぜると美味しくなるそうだ。

石川県 穴水町 岩車  町役場の新田信明さんと黒崎誠さん。
田舎暮らし二日目、黒崎さんは僕たちの為に温かい布団を届けてくれた 


■次は大根の酢漬け(“ざっと編”)
樽の蓋(ふた)を上から“押す”ための石(その辺に落ちている重い石)、酢・塩・醤油1号、砂糖約1kg弱(1kgは少し多すぎ)、バケツを準備。縦に切った大根を、酢・塩・醤油・砂糖が混ざった中に入れる。そして20日間つける。水は入れず、大根からでる水分のみで十分だそうだ。

畑から採れた大根だったら水分がでるが、「おそらくスーパーで買った大根では水分が出てこないだろう」とのことだった。


自宅の外の倉庫で、こんなに楽しめる時間があるとは思ってもいなかった。都内にいたとき、しょっちゅう高額を払って居酒屋に行ったり、たま~にオイスターバーへ行っていたかと思うと、「こんな楽しみ方もあるんだな~。自分にとってはこっちのほうが合っているかなぁ…」と思ってしまう。

この日、新田さんの自宅に泊めてもらった。(続き



<前回のエピソード 『day 70.9 石川県 三井 100円温泉へ!』>
<次回のエピソード 『雪の中、締め出された二人』>

関連記事

  1. 輪島に20年以上住むイギリス人漆芸作家Suzanne Rossさ…
  2. 奥能登の「能登キリシマツツジ」。巨大だ。東京のツツジとは全然違う! 奥能登の田舎/地方に咲くとんでもなく“普通じゃない”巨大ツツジ …
  3. 皇太子さんが“参加するほどの”「農業担い手サミット」が能登(石川…
  4. 結生ちゃんカメラマン&バックパッカー撮影中 能登さくら駅<能登鹿島駅>にて 日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも…
  5. day 70.6 輪島塗の展示方法やプレゼントにも工夫を
  6. 能登・穴水 朝焼けの七尾北湾に浮かぶボラ待ちやぐら ~ 潮騒の道…
  7. スザーンロス day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田…
  8. 32万部突破の“スゴイ田舎”書籍「里山資本主義」著者の一人 NH…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  1. Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  2. mobile lifestyle 移動型定住 東京モーターショー 家族
  3. のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣
  4. work space countryside in Japan
  5. ドイツ オランダ アルチャ 輪島 龍昌寺 Arca from the Netherlands in Ryushoji temple Wajima
  6. 田舎旅 バックパッカー backpacker in Japan
どんより 天気
  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup
  2. つぶやき ツイート ブログ
  3. 穴水町 岩車 能登 夕暮れ
  4. つぶやき
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者
  6. 鉄塔解体 バンライフ 有明正之

ランキング

PAGE TOP