day 59.1 田舎暮らし体験の家に到着 北國新聞の取材を受けるバックパッカー

2011年1月4日(火) – ぼくら田舎バックパッカーがこれから過ごす穴水町の田舎暮らしをする場所は、椿崎の地区にある「穴水マリーナ」と呼ばれる別荘地。

この椿崎にある家を2週間借り、田舎暮らしを体験する。

まず、穴水マリーナの入り口にある能登椿別荘管理事務所(0768-56-1206)に勤務する人たちに挨拶をする。

この事務所が別荘の家を管理し、なんらか重要な知らせなどがあったときに、持ち主に情報を転送したりするそうだ。

もちろんここ周辺に住んでいる人たちもいる。

バックパッカー 女性 田舎暮らし

【石川県 穴水町 椿崎の別荘 「結婚してから初めて生馬と二人で暮らす別荘に心から満足している結花」】

 

北國新聞の取材を受けることに…?!

以前来た時に、出会った川端さん夫婦も事務所にいた。最近、椿崎に町外から移住してきた人たちが増加してきている。

そんな移住をテーマに、北國新聞の記者が、この別荘地に最近移住してきた人たちを取材するそうだ。

約10分後に記者が到着するとのことだったので、「では、中川さんも取材してもらいましょう」ということになり、記者を穴水マリーナの事務所で待つことになった。

椿崎 管理事務所

【石川県 穴水町 椿崎「穴水マリーナ」の管理事務所で、まずはご挨拶。すると、ここに北國新聞の記者が訪問予定とか…「じゃ、ぼくらも取材されちゃいましょう!」】

穴水 ナマコ

【石川県 穴水 北國新聞の記者を待っている間に海鼠(ナマコ)を獲りに…結花の大好物。ぼくは正直ちょっと苦手…】

待っている間に、ぼくらは七尾湾で、みんなと海鼠(ナマコ)を獲った。

この食生活…「自分で食べる物は自分で獲る」というスタイル…これが良いのだ。

能登では人口が減っている中、この穴水マリーナには、移住者が若干だが増えているそうだ。

現在、10世帯がこのエリアに定住している。その他の住宅は、別荘使用か売却中の土地なので、定住地ではない。

ちなみに、役場が実施している田舎暮らし体験住居の家にはこれまでで、数人が田舎暮らしを体験したそうだ。

体験した人たちの一人は一泊。一夫婦は3泊4日。ぼくらは約2週間の滞在なので、これまでで最長期間、そして一番若い夫婦だ。

田舎体験 穴水町

【石川県 穴水町 とりあえず、これから2週間住む家に荷物を置いて、新田さん宅へ…野菜やキノコを獲りに行くぞ!】

北國新聞の記者は、ぼくら夫婦、役場の新田さん、黒崎さんと一緒に、滞在先のバルコニーで写真を撮影し、ぼくらの出身地、旅の背景、穴水町に滞在する背景などについて取材した。

翌日(1月5日(水))に記事化される予定だ。その翌日に誕生日を迎えるので、記事には31歳と書かれるなぁ…と思いながら…記事化を待つ。

北國新聞 取材 穴水町

【石川県 穴水町 北國新聞の記者が取材中。穴水湾では海鼠(なまこ)が沢山釣れる。彼らの次は、ぼくらを取材予定】

 

ちょい住み体験の家

ぼくらが滞在する住居は、窓からの眺めも最高で、お風呂やバルコニーから、数十メートル先に、湖のように穏やかな七尾湾が見える。

二人で「ちょい住み」するには、十分広い家。畳部屋、リビング、ダイニングなど、部屋も多い。

家の中にはソファー、テレビ、ダイニングテーブルなど、もろもろ生活に必要なものが揃っている。

キッチンには、醤油、油、鍋、お箸など調味料や料理する器具も揃っている。

リビングには屏風や扇子の飾り物など、ぼくらよりも世代が上だと思われる人が所有していると思われる古いデザイン感覚の飾りが多くあった。

とりあえず、一度、家に、荷物を置いて、次に岩車地域にある新田さんの家に行った。

新田さんの家庭農園で育てたキノコや野菜をいただくのだ!布団も貸してもらう。

椿崎の家に布団はあるのだが、この家のオーナーが、他人に布団を貸すことは拒んでいるため、新田さんにお願いをした。

 

