day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜のフクロウ ~


 
2011年1月10日(月) – ぼくら田舎バックパッカーは2010年10月に、穴水町を訪れ、その時に出会った人たちがきっかけで、14日間の穴水町での田舎暮らしを体験している。

海鼠 ナマコ 漁師

【石川県穴水町 海鼠(ナマコ)を捕っていた様子】

雪囲い 木

【石川県穴水町 植えている木を雪から守る】

新田信明 町会議員

【石川県穴水町 今回、様々な活動をとおして、ぼくらに田舎暮らしの体験を教えてくれた新田信明さん】

 

肌で感じながら作る味噌

今日は、岩車(いわぐるま)の地域で、早朝から、薪で火を熾して、味噌作りを体験しているところ。

微かに倉庫へと入ってくる雪を肌で感じながら、薪で火を熾し、薪が燃えた匂いが体につき、茹でている白豆の柔らかさを口で感じ、ほぼ全て自分の手で一から味噌を作る。

海は倉庫のすぐ裏だが、穴水湾は穏やかすぎて、波の音はなく、聞こえるのは、みんなの声とたまに港に入ってくるボートのモーターの音のみ。

白豆を茹でているときに時間が空くと、既に実を取り終わっている黒豆の枝から、取り忘れたかもしれない黒豆の実を探す。

結構見つかった。

味噌作りには、人との触れあいがあり、楽しみがある。

現地の人たちと一緒に体験しないと、感じられない楽しみだと思う。

味噌作り 楽しい 自家製

【石川県穴水町 味噌作り中。みんなで、白豆が茹で終わるのを待つ一時】

黒豆 探し 味噌作り

【石川県穴水町 白豆を茹でている間に、黒豆を探す】

 

昔の生活の知恵は引き継いでいきたい…

味噌作りを体験しながら、新田信明(にったのぶあき)さんにいろいろと話しを聞かせてもらった。

新田さんは、「昔の生活の知恵、母親の知識を引き継がなければいけない、おばあちゃんたちから継承していかなければ」と言う。

おばあちゃんには「口を動かしてもらい、私のように若い者が体を動かして、昔からの田舎の知恵を学んでいく」と。

おばあちゃん 優しい 知恵 沢山

【石川県穴水町 あふれだすほどの田舎の知恵を持っている元気な新田さんのお母さん】

新田さんは今年4月で役場を早期退職。来年の味噌作りのために、自家製の大豆を栽培しようとしている。

新田さんは、“自分で食べる物は(可能な限り)自分で作る”という考え方の持ち主だ。

味噌作りを知っている人は、ぼくの回りにはいない。

味噌を作るという発想よりも、「味噌は買う物。買えばいいじゃない?そんな時間があれば、他のこともできるし」と周りは考える。

まぁ、確かにそうだ。そんな生活スタイルの考え方が好きな人たちもいる。

この味噌作りという触れ合いがある活動から、コミュニケーションが生まれ、新たな知識がつく。

味噌作りがなければ、味噌の作り方はもちろんのこと、「発酵」への疑問、里芋炊き込みご飯や大根の酢漬けの作り方、新田さんの田舎暮らしに関する考え方など多くのことを学べなかったかもしれない。

ぼくにとっては新しいことで、それを実感できることは楽しい。

このような機会をつくることができてよかった。

今後、新田さんは、「交通手段の効率化も図りたい」とも話していた。

役場では、普段、乗客が少ないバスを効率的に運営するために、電話予約することができる予約型バスを試験的に、12月から、旭ヶ丘、甲(かぶと)などのエリアで開始しているそうだ。

地域ごとで、利便性が高いものを導入していく。

その他、母親の畑の手伝い、田舎暮らしへの興味や定住促進を図り、県内外からの田舎への移住者受入システムの構築を積極的に展開したいと考えている。

今後、“田舎ホームステイ”も実施したいと話す。

そんな会話を新田さんと交わしつつ、味噌作りが終わった。

白豆の茹で汁は、人参や牛蒡(ごぼう)などを煮るために再度活用するので、保管しておく。

豆の茹で汁まで、再活用できるとは思ってもなかった…

帰りは、新田さんの一斗缶が10缶ぐらい積んである軽トラックで送ってもらった。

前日の記録にも書いたが、1月末に開催されるジャンボ牡蠣祭りのプロモーション活動のため、1月8日~9日の2日間、新田さんは金沢へ行き、能登半島の牡蠣を振る舞ったのだ。

牡蠣はミネラルが豊富なので、殻は捨てずに、金沢から穴水町に持ち帰り、能登ワインで栽培しているブドウの有機肥料として“リサイクル”したわけだ。

牡蠣の貝殻 処分 再利用

【石川県穴水町 荷台の一斗缶には、ジャンボ牡蠣祭りのプロモーションのために、金沢で振る舞った牡蠣の殻が入っていた。牡蠣の殻は、ミネラルが豊富なため、有機肥料として能登ワインの葡萄栽培に活用される】

 

突然現れたフクロウ

この夜、玄関の隣の窓から、外の雪を眺めていた。

すると、玄関 外にある屋根に、「ザァー!」と音をたてて、鳥がとまった。びっくりした。鳥の尻尾だけ良く見える。

「こんな夜に鳶(トビ)?夜に鳶ってあまり見ないよね」と結花の顔を見る。「珍しいなぁ」と思い、窓を2回ぐらいトントンと軽く叩いてみた。

鳥は、屋根からジャンプして、「びっくりしたな」という、丸い顔と大きな目を、ぼくらの方に一瞬向けて、飛び去って行った。写真が撮れなかったのが残念だった。

初めて見た野生の梟(フクロウ)だった。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.3 石川県穴水町 “味噌作り”中の休憩 ~みんなで食べる美味しいカップラーメン。海にはナマコや真珠貝~ 』>

<次回のストーリー 『day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す