day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇

2011年1月11日(火) – 今日は地元を散歩してみようと思う。

椿崎から鹿波へと歩いて行くと、途中にならの里という看板を見つけた。その先を進んでいった。

ならの里 能登 穴水町

【石川県穴水町岩車 つばき崎の「ならの里」 この町にはキツネやタヌキ、フクロウがいるようだ】

人の気配が全くない。「この先、どこかで絶対動物と遭遇する」と思いつつ、雪道を進んでいった。

その予感が的中した!

 

野生のキツネ発見

結花は後ろを歩いていた。あたりは、畑には白菜がなっていて、雪に覆われている。

200メートルぐらい先に、オレンジ色の動物が見えた。尻尾は、長くてふわふわして、走っている。キツネだ。

「結花ちゃん、キツネ!!」と大声で叫ぶと、走っていたキツネが足を止め、一瞬ぼくのほうを振り向いた。

キツネ 発見 野生

【石川県穴水町 椿崎 「あ!!きつね発見!」こちらを見た瞬間走って逃げてしまった。オレンジ色の生き物が見えるだろうか】

キツネの足跡

【石川県穴水町 椿崎 散歩中に足跡を発見…】

この数秒の瞬間に、カメラでキツネを撮影したが、望遠ではないので、焦点がずれて、写真がぼやけた。

結花は「え?なに?」と大声で返答し、ぼくのほうに走ってきたが、キツネは走って森の中へ行ってしまった。

周辺には、キツネやウサギの足跡があった。

もう15:00過ぎており、夕方には新田さんが来るので、家へと戻った。眺めの良い風呂に入り特別な夕飯がスタートする…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜の鴞(フクロウ) ~ 』>

<次回のストーリー 『day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登の牡蠣<カキ> ~ これまでで最高の牡蠣。白ワインで“蒸し牡蠣”に。実を食べた後…殻に残った牡蠣汁に“日本酒”を混ぜて…飲む ~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す