キノコ狩りに…

穴水町 町会議員 新田信明

【石川県 穴水町 新田さんと山へ。「結花子さん、そこにもキノコありますよ!」】

キノコを栽培している場所は、新田さんの家から少し離れており、セメントの材料になる細かい石材の販売をしている倉庫の裏の森の中にある。

収穫は時期的に遅かったが、数個の食用のキノコがあった。

今年は、キノコが豊作だったのか大きさは手のひらサイズ。

中川結花子 バックパッカー

【石川県 穴水町 「新田さん、こんなに沢山のキノコいいんですか?!」と言いつつも、もらう気満々の結花ちゃん】

そして、次に新田さんの家に行って、白菜、長ネギ、大根などを家庭農園から持ってくる。

家の倉庫の外壁に掛かっている玉ねぎもいただいた。担げる範囲で長細い段ボール箱いっぱいの野菜をいただいた。

竹葉 原酒 美味しい

【石川県 穴水町 新田さんからいただいた「美味しいお酒」】

ぼくらがお酒好きと知っている新田さんは「これ飲みませんか?」と、ぼくらにお酒をくれたのだ。

能登で作られている「竹葉(ちくは)」の日本酒とその他日本酒や焼酎。

中でも石川県の地酒の、「竹葉」の日本酒、「純米原酒ひやおろし」、大吟醸・本流「手取川」などがかなり美味だった。

新田さんは本当に親切だし、すごく面倒見がいい人なのだ。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 59 穴水町での「田舎暮らし」初日 ~ 町の活性化を目指す役場(現在 議会議員)の新田信明さん、NOTO-Shiftの鈴木久善さんとの再会 ~』>

<次回のストーリー 『day 60 石川県を代表する地方紙「北國新聞」で紹介されるぼくらバックパッカー』>

 
Brief explanation of this blog story: Arriving at a house of “living in a rural / countryside Anamizu Town” trial migratory program – Interviewed by the largest regional newspaper Hokkoku Shimbun

Today is our first day to actually experience living in a rural / countryside area Anamizu Town.

Anamizu is a town by the Gulf of Nanao and on Noto Peninsula in Ishikawa Prefecture*. 

We applied to experience the “living in a rural / countryside Anamizu Town” trial migratory program.

Its program’s house is located in Tsubakizaki area. It is also located in the area called “Anamizu Marina” where there are lots of second or vacation houses.

As we arrived management office of its program’s house, we heard that there is a journalist from Hokkoku Shimbun (a regional newspaper in Ishikawa Pref. areas) coming here to interview some people who migrated to this area recently.

Even though there is decline of population in rural areas in Japan generally including Anamizu in total, Tsubakizaki’s (in Anamizu) population is gradually increasing.

The journalist is planning to interview with some migrated people on attractive points of Tsubakizaki or Anamizu.

So… a journalist is coming… since he is coming to interview some people…

Why not interview us who are very attracted by Anamizu Town, right? Well, we decided to wait in the office of Anamizu Marina management office and see whether or not he would interview us as well.

As we planned, he decided to interview us. He took some pictures of Yuka and I at the house we plan to live for two weeks and interviewed us on a background of our journey, our visit to Anamizu and so on.

Excitingly, it will be publicized on the next day, January 5, one day before our birthday!

By the way, while we waited for the journalist, we caught a few sea cucumbers or sea slugs. I don’t really care for it, but Yuka loves it…

So about this house of “living in a rural / countryside Anamizu Town trial migratory program,” there are enough rooms and supplies such as couch, dining table, rice cooker, pans, oven, seasoning (such as salt, pepper, soy sauce, etc) to live for two weeks.

View from its bath is great! We can see the Gulf of Nanao.

After going to our new house and leaving our backpacks in our new house, we went to Nobuaki Nitta san’s house (Nitta san is a department chief at Regional Planning Management Division of Anamizu Town municipal government.

He is now a town councilor of Anamizu Town)). He gave us a box filled with some vegetables such as napa cabbage (hakusai), green onion (naganegi), Japanese mushroom (shiitake), Japanese radish (daikon) and onion (tamanegi) from his family’s garden.

Most importantly…for us… he kindly gave us Japanese sake as well! Sake that Nitta san gave us were so good, especially, “Chikuha,” “Junmaishu (pure sake that is made without additional alcohol or sugar) Hiyaoroshi,” “Daiginjyo (local draft sake (containing more polished rice than regular sake)) Tedorigawa.”

Growing your own vegetable… catching fish… or whatever necessary to create your own lifestyle…

This “half” self-sufficient lifestyle, produce everything by yourself as much as you can, is our final goal of our lifestyle.

*Ishikawa Prefecture is located on “Sea of Japan” coast and its prefecture’s most of northern part is Noto Peninsula.

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

1件の返信

コメントを残す