day 54 愛媛県 日振島へ ~「なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか」~

20101218日(土) – ぼくらは昨日、高知県沖の島を出発した。現在、愛媛県日振島(ひぶりしま)に向かおうと、宇和島にいる。(沖の島での話しはから)

愛媛県 宇和島「つるの湯」前の通り 
Street of a public bath “Tsuru no Yu” in Uwajima, Ehime Prefecture


ぼくらは昨晩宇和島の銭湯「つるの湯」の横にある、駐車場内/コインランドリーでテントを張って寝た。もちろん、許可は得ている。(昨晩の話しは
日振島に向かう高速定期船は、63011301530発がある。宇和島港から日振島までは、高速船で約1時間40分、普通船(13:10発)で約4時間。
愛媛県 宇和島「つるの湯」 ここにテントを張らせてもらった 

We set up our tent at a “coin laundry” right next a public bath “Tsuru no Yu” in Uwajima, Ehime Prefecture. Of course, the owner permitted us to do so.


ぼくらは6:30に向かおうとしたが、起きられなかったので、11:30発の高速船で日振島へ向かおうと、港へと歩いた。宇和島駅から宇和島港までは約30分、距離は約2キロ

日振島は、宇和島港から西方約28キロに位置し、足摺宇和海国立公園(あしずりうわかいこくりつこうえん)に属している。
定期船の港に着いたが、日振島に行くかは、結構、迷ってしまった。片道料金が一人1,990円とぼくらにとっては高額。これまで行った島々の定期船の3倍以上の料金だ。ちなみに普通船は1,360円だが、2時間以上待つことになるので、普通船では行きたくない。
愛媛県 宇和島港から日振島への定期船の発着所
We arrived at a port of Uwajima to head to Hiburijima island in Ehime Prefecture.

とにかく、ぼくらは、行き先の事前調査をしないので、日振島のことは全くわからない。

そんなことから、「1,990円を払う価値がある島なのか…。二人合わせて往復7,960…」と考えてしまう。しかもそんなに長居するわけでもない。結花は「高いし、行くのやめない?」と問いかける。とにかく、出発20分前まで迷った。
なにがあるかわからないし、行ってみないとわからない。とりあえず、聞いたことがない田舎島だし、行ってみよう!何かあるように、自分らで何かを創りだせばいいだろう」と、日振島へ行くことを決断した。これまでのバックパッカー旅の経験上、そんな考えから様々な出会いや発見があった。
日振島への船に乗り込んだ。沖の島のときよりも揺れはなかった。

【日振島への連絡船/定期船情報】
高速船「あさかぜ」
                    宇和島    能登     明海    喜路   津の浦   水ヶ浦   宇和島
1便  (夏季)6:00     6:43    6:53    7:02   7:25     7:33     7:49
      (冬季6:30   7:13     7:23   7:32   7:55      8:03     8:19
                    宇和島   喜路     明海      能登     宇和島
2便             11:30   12:08  12:17    12:27   13:10
3便             15:30   16:08  16:17    16:27   17:10
10月~4
普通船「しらさぎ」 (一便のみ。しらさぎは土・日・祝日休航)
            宇和島   嘉島    小内浦   戸島     喜路     明海     能登     宇和島
1便      13:10  14:13  14:35 14:48    15:17  15:36   15:58  17:24


ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

コメントを残す