2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
キツネ 発見 野生

2011年1月11日(火) – 今日は地元を散歩してみようと思う。

椿崎から鹿波へと歩いて行くと、途中にならの里という看板を見つけた。その先を進んでいった。

ならの里 能登 穴水町

【石川県穴水町岩車 つばき崎の「ならの里」 この町にはキツネやタヌキ、フクロウがいるようだ】

人の気配が全くない。「この先、どこかで絶対動物と遭遇する」と思いつつ、雪道を進んでいった。

その予感が的中した!

 

野生のキツネ発見

結花は後ろを歩いていた。あたりは、畑には白菜がなっていて、雪に覆われている。

200メートルぐらい先に、オレンジ色の動物が見えた。尻尾は、長くてふわふわして、走っている。キツネだ。

「結花ちゃん、キツネ!!」と大声で叫ぶと、走っていたキツネが足を止め、一瞬ぼくのほうを振り向いた。

キツネ 発見 野生

【石川県穴水町 椿崎 「あ!!きつね発見!」こちらを見た瞬間走って逃げてしまった。オレンジ色の生き物が見えるだろうか】

キツネの足跡

【石川県穴水町 椿崎 散歩中に足跡を発見…】

この数秒の瞬間に、カメラでキツネを撮影したが、望遠ではないので、焦点がずれて、写真がぼやけた。

結花は「え?なに?」と大声で返答し、ぼくのほうに走ってきたが、キツネは走って森の中へ行ってしまった。

周辺には、キツネやウサギの足跡があった。

もう15:00過ぎており、夕方には新田さんが来るので、家へと戻った。眺めの良い風呂に入り特別な夕飯がスタートする…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜の鴞(フクロウ) ~ 』>

<次回のストーリー 『day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登の牡蠣<カキ> ~ これまでで最高の牡蠣。白ワインで“蒸し牡蠣”に。実を食べた後…殻に残った牡蠣汁に“日本酒”を混ぜて…飲む ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. オークション 農機具 能登で農機具 オークション ~ “廃材”で2カ月約20万円以上?…
  2. 銀座コリドー マイモン 牡蠣 Ginza Korido Oyster Restaurant Maimon 田舎旅:リアルな田舎「鎌倉」への途中 「銀座コリドー街」の『牡蠣…
  3. 能登半島 星空撮影 能登は星空半島… 穴水町岩車の漁港から
  4. 石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman 能登での田舎暮らし:タコから始まる朝
  5. 穴水町 岩車 雪 anamizu iwaguruma snow 能登での田舎暮らし:“ほどよい”積雪の農産漁村『穴水町岩車』
  6. 穴水町 岩車 獨協大学女子 地域観光 獨協大学の女子大生5人 穴水町岩車へ – 今後の“観…
  7. 輪島塗 漆器 スザーンロス day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な…
  8. 大雪後…移住先 能登・穴水町岩車から東京への出張“旅”̷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  1. 大井川電機製作所 広報
  2. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  3. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  4. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード
  5. かんぽの宿 車中泊 カーステイ Carstay

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP