2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登のカキ ~ 最高の牡蠣を白ワインで“蒸し牡蠣”に。殻に残った汁に…?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
牡蠣 穴水町


 

2011年1月11日(火) − 椿崎周辺を散歩をしていると、会う人から「あーこの前、北國新聞(ほっこくしんぶん)に載っていた人たちだね」と言われる。(そのときに話しはこちら

“また” 能登で有名人になった。

と言うのは…

2010年10月、真浦海岸から、日本海が一望できる素晴らしい場所に位置し愉快なおばちゃんが営む「つばき茶屋」、お風呂は微妙で高額な宿泊費だったが雰囲気は最高に良かった「ランプの宿」(ぼくらはお風呂に入っただけ)などを経由して能登半島を半周歩いたとき、歩く先々でぼくらが知られていたということがあった。

ぼくら田舎バックパッカーは会う人たちに、「噂に聞いたアベックさんたち!」と、声をかけられていた。(そのときの話しはこちら
 
16:00ごろ、家にもうすぐ到着するという時、行きの散歩で10分ぐらい会話を交わしたおじさんが、「おーい!」とぼくらを追ってクルマでやってきた。

彼は最近まで横浜に住んでいたが、退職後、出身地の穴水町にIターンしたそうだ。

このおじさんは、わざわざぼくらのために、能登半島の観光ガイドブックとぼくらが掲載された北國新聞の記事を持ってきてくれたのだ。(記事の内容はこちら

なんて親切なおじさんだ。

椿崎 穴水町 住民

【石川県 穴水町 椿崎 ぼくらを追いかけて、能登半島のガイドブックや、掲載された北國新聞の記事を持ってきてくれた親切なおじさん】

 

新田さんご夫婦と牡蠣を堪能

さて、18:00ごろ、新田さん夫妻が、ぼくらの家へとやってきた。

新田さん夫婦の到着タイミングに合わせて、ぼくらはお風呂を沸かしておいた。

数日前、結花が体調を崩したため、延期になったこの家での“温泉時間”のためだ。

新田さんは、この家に来ると、「ここのお風呂は本当に眺めが最高なんですよ!いつか入ってみたいですねぇ~」と羨ましそうに言うわけだ。

そんなわけで、新田さんたちは、ここの眺めが良いお風呂に入り始める。

そして…今日のメインイベントは“牡蠣(カキ)”だ。

牡蠣 穴水町

【石川県 穴水町 穴水町の牡蠣。この牡蠣が最高に美味い!】

新田さん夫婦は、ぼくらのために牡蠣を大量に持ってきてくれた!

合計約50個はあっただろうか…

牡蠣以外には、ワイン、トマトにチーズをのせたもの、天ぷらなどを持ってきてくれた。全てが美味しそうなのだ。

牡蠣 貝殻にお酒をいれて コツ酒

【石川県 穴水町 能登半島の牡蠣(カキ)。蒸して食べて…殻の上には…牡蠣から出た汁が余るので、それに日本酒を混ぜて、飲む…。最高の一時である】

穴水/能登の牡蠣の美味しさや牡蠣祭りについては、新田さんやその他の人たちから何度も聞いていた。

「この牡蠣が、ものすごく楽しみだった?!」と言いたいところだが…

実は…正直なところ、牡蠣については、「あまり好きじゃないんだよなぁ…」と思いつつ、ぼくは聞いていたわけだ。

牡蠣の苦み…そして、以前、東京・丸の内や銀座コリドー通りの「オイスターバー」で腹痛になり、具合を悪くしたことがあった。

そんな背景から、嫌いではないが、「すごい好き」というほどでもなかった。

しかし!新田さんが持ってきてくれた…この能登牡蠣だ…!

そんなぼくの牡蠣への苦手な想いや悪い思い出が、一瞬にして消え去ってしまった。

この牡蠣が最高に美味しかったのだ!こんなに美味しい牡蠣を食べたのは、生まれて初めて。

「ここまで美味しい牡蠣を食べたのは、初めてですよ!」「これ本当に美味しいですね!」と、ぼくはしんみり純粋に繰り返すほか、言葉がでなかった。

それに対して結花は、「美味しいのはわかるけどさ~、もう、さっきから同じことばっかり言ってるじゃん」と、ぼくに繰り返し言う。

しかし、とにかく美味しいわけだから仕方がない。

【石川県 穴水町 能登半島の牡蠣(カキ)。白の能登ワインも入れて蒸す。白ワインに牡蠣が蒸され…海水と白ワインが混ざった牡蠣独特の香りが…。能登ワインの原料となる葡萄の肥料には、ミネラル豊富な牡蠣の殻が使われている。絶妙なコンビネーションなわけだ。「まだか、まだか」と待つぼくら】

 

牡蠣の蒸し方

1.鍋に1cmほどの水を入れて蒸す。

2.約10分後、能登ワインの白を150mlほど入れて、10~15分ぐらい蒸し続ける。

海水と牡蠣独特の匂いが混ざり…それに能登ワインの白を入れ、鍋がぶくぶくと泡立つ…。

シンプルな調理法だが、これで牡蠣が最高に美味しくなる。「海のミネラル」と言われるだけある。

能登ワインの原料となる葡萄の肥料には、牡蠣の殻が使われている。絶妙なコンビネーションなわけだ。

蒸し牡蠣 美味しい

【石川県 穴水町 椿崎の別荘で新田さん夫婦と牡蠣パーティー。こんな美味しい牡蠣食べたことない!】

そして、牡蠣を食べ終わると、殻に入った牡蠣のエキスに、日本酒を混ぜて、飲む。

これがまた最高に美味い日本酒の飲み方なのだ。新田さん、ご馳走さまでした~。“牡蠣の夕べ”…で今日の幕が閉じたのだった。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇』>

<次回のストーリー 『day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのか?! ~ お茶とガス屋の谷内さんを訪問 ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 漆芸作家 スザーン イギリス day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロス…
  2. 能登空港 羽田空港 へ 旅 noto airport haneda airport travel 今月もまたまた東京へ…広報“私事”で
  3. NTT ぷらら LTE 終了 通知 手紙 旅のITレビュー:田舎暮らしと旅のネット接続。欲しい格安SIMモ…
  4. 赤子 1歳 2020年早々 嬉しいニュース!~ 新たな生命 ~
  5. 穴水北糧 穴水町 谷内 day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのだろうか?…
  6. 薪味噌 豆茹でる anamizu iwaguruma making miso experience 今年で3年連続 薪を使った味噌造り! – 田舎には“…
  7. 三井 100円温泉 day 70.9 石川県輪島市三井の100円 温泉へ
  8. countryside japan costs 田舎暮らしの費用 能登での田舎暮らし:『田舎は生活コスト下がるよ!安くつかないよ』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 石川県 志賀町 非核宣言 能登の田舎にある志賀原発 再稼働するのか?大丈夫なのだろうか? 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  1. 大井川電機製作所 広報
  2. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  3. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  4. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード
  5. かんぽの宿 車中泊 カーステイ Carstay

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP