2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 53 高知県 沖の島を出発 次の田舎旅先へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010年12月17日(金) – 3泊4日間の沖の島への田舎バックパッカー旅、沖の島の中心人物だと思われる、市原家族、荒木夫婦、保木家族と交流することができた。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし

高知県 沖の島 – お世話になった市原家族と。

沖の島は温かく、優しい人たちばかり。

沖の島到着早々、宿も経営している市原商店に行き「シャワーを貸していただけませんか?」のお願いから始まり、沖の島や知佳さんの勤務先「あったかふれあいセンター」について聞いたり、ぼくらを考えさせられる楽しく愉快な夕べもあった。

lobster Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし タビエビ ゾウリエビ

高知県 沖の島の伊勢海老やタビエビ/ゾウリエビ。

初めて、タビエビ(ゾウリエビ)も食べさせてもらった。

そして、翌日、沖の島の「赤い有名人」と出会った。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島

高知県 沖の島の荒木さん夫婦、そして赤い”Araki”トラック。

服装や車など、全て身の回りを赤でかため、それらに「Araki」ロゴをマジックでつける動くブランド塔の「けん坊(荒木健吉さん)」だ。彼の印象は強い…

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 保木司 荒木健吉

高知県 沖の島 けん坊(荒木健吉さん)宅にて 保木家族。

そして、若い保木家族とも出会うことができ、島ならではの課題も聞いてきた。

ここ4日間過ごした沖の島、過去に行った怒和島、伊吹島、坊勢島、興居島などの島々への訪問から「島での生活スタイル」が少しずつわかってきたような気がする。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人

ぼくらを強風が吹き飛ばそうとする中、「熱い人たち」に囲まれ、沖の島での4日間を過ごすことができた。



ぼくらは今朝、けん坊宅で目を覚ました。今日、沖の島を出発して、特に行き先は決めてないが、「次の旅先」へと向かう。

けん坊は早起きだ。6:30ごろ最初に起き、リビングの電気をつけて、皆を起こしてきた。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人

高知県 沖の島 赤いけん坊(荒木健吉さん)と奥さん。

早い… 朝ごはんをいただき、早朝からNHK連続ドラマ「てっぱん」を見る。

NHK連続ドラマ、毎朝8:15からだと思っていたが…こんな早くから放送していたんだ。

そして、朝から、けん坊は当たり前のように、トレードマーク「赤」に、ロゴマークの「Araki」が入った服を纏う。

今日午後の便が欠航になると、沖の島を出られないので、午前中の便で沖の島を出発し、四国本土 宿毛(すくも)(高知県)へと戻る。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人

7:50ごろ、けん坊宅を出て、隣に住む市原さん家族に挨拶を言いに行った。

「今度、鎌倉に遊びにきてくださいね。いつ戻るかわかりませんけどねー」と伝えると、知佳さんは「そんなこと言っていると、絶対行きますからねー」と返答し、ぼくらは市原商店を後にした。是非来てほしいところだ。

市原お父さんは、宿毛で消防団の打ち合わせがあるので、ぼくらと同じ定期船に乗る。

定期船の切符を購入して、宿毛への定期船に乗りこんだ。

沖の島でのお別れも印象的で、「嬉しいお別れ」だった。結花は船内のトイレに入った。

市原お父さんさんがぼくに「2階の外へ行っておいで」と声をかけてくれた。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 あったかふれあいセンター

高知県 沖の島 市原商店、あったかふれあいセンターのみんなが手を振って送ってくれた… みんなありがとう!

「ん?なんだろう?」と思いつつ、定期船の2階の外に出る。

沖の島をみると、「あったかふれあいセンター」にいる知佳さん、誠くん、市原商店のお母さんたちが、片手にタオルを振りまわして、両腕で手を振ってくれているのだ。

ぼくは、1階のトイレから出てきた結花を2階の外に連れ出し、ぼくらもみんなに手を振る。みんな、ぼくらが見えなくなるまで、手を振ってくれた。

純粋に嬉しかった。

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 市原商店 人口200人

8:15出発ごろ、予定より少し遅れて片島港に到着。片島港から宿毛駅までは、市原さんが送ってくれた。

最後まで温かい沖の島だった。(続きはこちら

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人

<前回のストーリー 『day 52.2 高知県 沖の島の『赤い有名人』3 ~ けん坊宅で語る「島の子供1人、小学校は再オープンするのか」 ~』>

<次回のストーリー 『day 53.1 高知県宿毛から愛媛県 宇和島(うわじま)へ。~ またまた…『焼肉屋の誘惑』…つるの湯でのテント泊 ~』>

 

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 吉野川 橋が長い day 40.2 徳島県 鴨島町の『鴨の湯』のお遍路さん/旅人向…
  2. day 51 高知県沖の島を散策 ~ 市原知佳さん勤務の「あった…
  3. ゴアテックス メスナー バックパッカー day 44 徳島県 上勝町から小松島へ
  4. 四国 芝小屋 神山町 day 42.2 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え3…
  5. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 高知県 沖の島 磯釣り・宿泊・ダイビング 連絡先情報 (おまけ)…
  6. 四国 旅 中川生馬 day 40 香川県 讃岐相生から徳島県へ ~美術の先生との出会…
  7. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント day 50.1 高知県沖の島 風速18メートル弱 “転覆”しそ…
  8. バックパッカー 中川結花子 day 44.1 徳島県 上勝町から小松島 焼肉屋『団十郎』へ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 大堀悟 Obori Satoshi on Chunichi Newspaper 【メディア掲載】中日新聞「先輩移住者に共鳴、穴水へ」 移住者が新たな移住者を“呼ぶ” 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ 「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 nuroモバイル ソネット 0SIM 通話向け最安MVNO格安SIM「0 SIM」20年8月末でサービス終了 | 田舎でITレビュー Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス
  1. はなびらだけ 大井川電機
  2. 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  3. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  4. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  3. 田舎体験 能登
  4. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan

ランキング

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP